こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

テレビ局の構造

テレビ局のグループ(キー局・ローカル局)の関係に教えて下さい。

例えば、キー局:フジテレビはローカル局:関西テレビ(関西地方)の番組を放送してると思いますが、これはどういう関係だからでしょうか?
一般の企業の様に資本関係があるのでしょうか?(キー局とローカル局は親会社・子会社などに資本関係があるのでしょうか?)

なぜ一般の企業のように関東ならフジテレビ本社、関西ならフジテレビ支社とし、フジテレビ自身で放送しないのでしょうか?(NHKはそうしてますよね?)

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-08-19 13:45:02

QNo.4262173

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

放送局は、原則的に系列といわれても一般の企業のように基本的には一定以上の比率では資本関係はありません。
これはメディアの独占を防ぐために、法律によって禁止されています。いわゆる「マスメディア集中排除原則」というものです。法律により放送できる区域が決まっています。

簡単に言うと、特定の金持ちが、複数の放送局や新聞社の株を買い取って自分に都合の良い放送だけ流したり、一私企業が日本中で支配的に放送する等、不公正は事が起きてはこまりますよね。そういった点で、マスメディアの中立性を確保し、言論の自由を守るためこういった制度ができています。

ですが、それぞれの局だけでは大規模なニュースも、お金をかけた番組も作成できませんね。そこで、FNN,JNN等々、業務提携したネットワークに所属し、ニュースの配信や、番組の配信を受けるようなシステムになっています。これは業務提携であり、たとえばふつうの会社が、特定の地域の代理店に独占契約を与えたりするのと契約の考え方としてはおなじものです。

これによってマスメディアの独立性は守られています。(少なくとも建前上は)

ですが、近年、地上デジタル対応等で地方局の経営環境が悪化してきており、キー局がそれを救済するために出資したいなどの要望が出ており、この集中排除原則が緩和され、建前もなくなりそうだという動きもあります。これについては無視できない影響があるので、注視していく必要があるかも知れません。

投稿日時 - 2008-08-19 17:36:27

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

民間放送局というのは政府の放送免許を受けて放送事業を行いますよね。で、民放は東名阪以外は各県を放送区域として免許が出ます。
日本のTV放送が始まった時から、民放は各県単位の区分けがよいと
政府は判断したのでしょう。なにしろ放送局は金がかかるので各社の
資金力、県単位の人口や経済規模の違い、地元向けのCMの効率性等の事情があったのでしょう。それで系列局というのはあっても、別県は別会社となります。ただし今後は少子化、CM構造の変化で放送局の
広域化、統合はあるでしょう。それでもマスコミ集中を排除するため、キー局が直接地方の放送を行うことは多分ありえません。

投稿日時 - 2008-08-20 18:25:01

ANo.3

ネットワークを形成している各放送局間の関係は「業務提携」です。
フジテレビを例に挙げてあるので、FNS系列の沿革をご覧になると良いかと思います。
http://www.fuji-network.com/ayumi/enkaku.htm
その提携に基づき、番組コンテンツの配信や人事交流が行われてるということだと思います。
事情により提携解消ということも過去にはあったようです。

話は違いますが、制作会社は複数の放送局が株主になっており、主にその放送局から番組制作を受けることになっているようです。
例えば「共同テレビ」はフジテレビ他FNS系列数局が株主になっています。
http://www.kyodo-tv.co.jp/ja/company/outline.html
いわゆる「下請け」は資本関係があるようですね。

投稿日時 - 2008-08-19 14:08:18

ANo.2

とりあえず、ウィキペディアより↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
日本においてキー局(キーきょく)とは、民放放送局の系列ネットワークの中心となる局のことである。日本には5つの主要局(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)があるが、これらの本社は全て東京に集中しており、在京キー局とも呼ばれる。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%B1%80
キー局は自ら報道番組や娯楽番組を製作し、ネットワーク系列から各ローカル局に卸売りを行っている。地方における放送局も番組製作を行っているが、キー局の割合は非常に大きく2002年度のテレビ番組総売り上げの55.7%はキー局のものである。さらに系列ネットワークはそれぞれの系列新聞社とも強く結び付いており、メディアにおける影響力が強い。このためしばしば批判されることがある。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ローカル局自体が、作品をあまり作っていないんですね。技術力もドンドン落ちていって、実際、撮影する社員さんって少ないって聞きます。
ちなみに関西テレビは準キー局です
準キー局について↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%96%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%B1%80

投稿日時 - 2008-08-19 14:05:39

ANo.1

一般のローカル局は確か地方のゴースト解消を目的として
スタートしたと思います つまり前後放送網が未熟だったので
民放だけでは全国放送出来ませんでした そこで肩代わりする地方局が
作られ当時の地方の人はそこのローカル局数チャンネルしかみれかった
筈です NHKは国の腕力がある放送局で料金の全国徴収もできる
唯一の放送局だったので全国展開できたのだと思います
今も地方などではCATVを入れないと民放キー局はみれないですし

投稿日時 - 2008-08-19 14:03:40

あなたにオススメの質問