こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

aとtheの違いについて

現在、英語の勉強をやり直しているものです。
色々な参考書の問題を解くときに、いつになってもaとtheを間違ってしまいます。
どなたか、分かりやすく教えて頂けないでしょうか?

私が回答を迷った問題(英作)と疑問を幾つか記載します。
問題.彼は子供を長椅子の上に寝かせた。
正解.He laid his child on a sofa.
私の回答:He laid his child on the sofa.
 子供を寝かせた椅子は1つだけなのだから、theじゃないのか?
 話者と聞き手の間で特定できるのでは?

問題.彼女は突然いすからたちあがった。
正解.Suddenly she stood up for the chair.
私の回答.Suddenly she stood up for the chair.
 彼女が座っていたのだから、いすは1つ。theでいいんだよね?

問題.彼は大学を卒業したばかりだ。
正解.He has just graduated from a college.
私の回答:He has just graduated from the college.
 世の中に大学はたくさんある。
 けど、彼が卒業した大学だから、誰が考えても1つに特定されるのでは?

問題.彼はその会社に30年勤続したことによって金メダルを貰った。
正解.He was given a gold medal for his thirty years' service with the company.
私の回答:He was given the gold medal for his thirty years' service with the company.
世の中に会社はいっぱいあるけど彼が働いていた会社は1つなので、theで理解。
メダルもたくさんあるけど、貰ってしまった後は特定できるからtheじゃないのか?
 この場合も、話者と聞き手の間で特定できるように思う。

冠詞については、過去の質問やネットの解説にも多々あるのですが、参考書と同程度の理解しかできず、結局、問題では間違ってしまいます。

ちなみに、私が説明として参考にしたのは以下です。
・冠詞の使い方
 http://www.linkage-club.co.jp/Q&A/Kanshi/kanshi1.htm
・教えてgoo:aとtheの違い
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1790520.html
・教えてgoo:aとtheとsomeの使い分け
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1780772.html
・教えてgoo:「a」と「the」による意味の違い
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4228671.html

投稿日時 - 2008-08-17 17:36:18

QNo.4257612

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

英語と日本語の違いで、特にaとtheを考える場合、話のどこに焦点があたっているのか考えなくてはいけません。
その焦点が当たっている内容でaかtheか判断されるのです。

・He laid his child on a sofa.
「彼は彼の子供を寝かせた」が主文ですので、on以降に焦点は当たっていません。したがってtheを使うには前後にsofaを特定する文章がなけばなりません。この場合はないようですので、"a"です。
同様なのが、
has just graduated from a college.
です。
日本語でも「大学を卒業したばかり」と言う文章の場合、(どこの)大学を卒業したかは重要ではなく、「卒業した」ことに焦点がおかれる場合があります(というかそれが普通でしょう)
上記と同じように、collegeに焦点が当たっているのではなく"gaduated"が本文の重要なところですから、どこの大学かは重要でないため"a"です。

・He was given a gold medal for his thirty years' service with the company.
のa gold medalはちょっと違います。これは確かにメダルをもらったことに焦点が当たっているのですが、彼がもらったメダルは「会社が贈ったメダルの中の」ひとつであって、これは文中に容易に想像がつきます。
gold medal自他が他の人と違う特別な何かがあれば"the"ですが、ほかのひとのものと並べたら分からなくなるような、メダルであれば"a"のままです。
(彼からみれば、メダル獲得は同僚と違う何かですが、会社から見れば30年勤続者の一人にすぎないからです)
companyが"the"になるのは、彼が働いてたという特定とメダルを贈ったという点で特定されるのです。

逆に
Suddenly she stood up for the chair.
の場合は、"she"が立ち上がったのは不特定多数の中のひとつではなく、まさに彼女が座っていたchairからです。
文中で特定されていますので、"the"です。
"a"を使った場合、その前後の文中で「不特定多数の中の椅子」(飲食店の同じ椅子の中のひとつとか、映画館の椅子の中のひとつとか)であることを説明する文が必要になります。

一般名詞の場合、sofa・chair・companyなどTheがつくのは、文中の主語もしくは動詞が特定してくれる場合だけです。
私が上記の文を見て、子供をどのソファーに寝かそうと、彼がちょっと前にどこの大学を卒業しようと、そのまま受け取れますしさらにどのソファー・どの大学と聞きたければ、質問すれば良いだけです。

逆に彼女が椅子から立ち上がったと聞けば、どんな椅子であれ1個の椅子しか浮かびませんので、"a"とついていたらむしろ、あの椅子かな、この椅子かなとほかの椅子まで想像しなくてはならなくなります。(むろんナンセンスです)
メダルは"a"じゃないと、そんな特別のメダル(要するにほかの誰ももらうことのできないメダル)をもらったのかと誤解してしまいます。

投稿日時 - 2008-08-17 22:00:26

お礼

解説ありがとうございます。
焦点という考え方は目から鱗でした。
やはり最後は多くの英作に触れ、慣れていくしかないのかも知れませんが、今までは回答を見ても「なぜ?」が回っている状態でして^^;
今回、教えて頂いたことは回答を考える場合の指標になりそうです。

投稿日時 - 2008-08-18 22:19:22

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

まず、
>問題.彼女は突然いすからたちあがった。
正解.Suddenly she stood up for the chair.
私の回答.Suddenly she stood up for the chair.

