こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

同一出願者による出願済み商標の一部を含む新規商標出願について

●文字のみによって構成される出願済みの商標(但し、文字商標でなく通常商標)があります。普通名称の組合わせとの査定で、拒絶通知が届きましたので、先願の文字を極めて特徴的な図形に改め、さらに新たに特徴的な図形も加えて、新規出願を考えています。これによって商標が認められることはあるのでしょうか。どんなに特徴的な図形化をしても、普通名称の文字を含む商標は認められないものなのでしょうか。

●なお、拒絶理由通知書が届いている状態で、同一の出願者が拒絶対象となった先願の商標の一部を含む新たな商標を再出願する際に、一般の新規出願と異なる必要な手続き、留意事項などがあれば、ご教授下さい。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2008-11-15 15:59:35

QNo.4480572

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

普通名称の組み合わせでも、その指定品目・役務で一般的でないならば可能性はあります。

特許庁 - どのような商標が登録にならないのか
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/tetuzuki/t_gaiyou/mitoroku.htm

また、名字からできたような社名ロゴであっても、商標としてみなされる可能性はあります。その場合は、なんらかのデザインを施して、普通に文書で書くときには起こりえない位に区別可能に図形化しておく必要があるでしょう。(長く使って普及・浸透したことをもって登録してもらえるケースもありますが)

なお、商標は他人との区別だけが目的ですから、同一人(法人)の先願・後願については支障になりません。自己の先願が類似であれば、商標法第八条1項によって先願のみが優先されますが、それが却下や取り下げられれば第八条3項によって後願が審査対象として残ります。

商標法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO127.html

商標法第八条(先願)  同一又は類似の商品又は役務について使用をする同一又は類似の商標について異なつた日に二以上の商標登録出願があつたときは、最先の商標登録出願人のみがその商標について商標登録を受けることができる。
(2項略)
3  商標登録出願が放棄され取り下げられ若しくは却下されたとき、又は商標登録出願について査定若しくは審決が確定したときは、その商標登録出願は、前二項の規定の適用については、初めからなかつたものとみなす。
(4項、5項略)

投稿日時 - 2008-11-15 19:31:53

お礼

trytobe様
参考HPのURLも記していただき、ていねいで解りやすいご回答をいただき、誠に有り難うございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2008-11-16 10:27:39

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問