こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

若者のビール離れ対策

現在大学にてマーケティングを研究しているものです。

このたび「サッポロビールの若者向け新ビールの立案」
が課題としてでました。

(市場の現状)若者のビール離れは顕著となり、
サッポロビールはエビスの低調により業界4位と低迷しています。

若者がビールを飲まない4つのカテゴリー
1.ビール以外のお酒を飲む(特にチューハイ)
2.ビールを飲む量が少ない
3.飲み会などでは嫌々ながら飲む。
4。そもそもお酒を飲まない

(僕らの案)有力なのが、フルーツビールなのですが、
チューハイとの差別化がいまいちなのが現状です。

イメージとしては20代をターゲットとした大人の入り口
のようなビールです。上記で示した内のビール以外を飲む
または嫌々飲む人に新たなビールを展開するのが目標です。

<要約文>泡や匂い、苦味など本来ビールの醍醐味に
拒否反応を起こしてしまう若者にはどのような新ビールが
受け入れられるでしょうか。ご回答お願いします。

※発泡酒・第3のビールなどは不可でビールのみが対象です。

投稿日時 - 2008-09-23 17:24:52

QNo.4351031

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

あくまで参考に、ということで回答します。
自分自身はワイン好きなので、あまりビールは飲みません。
ただし、時たま無性にビールを欲するときがあります。ぐびぐびいってしまいます。

さて、日本ではビールをキンキンに冷やして飲みますが、これはおそらく冷やすことで
(1)苦味があまり感じられなくなること(舌の苦味を感じるセンサーが鈍る)
(2)のどの渇きに、炭酸と相まって爽快感を感じさせること
ですよね。ビールそのものの味が好きな国では、あまり冷やさないということもあるようです。
さて、若者がビール離れを、ということですが、貴殿があげている4大理由
1.ビール以外のお酒を飲む(特にチューハイ)
2.ビールを飲む量が少ない
3.飲み会などでは嫌々ながら飲む。
4.そもそもお酒を飲まない
上記1にターゲットを絞り込むのであれば、なぜチューハイを好むのかと言う分析が必要です。
仮説として、たとえば「若者は、より甘めのお酒を好む」と言うのであればビールの行く先は、酒類の種別が変わらないように甘さを加えて「ちょっと甘いけどすんごい爽快なビール」などにすることも考えられます。
また、開き直って「ビールそのものの魅力(上記(1)、(2)を活用して」を若者向けに新たなキーメッセージとともに展開していく、なども考えられます。米国のコーラ会社が、糖分多すぎというネガティブオピニオンに対抗していろいろな展開をしていることを参考にしてもいいかもしれません。
面白そうなプロジェクトですね。たくさん売ることだけでなく、飲み手の「幸福感」を追求してがんばってください。

投稿日時 - 2008-09-23 18:32:02

お礼

ご回答ありがとうございます。

詳しいご回答に感動いたしました!

これからアンケートを作成し実際の消費者にインタビューするので
「甘い爽快感あるビールなら飲むのか」という仮説の検証をぜひ実施
してみたいと思います。

僕はコーラ好き・ビール嫌いなので典型的若者と言えるかも知れません。なのでコーラを嫌いな人の意見を吸い上げたダイエットコーラ
などを参考にするとは目からウロコでした。

ぼんやりしたイメージなんですけど、飲み会の時に苦手な方も幸せに飲めるビールを作りたいです。やはり食事の楽しい時間に苦痛な思いをしてほしくありませんし、僕もそのような経験があります。

※専門家の方と書かれていますが、開発担当などを実際に」されてる方でいらっしゃいますか。差し支えなければ教えてください。

投稿日時 - 2008-09-24 01:02:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

ビールを飲みたくないと言っている若者に対して、無理にすすめようとするのは、「無理強い」ではないのでしょうか?

お酒はほかの食品とは異なり、依存性があり、習慣性があります。あくまで嗜好品であり、タバコと同じ仲間です。飲まない人に企業の側が売り込むべきものではありません。

飲酒運転やアルコール依存症、酔った上での喧嘩や暴力、未成年印主によるトラブル。酒さえなければ、こういう不幸は起こらないのに、と思わせる反社会性を持ち合わせています。さらに、若い女性が飲酒し、知らずに妊娠していた場合、胎児性アルコール症候群の危険性があります。

大学生がビールというと、いまでも、一気飲みが行われています。今年4月にも一橋大学で急性アルコール中毒による死亡者が出て、ここ数年でも山梨大学、神戸学院大学などで、急性アルコールによる死亡者が出ています。それらは氷山の一角であり、小さなトラブルは後を絶ちません。