はstood up >>>from<<< the chair ですよね?

次に、自分なら、御質問のtheとa では、文脈次第で、どちらも使えると思います。

1.He laid his child on a sofa.は、単に、他にもsofaがあること、または、新情報としてsofaを示しているだけであり、sofaが一つだけとか、旧情報としてsofaがある文脈なら、the sofaとするのが自然。つまり、文脈で決まるわけで、この短文だけで決まるとすることはできない。
2.Suddenly she stood up from the chair. これも同じで、from a chair とすることもできる。つまり、新情報としてchairを示すなら、a chair とすることになる。
3.He has just graduated from a college.これも、大学がどの大学かが文脈で示されていれば当然theになる。
4.He was given a gold medal for his thirty years' service with the company.これも、文脈として、金メダルのことが出ていればtheを使うことが出来る。

結局、短文での英作文で、正解の文章が自然に感じられるのは、3と4だけです。1と2は、a/the のどちらも、問題文の日本語だけでは、正解だと言えると思います。

いつも思うのですが、日本人が冠詞の問題でつまずくのは文脈を無視した問題をやらされることが多いからです。本来、冠詞は文脈で決まるものですから、短文で判断することはとても難しいと思います。その意味で、短文での英作文では、冠詞のことはあまり気にする必要がないと思います。

投稿日時 - 2008-08-18 20:44:51

お礼

回答ありがとうございました。
「自然な英文」というのが、わかるように勉強していきたいと思える回答でした。
まだ「a」でも「the」でもいいという感覚を理解するのは難しいです。
ただ今までのように、英作の回答を見ても「なぜa?なぜthe?」とぐるぐるせずに、間違った後も解釈出来そうな気がします。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-18 22:39:00

皆さんと同じこのとの繰り返しになるかもしれませんが、貴方が冠詞使い方を間違って解釈したと思われることを書き出してみました。

1)下記の文章で『~が(最終的に)1つだからtheを付ける』の理解はまちがいです。誰もが承知している世界で1つしかない事柄(the World War II)や物(the moon, the sun, the world, etc)のようなものに対してtheを付けますが、結果的に1つに絞られたのでtheを付けると理解をすると間違いが生じます。(そのような教え方があるのかもしれませんが・・、間違って解釈をされたのかも・・)

He laid his child on ( )sofa.
He has just graduated from ( ) college.

2)上記の文章に対してaを使うかtheを使うかの判断は、貴方が理解をしている『話し手と聞き手の間で特定できる』で違いを察してください。

貴方(話し手)が私(聞き手)に
He laid his child on the sofa.
He has just graduated from the college.
と言われても、私は彼がどのソファーに子供を寝かしたのか、どの大学を卒業したのか前文がなければ特定できません。回答を得る際に書き手としてだけでなく、聞き手としてそのthe以降を特定できるかを試されると正解率が高まるはずです。

単文で、状況を察すれば相手にも『どの~であるか』分かるような時にtheを使います。
Could you close the door? (1つのドアしか開いてない場合)
Did you enjoy the party? (どのpartyに参加をしたのか知っているから質問しています)
Ann’s in the kitchen. (家の中の出来事であれば)
Could you pass me the salt? (食卓に塩がありそれを取って欲しいときに)
もしくは、話し手と聞き手が情報を共有しているとき。
I've been to the doctor. (お互いに医者を知っているとき)
Have you fed the dogs? (とお母さんに聞かれたとき)
He just graduated from the college. (従兄弟の話をしていて・・お互いに彼がどの大学に通っているか知っている時)

3)Suddenly she stood up from the chair (that she had been sitting)
とtheを特定する構文を推測できる(もしくは、構文が続くが、誰もが分かるために省略している) 。下記の例題は参考書に良く書かれているはずです。
the boy that I met
the man with the banner
the place where I met him

4)He has been given a gold medal for his thirty years' service with the company.
gold metalは聞き手の私にはどのような物なのか特定できません。companyに付く冠詞は他の方が上手く説明しています。

投稿日時 - 2008-08-18 15:59:31

お礼

丁寧に説明して頂きありがとうございます。
「状況を察する」のは、慣れと訓練がいりそうだなあと感じました。
ただ、今までは英作の回答を見ても、「a」「the」を使い分けている理由が「?」で困っていたので、教えて頂いたことが解釈するための参考になりそうです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-18 22:34:20

