こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学、どうすればいいのかわかりません。

ご閲覧ありがとうございます。
現在大学三回生の男です。
入学と同時期にある病気にかかり、その病気が原因で鬱、極度の対人恐怖性、不眠症状など
を患い殆ど学校にいけず家に閉じこもってしまい、
今年留年が決定して現在2回目の3回生をやっています。
留年した時点で休学して休養しようと思っていたのですが、
親に猛反対され休学できず、案の定取得単位がまた危険な状態です。
留年すると奨学金が降りないので
今まで出来なかったアルバイトを始め、親が授業料をすべて稼ぐのはさす
がに無理だろうということで、半分だしてくれることになり残りの授業料
の半分の5万を毎月払っていたのですがこの留年と同時期に父親が親の借
金の肩代わりをし巨額の負債を抱えていたらしく、後期の授業料が完全に
払えなくなりました。

応急の奨学金で後期の授業料はなんとかなりそうなのですが、学校までは
電車メインで片道二時間かかり、電車に乗るのがあまりにも苦痛で途中で
降りながら学校にたどりつくという状態でして必須単位の語学は 少人数制
で毎回見知らぬ者同士やりとり、発表というスタンスの授業でこの日は正
気ではいられません。他の授業も通年が多く前期で失敗してしまったもの
も多いため、正直また進級できない可能性がないとは言い切れません。
(怖くて親には絶対に話せませんが)
また眠剤を服用しているので早朝起きることが非常に困難なのですが

服用しないと一週間以上殆ど眠れないので眠剤を服用してもしなくても、
その状態で長時間電車に乗って登校して授業を受けるということが非常に
辛く難しい状態です。なので学校付近に一人暮らしという事も考えました
が、当然1円も援助はないので非現実的です。
しかし卒業ということを考えれば今の状態では学校付近で一人暮らしとい
う方法しかないかと自分では思っているので困りものです。

もし仮に来年また留年してしまったら休学して授業料を稼ぐ、という方法
しかないと思うのですが父親は確実にやめろといいますし、母親は「次はない、もしそんなことがあれが私は家を出て行く」
(実際は出ては行かないでしょうがそれだけ血相を変えます)と言っています。
ご近所にも僕も就職活動の話題をふられれば、大学院に行くと発言しているようなので、かなり世間体を気にしているものだと思われます。
正直中退してしまおうかと何度も考えましたが、色々とこちらの回答で調
べても中退に関してはやはり反対的な意見が殆どなので卒業は必須になっ
てくると思うのですが、このように色んな障害が多すぎます。因みに仮に
大学を卒業したとしても、大卒の資格とは無縁の分野に進む為の勉強をす
る可能性が高いです。しかし学歴は腐るものではないですし、卒業して親を安心させるのがやはり親孝行かなと思っているので
いったいどうすればいいのか毎日悩んで、悩みすぎて疲れ果てている次第です‥

投稿日時 - 2008-11-16 03:01:00

QNo.4482139

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

大学の保健センターへ行って、心理カウンセリングを受けて下さい。
今回の質問では記述しきれなかった事など洗いざらいカウンセラーに打ち明けて、
じっくりと今後について相談してみて下さい。
もっと適切なアドバイスが得られるはずです。
大学のカウンセラーには豊富な経験――
あなたと同様か若しくはもっと不幸な学生の相談に数多く対応するなど――
があるはずですから。
カウンセラー料は、入学金や授業料などの学費で支払い済みですから、
もっと積極的に利用して下さい。

投稿日時 - 2008-11-16 03:53:20

お礼

ごもっともな回答です。プロにお願いしたいとおもいます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-17 20:02:15

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「入学と同時期にある病気にかかり、その病気が原因で鬱、極度の対人恐怖性、不眠症状など
を患い」
★その病気は治っていないのでしょう。
それでは仮に大学を卒業しても就職はできません。
いったいどうするつもりですか。
病気になったらそれを治すのがなにより先決なのに、
それを棚に上げて他のことを相談しても意味がありません。

「~正気ではいられません。他の授業も通年が多く前期で失敗してしまったものも多いため、正直また進級できない可能性がないとは言い切れません。」
★現実逃避はやめなさい。進級できないに決まっています。

「来年また留年してしまったら休学して授業料を稼ぐ、という方法
しかないと思うのですが父親は確実にやめろといいますし、母親は「次はない」
★あたりまえです。
今すぐやめなさい。

「色々とこちらの回答で調
べても中退に関してはやはり反対的な意見が殆ど」
★個々に質問内容が異なりますよ。
中退に反対されるのは単に怠け者の場合です。
あなたは努力しても不可能であり中退するほかありません。

「大学を卒業したとしても、大卒の資格とは無縁の分野に進む為の勉強をする可能性が高いです。」
★そんな可能性はありません。
金が無いのだから。

「学歴は腐るものではない」
★腐りますよ。実用性の無い学歴は無意味です。

★選択肢はひとつ、中退して病気を治すことです。
治さなければなにもできないというあたりまえのことです。

投稿日時 - 2008-11-16 16:30:34

ANo.1

大学の保健センターへ行って、心理カウンセリングを受けて下さい。
今回の質問では記述しきれなかった事など洗いざらいカウンセラーに打ち明けて、
じっくりと今後について相談してみて下さい。
こんな所よりも、もっと適切なアドバイスが得られるはずです。
大学のカウンセラーには豊富な経験――
あなたと同様か若しくはもっと不幸な学生の相談に数多く対応するなど――
があるはずですから。
カウンセラー料は、入学金や授業料などの学費で支払い済みですから、
もっと積極的に利用して下さい。

投稿日時 - 2008-11-16 03:50:13

あなたにオススメの質問