安易にビールを進める一方で、企業はこれらの問題に対して、まじめに対策していません。飲酒運転が社会問題となったときも、社会問題になってから、「飲酒運転は法律で禁止されています」という警告文を初めて出しました。飲酒運転が行われていたにもかかわらず、利益を優先し、見てみぬ不利をしてきました。質問を読む限り、まるで、ビールを飲まないことを悪いことのように言う始末です。「大人の入り口」と書いてありますが、ビールを飲まないと「大人」ではないのでしょうか?ビールさえを飲めば「大人の入り口」に立てますか?言っていることが変ですよ。

一般に、アルコール飲料は、タバコと似たマーケティング展開が行われています。低タールのタバコが打ち出されたのと同様に、低アルコール飲料が打ち出されています。WHOでも、タバコ対策に続き、アルコール対策に力を入れてきています(参考URL)。そして、JTがタバコ以外の事業に力を入れたのと同様に、ビールメーカーでも、アルコール事業以外の割合を大きくする方向にシフトしています。

さらに、問題なのは、飲みやすいビールを作れば、今度は未成年飲酒の原因になりませんか?どういう対策をするつもりでしょうか?未成年をアル中にして、買い続けさせるつもり?

いずれにせよ、どんなビールを出しても売れないでしょう。若者がビールを飲まないのは、ビールに対して、いいイメージを持っていないからです。不満を持っている人はたくさんいます。危険を冒してまでアルコールを飲まなくても、他に美味しい物がたくさんあります。

上記に述べたさまざまな問題を放置してきた企業の姿勢こそに、原因があると思います。チューハイなどについても、主婦連から再三クレームが来ているのに、何の対策をしていません。消費者を裏切っていると思います。
http://shufuren.net/modules/tinyd9/index.php?id=96

参考URL:http://www.yoshu.or.jp/report/social/who.html

投稿日時 - 2008-09-28 23:53:36

お礼

言いにくいお答えをストレートに言ってくださり感謝いたします。

私が社会問題を見逃していたことは認めざるえません。
年間に何人もの人が命を落とし、体を壊している事実を
社会が黙認し、会社が利益を追い求めてることこそが問題ですね。

「飲まない人に飲んでもらおう」ということばかりに
目を向けていました。

ビール販売の年齢確認を強化したり、パッケージにアルコールがあることを大きく明記することが長期的に見ても企業・社会にも良いような気がします。

消費者がビール・アルコール飲料に対してどのように感じてるのかしっかり調査したいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-29 12:15:17

ANo.13

 参考まで。
 昔は携帯やパソコン等々楽しみがなかったので酒、セックス、博打で暇つぶしをするしかなかったのです。今の人は携帯代代金だけで月に数万払っているとなると所得も低いしそれ以外の費用に充てられないのではないでしょうか?例えば車の売り上げ。何故、スポーツタイプの車が次々と製造中止になっているのでしょうか?20年前はスポーツタイプの車は極端な話、作れば売れたんです。また、個々の生活重視と言うことで会社の飲み会(泊まり旅行)はなくなりお酒を呑む機会も激減しています。
 これは個人的な意見ですが時代の変化でどんなビールを出しても若い人ターゲットの商品は売れないような気がします。本当に売りたいのならまず、マーケットを作ることです。ではどうやってマーケットを作るのか?例えばサッポロビールを出している飲食店で20代4名以上の飲み会はサッポロビールが生ビールに限りタダで飲み放題にする、飲食店にはサービス生1杯につき200円の利益を飲食店に還元する。金をかけてマーケットを作って行くことで若い人にビールの味を覚えてもらい、ビール好きのアル中になってもらうわけです。
 失礼ながらここで得られる回答でビールが売れるのならそれを仕事にしているプロであるメーカーは苦労しませんよ(笑)

投稿日時 - 2008-09-27 22:02:38

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かにここでズバンと回答がでたらメーカーさんは苦労しないですね・・・。

日本人の消費形態が劇的に変化したこと
       ↓
  新しいマーケットの構築

既存のマーケットではなく自分から構築しないと消費意欲を刺激できないですよね。ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-09-28 00:51:27

ANo.12

ビールそのものを変えるのではなくて、
・ビールに合う食事
・ビールを飲みたくなる雰囲気
・ビールを飲むことによって得られるメリット
・美味しくビールが飲める「飲み方」「注ぎ方」「冷やし方」
などといった提案をするといった手もあると思います。

このあたりは広告代理店の世界になってきますが・・・

投稿日時 - 2008-09-26 17:08:01

お礼

ご回答ありがとうございます。

新しいご意見ありがとうございます!

