こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「I'm sorry but I guess I missed your point.」について。

お世話になります。よろしくお願いします。

<I'm sorry but I guess I missed your point.I know that you are goodsalesman,so I believe you can clearly state what the customer wants.>
(筆者訳:的外れな話かもしれないが、君は優秀なセールスマンだと思うから、お客が何を要求しているか、君なら明確に述べてくれると信じているよ)

についてなのですが、私はこの英文のbutがおかしいと思うのですが、どうでしょうか?

ソースは
http://www.geocities.co.jp/hollywood/2345/hokan02.htm
の2項目の部分です。

英語が苦手なので、もしかしたら私の勘違いかもしれないと思い、ご質問しました。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-09-26 09:41:07

QNo.4357411

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

"I'm sorry but"は「悪いけど…」という意味でよく使われる云い廻しです。"I'm sorry but you are wrong."(悪いけど君は間違ってる)とか、"I'm sorry but I hate raw fish."(悪いけど生魚は嫌いなんだ)など。謝っているのではなく、「気を悪くしないでほしいが」という感じ。実際にはあまり悪いと思ってないので、すぐ"but"が続きます。

"I missed your point."は「的外れな話」ではなく、直訳は「あんたの話のポイントを見失った」です(過去形になっていますよね?)。意訳は「あんたの云いたいことがよく分からなかった」です。セールスマンの云うことをよく聞いていなかったか、セールスマンの説明がぐだぐだと回りくどいかで、右の耳から左の耳へ抜けてしまったのでしょう。"T guess"は"I'm sorry but I missed your point."だと頭が悪いように聞こえるので、ぼやかしているだけです。訳さなくてもいいし、「みたいだ」などを挿入することも出来ます。全体は「悪いがあんたの話のポイントを見失ったようだ」。

次の文の訳はほぼ御質問の通りですが、もっとこなれた訳は「あんたがいいセールスマンであることは分かってるんで、顧客が何を望んでるかをハッキリ述べられるとは確信してるがね」あたりでしょうか。

つまり、話者はセールスマンの説明はよく理解出来なかったが、販売成績はいいわけだから文句はなく、多分セールスマンは立派なことを云ったんだろうと自分で自分を納得させているという解釈です。

投稿日時 - 2008-09-26 11:58:14

お礼

ご回答どうもありがとうございます。

>的外れな話かもしれないが

これが間違いなんですね。確かにmissedと過去形になっていますね。
納得できました。
「私が相手の言っていることがよく分からない。」ということですね。
それではHPの訳は全然違いますね。

大変良く分かりました。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-26 12:33:18

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

I'm sorry but I guess I missed your point.
>この場合のbut、全然ヘンではありませんよ。

I missed your pointに対して、I am sorryと言っています。続く I guess という表現にも、「君の言うことが分からないのは僕であって、君が悪いのではない」というニュアンスが出ています。

つまり、話し手が何かについてvigo24さんに対して一生懸命話してくれたとしますよね。でもちょっと内容が複雑で、聞いているvigo24さんが混乱してしまい、「ごめん、もう一回ゆっくり話してくれる?」と言うことがありますよね。これはその感覚の butで、「ごめん、君が話してくれているのは分かるし、ありがたいことだよ。でも、どうしても君の言わんとするポイントが僕には掴めないんだよ」ということです。

社交辞令的な意味合いも含めて、この「I am sorry but ~」という言い回しは、とてもよく使われます:
・I am sorry but I have no idea what you are talking about.(悪いけど、君が何の話をしているのか全然分からんなぁ)
・I am sorry but it is the rule. You cannot enter without a permit.(気の毒だけど、それが規定なんだ。パスがないと入れないんだよ)

これが「的外れな話かもしれないが」と訳されているのには、ちょっと疑問を感じますねぇ。それなら、I may be wrong but ~ みたいな言い方になっていたハズだと考えます。


ご参考までに。

投稿日時 - 2008-09-26 11:00:46

お礼

ご回答どうもありがとうございます。

「I am sorry but ~」を今まで私は「すみませんが(申し訳なく思いますが)、~です。」と直訳しておりました。
ご提示の例
・I am sorry but I have no idea what you are talking about.
・I am sorry but it is the rule. You cannot enter without a permit.
ではこのやり方が通用するのですが、
私の質問の例をこの方法で訳すと訳が分からなくなってしまいます。
なぜなんでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-26 11:39:26

ANo.1

うろ覚えですので、ちょっとあやふやなところもありますが...

“I'm sorry but ~”という言い方の場合、謝罪するという意思よりもbut以降の文章の方に重きが置かれます。例文の場合、「あらかじめ誤っておくけど、でも的外れかもしれないけどこの指摘はさせて!」という意味合いになります。

これがもし“I'm sorry that ~”の場合、謝罪の意味に重きが置かれることになり、「I'm sorry “that” I guess I missed your point.」の場合は「的外れな指摘をしてしまったかもしれなくてゴメンね。」というニュアンスになります。

投稿日時 - 2008-09-26 10:02:52

お礼

ご回答どうもありがとうございます。

butでなくて“I guess”がおかしいような気がしてきました。
“I'm sorry but ~”“I'm sorry that ~”では共に
“~”がsorryの理由を表していると思うのですが、
“I guess”がここの位置(butの後で)でいいのでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-26 12:05:59