こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イエスキリストの言葉

確かイエスキリストの言葉で


時ならざる時に時のものを望むな


みたいな言葉が聖書に書いていたようにあったような気がするのですが

聖書のどこに書いているか教えてください

投稿日時 - 2008-10-04 03:08:14

QNo.4376113

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

最初に思い浮かべたのは、コヘレトの言葉ですが、イエスの台詞の中だと、、、、

ヨハネの7-8かな?
「わたしはこの祭りにはまだ行きません。わたしの時がまだ満ちていないからです。」

町の人々が、「イエスを救世主なら救世主という証を見せてください」とせっついた箇所も、どっかにあったと思います。

まだ 時が満ちていないので、証ができないって、作家は時についてあらわしているのかも。


聖書の誤訳のひとつとして、「時代」と訳すべきところを間違って「この世」としたため、後々 この誤訳により世紀末妄想にふりまわされたんです。

ノストラダムスの書いた詩が、誤植が原因で、世紀末のことを予言していると思われ、西暦2000年を迎える数年前から お祭り騒ぎを全世界はお神輿ワッショイしていましたが。。。 苦笑。


「この世」と誤訳したために、「ひとつの時代の終わり」が「この世の終り」と思われ、世紀末で人類が滅ぼされると誤解釈されたまま2千年たってしまって、「このんどこそ、神が人類を滅ぼしてくださる」「あれ? 今度こそ! あれーー 今度こそーー あのぉ まだですか 神さん いつになったら人類を皆殺しにしてださるんですか~」となっているんですね。

で、、、
誤訳が原因で、人類虐殺大好き聖職者たちが、信者を奴隷化して、自分たちに絶対服従をさせたわけです。


イエスによって、、、実際は誤訳ですが、まあ イエスを利用して、人々を奴隷化した人たちが、人民を宗教でしばりあげて、自分たちの奴隷にしてコキ使ったわけですが、、、、
イエスの極悪時代を滅ぼす救世主がやってくるのが、西暦2150年くらい。

で、ヨハネのこの箇所は、まだイエスの時代 つまり 二匹の魚であるうお座の時代になりかかった頃で、モーセの時代 つまり おひつじ座の時代が残っていたわけです。
だから、まだ 完全にイエスの時代 すなわちうお座の時代ではないので、時が来ていない と作家は書いたのではないか と。


で、マタイだったか忘れましたが、聖書ではこの世の終わり と誤訳されていますが、イエスの時代 つまり うお座の時代が終わったら、人類はどうすればいいのですか? と弟子がイエス聞いたわけで、うお座の次はみずがめ座なので、「次 水がめ座の時代」ってイエス いえ 作家は書いたわけです。
ってことで、かつてのユダヤ教のように、キリスト教が新しい救世主にとってかわられるのが、2150年以降。
新しい救世主であるみずがめ座の象徴の主人公の物語が作られ、悪しきイエスの時代と批判され、イエスによって汚された地球を救うって物語になるんじゃないか と。


ちなみに、現実、2150年頃、地球の地軸はうお座を過ぎ、みずがめ座の方角を向きます。
天文学と文学の融合により、星座が人格化され物語が作られたわけですが、イエスの物語もそのひとつにすぎないわけですね。

投稿日時 - 2008-10-05 02:07:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ebibleという日本語聖書検索サイトがありますので、自分で検索されたらいかがでしょうか。
http://ebible.echurch-jp.com/

参考URL:http://ebible.echurch-jp.com/

投稿日時 - 2008-10-06 18:15:19

あなたにオススメの質問