ビールの差別化が難しいのでビールイメージを変えていけない
かと最近考え始めたのでタイムリーな回答でした!

若者が抱くビールぼ負のイメージなどをうまく解消・
ビールの魅力をうまく伝えられるマーケティング戦略が必要ですね。

投稿日時 - 2008-09-27 11:39:31

ANo.11

>(市場の現状)若者のビール離れは顕著となり、

若者のビール離れはサッポロ以外の競合メーカーにも一様に影響を与えていますよね。

>サッポロビールはエビスの低調により業界4位と低迷しています。

だとしたら、サッポロの不調の要因は「若者のビール離れ」ではなく「エビスの低調」だと思いますよ。

マーケティング戦略としては「若者」にポイントを当てることよりも、
基幹ブランドである「エビス」の建て直しをどう図るか、ではないですか?

また、仮に「若者」に受けるビールが造れたとしても、サッポロビールは単なる開拓者であって、
他の競合3社(オリオン除く)が追随して同じような風味のビールを開発すれば、
サッポロの優位性はなくなるでしょう。

もう少し、仮説について掘り下げた方が良さそうと思いました。

そういえば過去に「美味しんぼ」という漫画の中で「エビスビール」を匂わせる製法」にこだわりを持つビールが登場し、
瞬間風速的に「エビスビール」が売れたというエピソードがありました。

投稿日時 - 2008-09-26 14:39:24

お礼

ご回答ありがとうございます。

説明下手ですみません。
今回サッポロビールがターゲットを若者に絞った新ビールを出す
という制限がついてるのです。

酒税などもあるので安売りもできないので
他社が簡単に乗り入れてこれないビール・・・

できてたらやりますよね・・・。

投稿日時 - 2008-09-26 15:35:29

ANo.10

いろんなハーブのビールなんてのはどないですか?
原料にもちいる、もしくは香りづけに。
効能がいろいろ変わるので面白いし、組み合わせも面白いと思うのですが。
ジンもそもそも【ジュニパー】だし、人気のベルギービールも「ハーブ」入ってるし。スパイスなんかとの組み合わせも面白くないかな。
【ハーブ】という言葉のもつ「力」も「認知」もつかえないかな。
種類もおおいからおもしろいとおもうんだけど。

面白くないね。。

投稿日時 - 2008-09-25 13:51:34

お礼

ご回答ありがとうございます。

ハーブビールよさそうなんですね!!
ただ麦の香りが好きな方もやはりいますし・・・。

生産量少なめのニッチ市場になりそうです。
新しいプレミアム路線になるのかな・・・。

投稿日時 - 2008-09-26 15:26:52

ANo.9

>サッポロビールの若者向け新ビールの立案
ということは、サッポロビールから何らかの課題を投げかけられているのでしょうか?あるいは何らかのしがらみがある?
それでしたら、「サッポロビールの若者向け・・・」ということで話をしますが、サッポロ自体エビス以外にパッとする銘柄がないですね!
エビスとは対極にあるコンセプトが必要ですが、そうなるとひとつは「ライト」です。
ライトで思いつくのは「アルコール度」「糖質」「麦芽含有量」の度合いですが、アル度は通常のビールは5%程度、ノンアルコールでは1%未満、そう考えると3%あたりが見当たりませんね!
ひとつは、そこを狙って出すという手があります。
フルーツビールはいいですが、今のサッポロの状況を考えたら、ビールに固執するのは“命取り”ではないでしょうか?
サッポロはそんなこと言ってられませんね!
ヨーロッパには美味しいフルーツビールが沢山あります。
しかし日本には本格的なフルーツビールは存在しません。
ここをどうするかもヒントになります。
ビールに果汁を加えた感じは、オシャレ感を演出できます。
それとライトのもうひとつの路線は「微炭酸」ですね。
微炭酸に合わせて“苦味”を抑えた味が必要です。
ここまではTASTEの話ですが、何と言ってもプロモが大事ですね。
学園祭に出張して試飲してもらうとか、109のステージでイベントを開催するとか、居酒屋との協力で「合コンには無料で提供」とかの「仕掛け」が必要です。

投稿日時 - 2008-09-25 00:17:29

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうなんです。今回の課題は「サッポロビールが出すビール」でありターゲットは若者だという制限もついています。

プレミアム市場がだいぶ埋まってきたので、
ライトという発想はよさそうですね!

