こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

勤務時間

朝10時に出勤(日勤)→そのまま夕から翌朝10時まで夜勤→
再度日勤→2日目の夜勤→翌朝10時から18時まで日勤
(計56時間勤務)
夜勤は仮眠はあるが場合によってはあまり取れない時あり。

これは勤務時間としては普通にというかよくある勤務時間なんでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-25 19:50:24

QNo.4356256

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

相当過酷な労働環境ですね。
一般的かといわれるとそうではないと思います。

労働基準法では1週40時間・1日8時間(法定労働時間と言います)を超えて働かせてはいけないことになっています。

法定労働時間を超えて働いてもらうためには、書面による協定、いわゆる36協定(サブロク協定)というものが必要で、これを労働基準監督署に届出ないといけません。
36協定を結ぶには、労働組合の承認か、従業員の半数以上の同意が必要です。
36協定を締結・労働基準局に届出しないで、
1週40時間・1日8時間(法定労働時間)を超えて働かせると、
労働基準法違反となって6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が科せられます。

投稿日時 - 2008-09-25 19:55:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

普通なら、24時間勤務の後は明け休で翌日は休日でしょうね
 朝10時に出勤(日勤)→そのまま夕から翌朝10時まで夜勤→
 その日はそれで終了、帰宅、翌日は休日、
>これは勤務時間としては普通にというかよくある勤務時間なんでしょうか?
 ・普通じゃないですね、
 ・仮眠時間が十分に取れなければ、きついでしょうね

投稿日時 - 2008-09-26 10:25:43

ANo.4

参考までに、時給制の場合での給料計算方法は、10時から休憩を除く8時間は通常時給。その後22時までは残業扱いで、時給×1.25。そして22時~5時までは残業+深夜なので、時給×1.5。しかし5時~10時までは残業扱いで、時給×1.25。さらに10時からの8時間は通常時給にて計算されます。

労働契約書に労働基準法第36条、(俗に36協定)を結んでいる場合、問題ありません。。。

人間的には納得出来ませんが。。。

投稿日時 - 2008-09-26 03:23:04

ANo.3

工場勤務と思いますが、
良くあるとは思えません。
9時-21時など、週60時間労働でも
毎日同じ時間帯のパターンであれば
体が慣れるのでそれほどきつくはありませんが、
昼夜問わない勤務では、体が参ってしまうと思います。

投稿日時 - 2008-09-26 02:36:48

ANo.1

職種は何ですか?ガードマンならあり得ます。

投稿日時 - 2008-09-25 19:53:03

あなたにオススメの質問