こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電池と豆電球の実験で豆電球への銅線が一つ枝われしてます

電池と豆電球の実験で豆電球への銅線が一つ枝われしてます。その先にはいきどまりで何も有りません。やはりいきどまりだと、電池の
減りは早い?

投稿日時 - 2008-09-09 09:56:18

QNo.4315096

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

銅線を水道のホースと考えます。
また、電池をポンプと考えます。
 豆電球は、水車と思ってください。

 銅線が途中でふたつに分かれていて、その先には何もつながっていないのは、・・・
 水道のホースが途中でふたつに分かれていて、その先に何もつながってはいないけれど、水もれしないように栓がしてある状態と同じです。

 はじめは、何もつながっていないところまで水は流れて行きますが、ホースの中が水でいっぱいになってしまうと、もうそれ以上、そこには水がながれていきません。
 (※もしかすると、先端から少しは水もれしているかもしれませんが、無視していも良いくらいの量です。)

 これと同じで、電池の減りは枝われしていても、いなくても、あまり違いはありません。


 

投稿日時 - 2008-09-09 10:31:55

お礼

馬鹿でもわかる説明をありがとうござます。大変わかりやすかったです!

投稿日時 - 2008-09-09 14:45:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

何故その様に考えられたのですか?

投稿日時 - 2008-09-09 10:19:45

ANo.1

 「枝われ」というのは聞き慣れない言葉ですが「枝分かれ」のことでしょうか。

--豆電球--
|      |
|      |---
|      |
--電池---

こんな感じだとすると、電池の消耗は


--豆電球--
|      |
|      |
|      |
--電池---

の場合と変わりません。

投稿日時 - 2008-09-09 10:19:39

あなたにオススメの質問