消費者がアルコール分をさげても飲んでくれるかの調査が必要ですね。
苦味を抑えすぎるとビール大好きな顧客を逃してしまうので按配が
難しそうです。しかしビールの差別化を図るとしたらむしろそこかも
・・・。

プロモーションについてはCMなどベターなものばかり考えてたので学園祭などのピンポイントプロモーションはかなり顧客心理をつかめそうです。

投稿日時 - 2008-09-26 15:23:05

ANo.8

No.6です。

ホップの苦味を薄くするのは受け入れられそうですが技術的・ビール的にどうなんだろ・・・。>
キリンがかなり力を入れて発売したキリン・ザ・ゴールド(http://www.kirin.co.jp/company/news/01/d/070110b_1.html)は後熟したホップを使ってるので苦味が少ないです(苦味を抑えたのは、苦手な人の市場開拓と量を飲んで貰うため?)。でも、麦芽以外の混じり物の入ったラガーやスーパードライに慣らされた人には受け入れられず、そんなに売れてないのが実情のようです。麦芽100%でもプレミアムビールみたいに高くないのも良いですし、量を飲むには向いてるビールだと思うんですがね。同じ麦芽100%で苦味が強かったり味の濃いエビスやプレミアムモルツを飲んだ後、苦味の強いビールはもういいやと感じた時にもまだ飲めるビールとでも言いましょうか。

結論w。麦芽100%で従来のビールと同価格にしても、苦味を抑えたビールは既に失敗。甘いチューハイやカクテルが飲めるのに、苦味のあるビールをわざわざ甘く作る必要が感じられない。簡単に答えが出るようなら、既にビールメーカーがやってるでしょうね。

投稿日時 - 2008-09-24 08:48:46

お礼

追加回答ありがとうございます。

苦味が薄いビールは出て撃沈済みでしたか・・・。

甘いという現在の若者への短絡戦略は愛飲者には
受け入れなさそうだすし・・・。

愛飲者へは二杯目のビール
初心者には初めてのビールという違うテーマから
アプローチをかけるのはよさそうですね。

苦味・キレ・のどごし・炭酸ときたら後は香りの差別化かと
考えてしまうますが、それこそ愛飲者に受け入れなさそうですね・・・。

投稿日時 - 2008-09-24 14:31:04

ANo.7

フルーツビールは日本の酒税法上では発泡酒扱いになるので対象外ですね・・・
そもそもビールにフルーツ果汁を混ぜたら価格でチューハイと張り合えると思えないのですが?そこまで味に優位性があるとも思えませんし

ビール=赤提灯 のイメージからの脱却こそが急務ではないかと、次いでドイツ並みに厳格なビール法の制定・・・

ビールの苦手な若者に迎合した結果ビールがビールでなくなるのであればそれは本末転倒です

いっそ子供の頃から国策としてピーマンを生で食べさせて苦い=旨いという味覚を作り上げれば(マテ
いや・・まあ私は無理ですけどね、ピーマン生で食うとか

投稿日時 - 2008-09-23 20:52:55

お礼

ご回答ありがとうございます。

フルーツビールは対象外でしたか・・・。ビール嫌いの私としてはなかなか良いビールだと思ったのですが・・。

ビール嫌いの根本がまさかピーマンにあるとは(笑)たしかに私もジュースで育った人間なので・・。食生活の改善・・・なかなかスケールの大きい話になりましたね。いっそ給食ピーマンの義務化!!(マテ

投稿日時 - 2008-09-24 00:37:37

ANo.6

フルーツビールは確かに若者に受け入れられる可能性はあるでしょうね。ただ、麦芽・ホップ・水・麦・米・とうもろこし・こうりゃん・ばれいしょ・でんぷん・糖類・カラメル以外の原料を使うことになるので、残念ながら発泡酒になってしまいます。ホップが入ってる以上ある程度苦味もあるでしょうし、ホップを減らしそれ以外の味が付くようにすれば良いかもしれません。麦芽を2/3以上使ったランビックならビールの定義に収まりそうです。ランビックは酵母発行だけではなく、乳酸発酵も行っているため酸味があります。
チューハイ(焼酎ハイボール)が好まれているなら、甘みを付ければ良さそうですが、この時点でビールではないような気がしますし(味もそうですが、後から添加すればビールの定義から外れリキュール類?)、無理に麦芽やホップを使う意味がないように思います。まぁ、チューハイ自体も市販の物は焼酎を使わずに安いウォッカベースですし、ドイツならキリンラガーやアサヒスーパードライなんかはビールではないですし。ここまでいくと酒税法上の分類だけの話になり、更にビールでなくて良いような気がします。
技術的に詳しいことは分かりませんが、ホップの量を抑え(または長期間寝かせて苦味をなくす)、麦汁の半分までの甘みの強い糖類を加え、それを甘みが残る程度で発酵を止めれば(アルコールを添加して発酵を止めるとビールではなくなりそうなので、加熱するかすぐ飲むか…後者は瓶内発酵するので問題あり?)、甘みのあるビールが出来そうな気がしなくもありません。あくまで素人考えですがね ^^;

