こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デジカメか一眼レフか・画素数

今、1000万画素のコンパクトデジタルカメラを持っています。
次回1400万画素以上のデジカメを買う予定ですが、
コンパクトデジカメにするか一眼レフにするか迷ってます。

僕は、建物を撮るのが好きで、旅行で有名な建築物を撮ったり、
記念写真を撮ったりするのが主です。
自然や風景はあまり撮りません。
光学ズームは大きいほうが良いです。

そのようなタイプは、普通のデジカメで充分でしょうか?

あと、画素数は、このまま行けば
最終的に何万画素まで到達するのでしょうか?

投稿日時 - 2008-12-03 21:09:46

QNo.4527498

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>次回1400万画素以上のデジカメを買う予定ですが、
大昔みたいに、30万画素が100万画素に上がったときは、画質が向上し大きな引き延ばし印刷に耐えうるなどメリットありましたが、
現在の、1000万画素を1400万画素にすると、1画素あたりの容量が過大になって、画質の劣化、ノイズ増大につながります。

販売店で、”画素が上がったから綺麗ですよ”というのは、現代ではウソです。その販売手法が未だに通用するのは、購入者が、画素の数字の大きい方が綺麗なように錯覚する要素であるからです。

そんな画素より、CCDの大きさが大きい方が画質良く(これ、分数になってますから、分母が小さい方が大きいのですよ。勘違いしないように。)、レンズが明るい方(f値が小さい)が概して画質良いです。

>あと、画素数は、このまま行けば最終的に何万画素まで到達するのでしょうか?
まあ、上げようと思えばいくらでも上げられるでしょうけど、メーカーもそんな画素不要なことくらい分かってるでしょうし、最近のバブル崩壊で、開発費も抑制されるでしょうから、不毛な画素数アップの競争は、少し衰えると思いますが。

>僕は、建物を撮るのが好きで、旅行で有名な建築物を撮ったり、
その用途だったら、対象物動かないし、明るさもある場所での撮影でしょうから、コンデジでも問題無いとは思いますが、要は、あなたが旅行に持って行けるサイズが、どれだけか、によります。

一眼を持って行けるのならば、迷わず一眼にすべきです。レンズのスペック、画素の大きさとも、コンデジより遙かに有利ですから。

そうじゃないなら、画素数好きなら、キヤノンのG10くらい買っておいたらどうでしょう?1470万画素、ズームもそこそこありますしCCD大きめですし。
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/g10/

投稿日時 - 2008-12-03 21:45:46

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

仕事で建造物を撮るのであれば、デジ一以外にないでしょうが、
旅行でのスナップ程度であればコンデジで十分でしょう。
最近のコンデジには、タテ方向のパース補正はムリ(デジ一の
交換レンズにはアオリ機能があって、タテ方向のパースを減少させる
機能を持ったモノもありますが…。)ですが、内蔵の画像エンジンで
歪曲収差を修正する機種もあります。私も2世代前のコンデジに
ワイコンをつけて、ゆがみ補正ONで使用していますが、驚くほど、
キレイかつ自然に補正(画角は若干狭くすなりますが、ほとんど
気になりません。)されてます。ご質問の内容からすれば、歪曲補正の
搭載されたコンデジでイケるんジャないでしょうか。
ただ、室内で撮影する場合には、高感度のノイズにも注意して、
ご自分の気に入ったズーム域を持つカメラを選べばOKだと思います。
下に各社のハイスペック・コンデジの画質テストを行ったサイトを
貼り付けています。ご参考まで。
カメラ画素数に関しては、現在デジ一、コンデジともに10M機を使用
していますが、PC環境を考えれば、画素数的にはコレで十分!だと
思います。私レベルだと、プリンタでB全まで伸ばしても十分鑑賞にたえます。
特殊用途では、Adobeの一億万画素のカメラもあるようですが、
各メーカーの製品のが縮まってきているので、何かモノサシを…と言う事で、
一般の人たちにも分かりやすい「画素数」をウリにして、
「高画素=高画質」と言う営業戦略以外の何ものででもナイ、と思ってます。
現時点では、高画素のメリットよりデメリット(画素に対してレンズ性能が
プア過ぎる、連写速度が落ちる、ノイズが増える、本体・レンズ価格
のアップ、PCへの投資 etc.)よって、デジ一の画素数は50M、コンデジは、
25Mアタリが限界だと、私は思います。
それ以上の画素数は、銀塩時代のように、中型・大型へシフトするのでは?ないでしょうか。

参考URL:http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2008/12/04/9765.html

