こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自己啓発セミナーの受講歴

初めて投稿します。
以前職場で、いわゆる「自己啓発セミナー」系の研修を、付き合いで受講しました。マナーや一般常識を教わるのではなく、無理に過去の反省をさせられたりお互いのプライバシーの暴露をしたりするもので、受講中から参ったなぁと思っていました。
当方は飲食店の業界で仕事をしていて、調理師免許を持っているのですが、その研修で教えこまれるような過剰にお客様に精神論を吹き込む方法では、食事がまずくなると思い、ほどなく会社を退社いたしました。ところが、セミナーの主催企業が、新しい勤務先にもしつこくFAXやメールで営業を掛けてきます。しかも何故か、当方の身辺での出来事によく似た記事が紙面に盛り込まれていて、気持ちが悪いのです。食事以前にそんなセンスの奴が触った皿一枚触りたくないという感じです。(ちなみに、その会社は、自分たちの事を称するに「世界一~である」みたいな表現を使いまくり、誇大広告だらけです。普通の品のいいレストランみたいな、落ち着いたところがなく、レイアウトも誤字が多く意味の通りにくい文言だらけです)。もしかすると、名簿がやりとりされていて個人情報が漏れているのでは、、と不安なのですが、営業行為をやめさせ完全に縁を切るには、どうしたらよいでしょうか。

投稿日時 - 2008-11-30 17:54:06

QNo.4519272

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

私は以前、自己啓発セミナーの各コースを受講し、最終的には勧誘ゲームをやり、さらにはボランティア状態で「アシスタント」をたくさんやって今は反省している人間です。
断り方は簡単です。内容証明郵便などで「勧誘行為をすみやかに辞めてください。あなたたちの勧誘行為はひとつひとつ記録しています。また消費者センターや法律家にも相談しています。すみやかに辞めてください」ぐらいの文章を送りつければピタッと止まるはずです。
但し、絶対に電話や外で会いましょうなどという言葉には引っかからないようにしてください。彼らの事務所に出向くなど絶対にだめです。
それでもひどい場合は紀藤弁護士など有名な弁護士先生をはじめ、鋭い弁護士がたくさんいるので、相談する方法もあります。がんばってください。

投稿日時 - 2010-06-19 02:40:17

ANo.2

(契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止)
第十七条  販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

 
上記は特定商取引法第17条です。
一度、電話で断った相手にしつこく勧誘することを禁止した法律です。
これにより消費者は守られています。
質問者さんは明らかに1度断っているので、違法行為を受けているのです。
今度電話があれば、この17条の事を上げ、訴えると言ってください。
それで電話がなくなります。

投稿日時 - 2008-12-01 22:54:24

お礼

ご回答ありがとうございました。大変参考になりました。消費者センターに個人情報について相談したところ、専門の窓口の電話番号を伺うことが出来ました。(窓口の方も、類似の問題に対応したことがあるようで、セミナーを装おって某宗教団体へ名簿を流してる可能性があると言っていました。)
電話勧誘ではないのですが、なんか気持ちの悪い造語だらけのFAXチラシでほのめかししてきたりします。
大元に個人情報の不正入手があるとしたらとんでもないです。

投稿日時 - 2008-12-07 22:06:44

ANo.1

この手の商売も実態は霊感商法か新興宗教と同じでしょう。
悪質商法の対策と同じだと思いますよ。
消費者センターなどに相談、断る物はきっぱり断る、最後は警察に相談など。

個人情報をどこから手に入れたか問い詰める方法もありますが
その前に専門家に相談してからにしたほうが良いですね。
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/faq/303/030373.htm

しかしこれでは自己啓発というよりも『自己批判』ですなぁ^^

投稿日時 - 2008-11-30 18:12:11

お礼

ご回答ありがとうございました。大変参考になりました。
問いつめるというか、常識的に聞こうとしても挙動不審な態度を取られる気がします。

投稿日時 - 2008-12-07 22:44:01

あなたにオススメの質問