こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

低圧電力の契約方法について

このたび、自宅に動力を引くことになったのですが、その契約について質問があります。

使用する機器は、5.5kwのエアーコンプレッサ1台と、2.2kwのリフト1台、そして0.75kwのタイヤチェンジャー1台です。
これらを全て同時に使うことはありえなく、あくまで月10時間程度の個人使用なので、主開閉器契約をしようと思っています。
そこで、主開閉器のサイズ?なのですが、どれ位が適切なのでしょうか?

素人考えでは、一番大きいコンプレッサの5.5kwに合わせて20A若しくは30Aの契約かなと思っているのですが、これで良いのでしょうか?
30Aなら負荷契約するのですが、はやり基本料金が高くて・・

また、いろいろネットで調べてみると、単相200Vと三相200Vのインバーターなるものが売られていますが、
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/new/frenic-multi/
これで先のコンプレッサーを動かすことは可能なのでしょうか?
可能であるのなら、多少動作が遅くなっても、こちらの方が経済的なのかとも思います。

どうかアドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-25 22:31:12

QNo.4429641

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

弊社では、デマンド型のブレーカーをお勧めしています。
http://www.daido-g.com/sinsei/index.html
参照してください。
お客様のような、使用方法ですと、15A(6kW契約)で
対応可能だと思われます。
詳細は、御相談ください。

参考URL:http://www.daido-g.com/sinsei/index.html

投稿日時 - 2009-12-01 10:01:20

ANo.4

保証は出来ませんが、ブレーカーが落ちる可能性が有る事を承知の上であれば20Aでもいけると思います。

5.5KW誘導電動機の規約電流は26Aです。
推測ですがエア残圧0の状態から運転すると約20Aから徐々に上昇して圧が高くなると26Aに近い電流が流れると思います。

20Aのブレーカーは定格の125%オーバーで2分間は落ちない事になっているので、2分程度は運転出来ると思います。
2分以上使用できる可能性はありますが、2分で必要なだけ圧が上がるかが問題です。
圧が残っている状態からの再起動は0スタートより多く電流が流れるので、落ちる時間が短くなります。

配線は電圧降下をなるべく少なくする為、ブレーカーは20Aですが30A以上流せる配線にした方が良いです。
また、ブレーカーも30AFよりも50AFの方が良いかと思います。

ここまで書いて重量約350kgとの回答に気付きましたが、ドライヤなどモーター以外に電力を消費するものは付いていませんか?

投稿日時 - 2008-10-28 21:55:36

ANo.3

音を気にしなければ動力発電機の中古を買うかレンタルしてはどうですか。

趣味で使用するのでしたら、100Vの高圧コンプレッサー(10万円くらい)とエアータンクを買った方がいいような気がします。
場所もとらないし、持ち運びもできます。
エアーが追い付かなければもう一台追加購入するとか。
インパクトはかなりエアーを消費しますので100Vか充電のインパクトでもいいような気がします。いいものを買えばかなり力があります。
タイヤチェンジャーはインバーターでもいいと思います。
リフトはメーカーにインバーターでよいか確認して下さい。
大丈夫だと思いますが、上げるときはいいですが下げるときに発電してしまうものもあるかもしれません。インバーターが壊れてしまう可能性があります。
インバーターは基本的に消耗品です。涼しくきれいな場所に設置したほうがいいです。

投稿日時 - 2008-10-26 14:50:18

お礼

回答ありがとうございます。

>音を気にしなければ動力発電機の中古を買うかレンタルしてはどうですか。

それが一番安く済みそうなのですが、住宅街であるのと、作業は主に夜間となってしまうことから、難しいと思うのです。
防音型となると高いですしね・・

>趣味で使用するのでしたら、100Vの高圧コンプレッサー(10万円くらい)とエアータンクを買った方がいいような気がします。

これも仰るとおりなのですが、実は、これら設備は既存のものでして、その設備ごと譲り受けることになったのです。
ですが、私は個人なのでそんなに基本料金を払えないとのことから質問させていただきました。
コンプレッサもパッケージ型の350kg位の重さの物が設置されてしまっており、運び出すのが至難の業であると認めたことからなんとか使用できなかと思ったのです。

投稿日時 - 2008-10-26 15:29:01

ANo.2

コンプレッサをインバータ運転する場合、主な問題点として次のような
点があり、正常に運転できるよう対処しておく必要があります。

1)インバータ容量を正しく選定する必要がある。
2)圧力SWの接続端子をインバータ運転に相応しい制御回路(配線方法)
に変更する必要がある。

インバータ運転したい場合は、使用予定の[コンプレッサメーカ]や[インバータメーカ]に
コンプレッサをインバータ運転するが、対処方法を教えて欲しいと
相談して下さい。
なお、モータ出力(容量)が5.5kWの場合、単相200V用インバータは
製作していません。3相200V用になります。

投稿日時 - 2008-10-26 12:13:34

補足

回答ありがとうございます。

>なお、モータ出力(容量)が5.5kWの場合、単相200V用インバータは
製作していません。

ということは、低圧電力での契約をするしかないのでしょうか?

ググってみたものの、さっぱり理解できないです・・
電気って難しいですね

投稿日時 - 2008-10-26 15:19:05

ANo.1

まず、電力会社は全国一社ではありませんから、この種のご質問には電力会社名を書かないと、的確な回答ができないことをお断りしておきます。

>素人考えでは、一番大きいコンプレッサの5.5kwに合わせて20A若しくは30Aの契約…

『内線規程』によれば、5.5kW が 1台だけの場合、直入れ起動で 40A、スターデルタ起動で 20Aとなっています。

>単相200Vと三相200Vのインバーターなるものが売られていますが…

適切な出力容量を選択すれば、じゅうぶん動きます。
動作が遅くなるなどのことはありません。

とはいえ、インバータの変換効率が 100パーセントということはあり得ず、入力側の 200V電灯回路に相応の容量が求められます。
普通の住宅であれば、単三受電になっているからといって、それだけのインバータが容易に使えるとは考えにくいです。

-------------------------------

電力会社によっては、「第二低圧電力」などの商品名で、従量料金は高い反面、基本料金を安くしたメニューがあることもあります。

投稿日時 - 2008-10-26 08:51:34

補足

回答ありがとうございます。

>『内線規程』によれば、5.5kW が 1台だけの場合、直入れ起動で・・

スターデルタ起動であれば20Aでいけそうですか。
それであれば何とかなりそうです。

ところで、直入れ起動、スターデルタ起動というのは機器のモーター側で決まっているのでしょうか?それとも配線方法等を指しているのでしょうか。
これはメーカーに問い合わせないとだめなのでしょうね。

>入力側の 200V電灯回路に相応の容量が求められます。

これは、家庭用の最大60Aでは無理ということでしょうか。
だとしたらあきらめるしかないですね・・


 

投稿日時 - 2008-10-26 15:13:45

あなたにオススメの質問