そうか、味覚が未発達な子供に甘いジュース(特に血糖値が急激に上がるブドウ糖加糖液糖が原因かも?)を頻繁に飲まさないとかして、大人になっても苦いビールを飲めるようにするとか。ビール離れの根本解決は、案外この辺りにあるのかもしれません。私の勝手な想像ですが…。

投稿日時 - 2008-09-23 19:56:57

お礼

ご回答ありがとうございます。

やはり発泡酒になりますか・・。残念です。

麦芽・ホップ嫌いが多い中日本のビールはそこに力をいれてるように思えます。酒税法がなかなか曖昧なのも問題か・・・・。

ホップの苦味を薄くするのは受け入れられそうですが技術的・ビール的にどうなんだろ・・・。

僕も二十歳でジュースっ子なので子供の食育問題は軽視できなさそうですね。

投稿日時 - 2008-09-24 00:42:35

ANo.5

ご質問文の前提条件がよく理解できないので少し確認させてください。

「新ビールの立案」の「新ビール」とは「発泡酒・第3のビールなどは不可でビールのみが対象」文に照らすと何なのですか。

Q1.新ビールとは「旧来製法のビール」を指しているのでしょうか?
Q2.「(僕らの案)有力なのが、フルーツビール」とは旧来製法のビールにフルーツジュース等を加えた、いわゆるロングカクテルの範疇を指しているのですか?
Q3.それとも原材料に果物を使った第4ビールを作ろうとされているのですか?

以上、「新ビール」の定義がよく判りませんので補足をお願いします。

投稿日時 - 2008-09-23 19:18:46

補足

すみません補足です。

まず今回の課題は旧製法(スーパードライなど)純粋なビールカテゴリーについてのものです。

素人なためフルーツビールはビールカテゴリーかと勘違いしてたところ発泡酒の枠に入るとのことなのでフルーツビール案は廃案になりそうです。

純ビールが発泡酒など次世代飲料とどう差別化を図っていくかが問題みたいです。

投稿日時 - 2008-09-24 00:25:15

ANo.3

>※発泡酒・第3のビールなどは不可でビールのみが対象です。

普通のお店では、ビールとして選べる種類が無い。(メーカーや銘柄を強制される)
味わいの異なる数種類のビールがあれば、旨いのは最初の1杯だけ!
と言われないと思うけど?

投稿日時 - 2008-09-23 18:26:03

お礼

ご回答ありがとうございます。

たしかに日本の市販ビールはどれも似たような感じがします。

逆にビールというカテゴリーでは差別化は難しいのでしょうか・・・。

投稿日時 - 2008-09-24 00:44:43

ANo.2

こんにちは、

私は20代で、付き合いでビールを飲むのですが
正直、にがい・まずい・びーるっぱらになるというイメージから

余り飲めません。
二杯目から、少々よっていればおいしいですが・・

何より、おしゃれじゃない。
甘くない。
女の子には不評だと思います。

新たな市場を若者に見つけるなら、いままでのビールではない

ビールに切り替えるべきだと思います。

投稿日時 - 2008-09-23 17:39:15

お礼

ご回答ありがとうございます。

ビールは他と比べてかっこよくないですよね。

かっこいいビールだったら女の子にモテるために世の若者は飛びつくでしょうか(笑)そのくらい斬新でないと若者はふりむいてくれなさそうですね・・。

投稿日時 - 2008-09-24 00:47:27

ANo.1

 ビールは口の中で溜めたりせず、ノド越しでグビグビ飲まないと美味しくないです。ということで、炭酸が苦手な人でもグビグビ飲める、微炭酸のビールはどうでしょう?

投稿日時 - 2008-09-23 17:33:07

お礼

ご回答ありがとうございます。

炭酸が苦手な人はたくさんいるみたいですね!
確かに微炭酸ビールは市場としてありかも知れません。

貴重なご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-09-24 00:49:13

あなたにオススメの質問