投稿日時 - 2008-12-05 05:41:57

ANo.10

光学ズームが大きければと言う条件「だけ」を見ればコンデジに軍配を上げることになってしまうでしょうね。

ただ問題は建築物などを撮影するならばどうしても広角が必要になることがあると思います。
これは実際あった話なんですが(風景として捉えないでください)エジプトのピラミッドの撮影をした時なのですがCanonの10-22ミリにEOS40Dを持って行った人間がおり程良く撮影は出来ておりました。
しかし別バーティでKissX何かでキットレンズを使用して撮影しようとしても上まで撮影出来ないという事実があったんです。
勿論下がれば撮影できるんでしょうが、そうなると人物が被写体に入り込んだりなどそういうデメリットが生じたという事を先日エジプトに行ったうちオヤヂは言っていましたが…

私ならば望遠志向ならフォーサース機(オリンパス、Panasonic、SIGMA)の一眼レフで構わないと思いますが、広角側もと言うならば特にメーカーは拘らなくてもいいと思います。
ローアングル撮影の場合ならアングルファインダーを使えば良い訳なんだし、レンズで選んだほうが無難でしょう。

画素数に拘るのも構いませんが、高画素になったとしても問題はPCスペックが追い付けるのか?と言う疑問も残ります。
個人ユーザーが使用するCPUと使用頻度のアプリケーションを考えるとメール、ネット、Office程度ならば2世代前のPCでも十分に使用として耐えうるものであり、高画素になればなるほどそれだけ処理の問題もあると思います。
NikonD3Xのようにプロユースならば話は別ですが個人ユーザーなら現状でも使いこなせないと私個人としては思うんですが・・・

投稿日時 - 2008-12-04 21:28:28

ANo.9

建物を撮るならなるべく広角なレンズでF値の小さい明るいレンズのものが良いでしょう。
コンデジなら1,400万画素以下ですがLUMIXのLX3などですね。
自由にレンズが選択可能な観点からデジイチを選ばれる方が良いと思われます。

画素の進化ですが
コンデジなら、撮像素子が大型化しない限り現状以上の高解像度化は困難だと思います。また、余り意味が無いでしょう。新たなブレイクスルー待ちですね。

最近、フルサイズのデジイチが市場に出回り始めましたが、
フィルムの頃にハーフサイズの一眼が普及せず淘汰された事を教訓とするなら
フルサイズの普及機が出た場合APS-Cデジイチは淘汰される可能性が高いと思います。
メーカーにとってもデジイチに2系統あるのは、人材、コスト的に負担です。
フルサイズに収益の柱が移った段階でAPS-Cデジイチを淘汰させる為、意識的に上位コンデジの素子サイズ拡大を仕掛けるかも知れません。
画素数の進化は、需要と競争がある限り続きます。

投稿日時 - 2008-12-03 23:40:46

ANo.8

画素数が多いほど高画質というのは昔の話で都市伝説と化しています。画質とは画素数だけで決定されるモノではなくそれ以外の要因の方が重要だったりします。

コンデジの1,400万画素はデジタル一眼レフの600万画素に勝るとは思えません。
面積が同じイメージセンサーの場合画素数が多いと1画素の大きさが小さくなるのは理解できますよね?1画素の面積が少なくなると捉えられる光も少なくなり得られる電気信号も弱くなります。弱い電気信号を増幅すれば強い信号にできますが微妙な変化が得られにくくなるため微妙な色合いの再現ができなくなります。また高感度に設定すると画質低下の原因となる電気ノイズも一緒に増幅されてしまうためザラザラした感じになってしまいます。それを抑えるために画像処理エンジンでノイズ低減処理(ノイズリダクション)を行うのですが万能ではありません。
数年前に比べるとイメージセンサーの性能はアップしていますが、どちらかというと高画素化に伴う弊害を抑えるための技術が進歩しているだけなので数年前と比べて飛躍的に画質が良くなっているわけではありません。数年前の画質を維持しつつ画素数を増やしているといった方がわかりやすいでしょうか。

デジタル一眼レフのイメージセンサーの面積はコンデジの10倍以上あります。エントリー機のデジタル一眼レフでも画素数は1,000万画素を超えている程度です。同じ画素数の売れ筋のコンデジと画質を比べると雲泥の差ですが、L版プリントしかしないのであればコンデジでもデジタル一眼でも大差ありません。
デジタル一眼で交換レンズを複数所有し状況によって使い分けるつもりが無いなら宝の持ち腐れ。コンデジで十分です。更に、レンズ交換ができるデジカメではレンズの性能も画質に影響を与えます。3万円以下でデジタル一眼本体を購入したとしても高画質のレンズは10万円以上します。そこまでお金をかけられるかどうかもポイントになります。

>最終的に何万画素まで到達するのでしょうか?
高画素神話が崩壊すれば今以上に増えることはないでしょう。
センサーサイズが大きくなれば1画素の大きさはそのままで画素数は増やせます。実際、中判デジタル一眼では5,000万画素を超える機種があります。特殊用途であれば1億画素もあるようです。

