こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

インバーター設置における電流計の位置

空調機のモーター380V(7.5~30Kw)の動力回路(MCC盤)でインバーターの一次側に電流計を設置してます。
空調機を稼働させ、定格電流値を見るためには、インバーターを
2次側にクランプメーターを入れて測定する必要があります。
電流計の指示値が負荷の電流を示さないためです。

普通は、インバーターの一次側に電流計(CT)を設置するものでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-17 17:35:22

QNo.4408706

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

普通は二次側にインバーター電流測定に適した可動鉄片型を挿入します。
その他の方式でも、ひずみ波形に適した装置で対応します。
インバーター自体に負荷電流表示モードがあると思いますので、そのモードにしておくのがスマート、現状の電流計はインバーターの入力電流を示すものでモーターの容量と近接しているなら多めになりますが目安になります。
クランプもインバーター対応等のものを使います。

投稿日時 - 2008-10-18 10:32:20

お礼

わかりやすご説明ありがとうございました。
やはり2次側につけるんですね。
現状約10%増しの電流値が電流計に表示されています。

投稿日時 - 2008-10-20 13:32:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

電流計の指示値を何に使うか、にも因るかとおもいます。
駆動するモータの状況モニタに使うなら二次側に電流計を入れるでしょうし、
インバータ+モータを分電盤の負荷と捉えて供給電流をモニタしたいなら、一次側に電流計を入れることになるかと思います。

投稿日時 - 2008-10-21 11:33:05

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かにそうですね。2次側に取り付けるということで
決まったようです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-24 14:21:13

あなたにオススメの質問