こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

モータの位置決め方法について

測定器を正確な位置で停止する位置決め装置の製作をメーカへ依頼しました。停止位置は直線上の2箇所で、A点で停止し5秒後、B点へ移動しB点で停止。1分後に再びA点へ戻り5秒停止、B点へ移動を繰り返すというものです。
私のイメージでは、よくロボット制御に使われるサーボモータ? を使った位置決めシステムを製作してくると思ったのですが、メーカはDCギヤードモータを使い、停止位置の手前にスイッチを設置し、そのスイッチでモータ電源を切り、惰性で動く分を機械的ストッパで止め位置決めをするというものでした。
測定器はボールネジで可動します。ギヤードモータの仕様はDC24V、3W程度、モータ回転数5000rpm、減速比1/500です。
設置当初、スイッチが故障で作動せず、モータに電源がかかったまま機械ストッパーに当りモータを焼くトラブルがあったのですが、A点からB点の移動時間+3秒以内にスイッチが入らなければモータ電源を切るという回路を追加しモータの焼損はなくなったのですが(実際にはスイッチが故障していないので3秒間でモータが焼損するか確認はしていないのですが・・・)、停止時に機械ストッパーへ毎回ぶつけて止めているので、減速器のギヤーへストレスがかかり、今度はギヤーが壊れないか心配です。
メーカーは、ストッパーへ当たる時には手前にあるスイッチでモータの電源が切れているので、無理はかかっていないと言っているのですが本当でしょうか?・・・専門的な知識がなく、反論できないのでアドバイス願います。

投稿日時 - 2008-09-23 11:12:46

QNo.4350210

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>無理はかかっていないと言っているのですが本当でしょうか?
機械ストッパーに当たる前にモーター電源が切れているのであればそうですね。

ただご質問を読むとそういう問題ではなく要するに気に入らないだけという気がするのですけど。それがモーター損傷事故を発生させたのでなおさら気に入らないと。

ご質問のようなシステムを作る場合、エンコーダーで位置を検出してモーター制御する方法もありますけど、ただお値段は高くなります。移動距離が長いとリニアエンコーダはかなり高いです。なので価格を抑える場合にはスイッチを使う方法にします。
ご質問のような移動先が決まっているような場合にリニアエンコーダを使うというのはその方が珍しいです。


ステッピングモータで計測せずに繰り返すやり方もありますけど、それだと位置が完全には保障されていないので、何度も繰り返すようだとずれが生じる可能性があります。
サーボモータ+回転エンコーダでも状況は同じです。
それで位置を保障しようとすると、結局位置検出のためのスイッチは必要になるのでやっぱり同じ話になります。

投稿日時 - 2008-09-23 11:42:16

補足

早速ご回答いただきましてありがとうございます。
減速機部分がなければ、モータのロータとステータは物理的につながっていないので、機械ストッパーに当てて止めてもどこにも無理がかからないことは理解できます。
但し、減速機があるとギヤ部分に無理がかかると思うのですが、どうなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-23 23:34:25

お礼

その後、色々な人の意見を聞きましたが、やはりストッパーによる停止が間違いないとの結論に達しました。
ギヤ部分へ無理がかかるという疑問は解決しておりませんが、回答もこれ以上なさそうなので質問を打ち切ります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-22 21:25:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問