建物を中心に撮影するなら高画素は必要ありません。画素数よりもレンズに拘った方が良いですよ。
建築物を撮影する時、まっすぐのモノが曲がって写っていたらどう思いますか?レンズには歪曲収差という特性があり、まっすぐの筈のモノが山なり・谷なりに曲がって写ります。コレをまっすぐに写せるレンズの方が良いでしょう。
例:http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2008/12/03/9759.html
高倍率ズームほど歪曲収差が目立つ傾向にあります。
上記サイトで色々な機種の実写速報を見て自分で選んでください。
ついでに言うと、画像周辺でコントラスト差が激しい境界線付近では虹色に色が滲む現象があります。色収差というモノですが、これも高倍率ズームでは目立つ傾向にあります(特に広角側)。
こういう各種収差をデジタル補正している機種もあります。

高倍率ズームというのは画質面で何かを犠牲にしているというのを頭にいれておいた方が良いですよ。

カメラ雑誌を買って自分なりに研究することをお奨めします。

投稿日時 - 2008-12-03 23:28:48

ANo.7

コンデジで充分。

投稿日時 - 2008-12-03 22:36:54

ANo.6

同じ画素数でも、一眼レフとコンパクトカメラとでは画質に大きな差があります。階調が豊かなので数段上です。但し、JPEGではなく、RAWで写して画像処理をする必要があります。私は一眼レフでRAWとJPEG同時記録していますが、JPEGでは平板な画像になってしまいます。並べて比べるとレンガが壁紙みたいに見えてしまうくらいです。ただ、RAWを処理するのにはちょっと手間がかかりますね。

建築を本式に写すのなら一眼レフですが。そこまで手間を掛けられない、ということでしたら、コンパクトデジカメでも十分でしょう。もっとも、1400万画素の1000万画素も大差ないでしょう。

なお、高倍率のズームは歪みが出やすいです。直線がカーブして写るなど、建築では致命的な場合もありますね。

投稿日時 - 2008-12-03 22:36:32

ANo.5

1000万画素も1400万画素のデジカメも
そんなに写りはかわらないと思います。

ソフマップの中古カメラ売り場へ行くと、
4万円台で一眼のダブルズームキットが
あったりしますよ。

投稿日時 - 2008-12-03 22:05:14

ANo.3

 写真を撮るという行為が趣味でなければコンデジで十分と思います。
 現在、コンデジで最大ズームはキヤノンPowerShot SX1 ISの20倍ズームだと思います。
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/sx1is/index.html

 フイルム時代ならコンパクトカメラのズームは精々4倍ズームでした、それ以上を望むなら選択肢は一眼レフしかなかったのですが、上記にも書きましたが20倍ズーム(35ミリ換算28~560ミリ)があります。 
 撮像素子の大きさから一眼レフが画質が良いという意見もありますが、撮像素子の画質の差を感じられるほどの写真を・・・特にカメラを使うことを楽しむ人以外がどれだけ解るのかな・・・?と私は思います。
 それより気軽に撮れるコンパクトカメラで気負いせずとったほうが良いと思うのですが・・・(個人的見解ですが・・・)。
 

>あと、画素数は、このまま行けば最終的に何万画素まで到達するのでしょうか?
 一般(素人)の方々は『高画素数=高画質』と認識されており、メーカーもその認識を訂正せず販売促進に使っています。
 C-MOSやCCD以外の新たな撮像素子が出ないと無闇な画素数競争は終わらないでしょうね・・・。
 

投稿日時 - 2008-12-03 21:44:10

ANo.2

コンパクトデジで十分か否かは、求めるクオリーティーによります。

一般に、高倍率ズームほど、周辺が歪む樽型とか糸巻き型の歪曲収差が目立つようになります。
このような歪曲収差も、デジタル一眼レフのRAWファイルなら現像時に補正可能なものもあります。(JPEGでも補正できなくは無いですが)
また、高い建物も下から仰ぐアングルで撮影すると上窄みの絵になりますが、デジタルならパースの補正もできます。

画素数ですが、高画素=高画質=綺麗ではありません。画素数よりイメージセンサーのサイズの方が画質に影響します。そう言う意味においてもデジタル一眼レフが有利です。
コンパクトデジで、1,000万画素は詰め込み過ぎです。センサーサイズが同じなら、同メーカーの2~3年前の500~600万画素機の方が、格段に勝っています。
それにもかかわらず、高画素競争が続くのは、とこかの通販の社長が頭の天辺がら、「何と1,000万画素だからこんなに綺麗な写真が・・・」と人心を惑わすようなコマーシャルを流すからです。

投稿日時 - 2008-12-03 21:43:25

ANo.1

コンパクトデジカメの高倍率ズームでの望遠側倍率を一眼レフで
望むとレンズ自体の大きさ重量はかなりの物になり三脚も必要になり
ます、コンパクトデジカメの画質で満足出来ない場合は大荷物を我慢
しての一眼レフと言う道しかありません。

投稿日時 - 2008-12-03 21:34:24

あなたにオススメの質問