ANo.7

>子供を寝かせた椅子は1つだけなのだから、theじゃないのか?
これは椅子が一つだけとは限らなくて、aを使うことで任意の一つであることを示唆しています。

>彼女が座っていたのだから、いすは1つ。theでいいんだよね?
そうですね、ここでは椅子が決まってしまっていますから theです。

> けど、彼が卒業した大学だから、誰が考えても1つに特定されるのでは?
これは「大卒」ということを言いたいので、どの大学でもいいわけですよね。よって aです。

>メダルもたくさんあるけど、貰ってしまった後は特定できるからtheじゃないのか?
これは30年勤務者に褒美として与える為に用意した金メダルが一個しかなかったからtheになります。

余計なお節介だと思いますが、英語をやり直すんだったら、こんな細かいことに拘っても仕方ないような気がします。実際、冠詞の間違は小さなミスなので、こんないちいち、aかtheなんて悩んでいたら英語が話せなくなりますよ。

投稿日時 - 2008-08-18 12:33:48

お礼

回答ありがとうございます。
冠詞って、英語の中ではどうでもいい細かいものなんでしょうか・・・

どうでもいい話なのかも知れませんが、参考書や問題集にチャレンジすると、間違ったときに「なぜ間違ったのか」は、どうしても気になってしまうんです^^;

私が悩んだ問題について、1つ1つ説明して頂き感謝します。

投稿日時 - 2008-08-18 22:30:49

ANo.6

冠詞は奥が深いですよね。深入りすると、長文になるので、簡潔に書きます。言葉には例外もありますので、それには触れません。

1.「不定冠詞は単数を意味するのではなく、次に来る名詞が複数あるという(複数性)に基づいた上での、そのうち、どれでもよいから、一つ、あるいは一人という品詞である。」

A: What size do you wear?
B: I wear a small.

2. 「定冠詞が話者と聴者間で明確なものに付く品詞である。」これは最早説明はいらないでしょう。もっと重要なことは、「定冠詞があらわす数・量は、次に来る名詞が可算名詞の単数形なら、単数全て、複数形なら複数全て、不可算名詞ならその名詞の数・量全てをあらわす品詞である。」これは非常に重要な定冠詞の概念です。

(例)the Second World War 第二次世界大戦は歴史上「ひとつ」
(例)the Wall Street Journal これも「一社」しかないため

(他の例)
A: Where's Dad?
B: He's in the living room.
この家の居間は「一つ」しかないため。

次に、空港が一つしかない都市での会話だとします。

A: Where are you headed?
B: The airport.
A: What for?
B: To see a friend off.

この町には、空港は一つだから、the を使います。

もし、同じ会話が近辺に空港が複数ある東京での会話であるとすれば、走っている車の地理的条件から、空港は「一つ」であるため、the となります。話者同士が無言で、どの飛行場かが分かっているからです。しかし、an と使ってしまうと、「ま、ある飛行場だ」となり、同乗者は「え?どこに行くんだよ?」と不安になってしまいます。

次にまた、不定冠詞に戻ります。日本人がよく見るものです。

「かれはよく嘘をつく」

tell a lie と覚えているために、我々はつい次の英訳をやってしまいます。
He often tells a lie.

しかし、これは意味合いがちょっと違います。理由は、「彼の嘘がたくさんあって、その中の一つ」ですから、彼が嘘を言う癖を感じさせます。また、不定冠詞には、「同じ・似たような」という意味合いも持っているため、「同じような嘘を頻繁に言う癖がある」という意味合いになってしまいます。ですから、彼が少し、変な人間であるニュアンスを持ちます。。

単に「彼はよく嘘をつく」という意味なら、無冠詞で、
He often tells lies. のほうが自然です。

ご参考までに。

投稿日時 - 2008-08-17 22:59:44

お礼

丁寧な回答ありがとうございます。

「かれはよく嘘をつく」の例は、初めて聞く話で勉強になりました。
参考書からニュアンス(?)まで理解するのは、なかなか難しいです。
今回、教えて頂いたことは、勉強の参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2008-08-18 22:23:24

ANo.5

書いたり話したりするとき、そこには書き手と読み手、話し手と聞き手がいます。
書き手、話し手は読み手、聞き手がこれだとわかるものにはtheを、わからないものはaを使います。


問題.彼は子供を長椅子の上に寝かせた。
聞き手は「あーあの長椅子ね」と思い浮かべることはできません。

問題.彼女は突然いすからたちあがった。
聞き手は「立ち上がった」と聞いて「何かに座っていた」と予想し「いすから」と聞いて「彼女が座っていたいすから」と思い浮かべることができます。

問題.彼は大学を卒業したばかりだ。
聞き手は「あーあの大学ね」と思い浮かべることはできません。

問題.彼はその会社に30年勤続したことによって金メダルを貰った。
「会社」に「その」とあるので聞き手はどの会社かわかります。(という前提)
金メダルと聞いても「あの金メダルね」と思い浮かべることはできません。
the gold medalとすると、聞き手は
「彼はその会社に30年勤続したことによってその金メダルを貰った。」と聞いても
「いきなり『その金メダル』といわれても『どの金メダル』なんだよ」と困惑します。

投稿日時 - 2008-08-17 22:31:02

お礼

回答ありがとうございます。
今までは、英作の回答を見ても、その回答の「a」「the」の理由が??という感じで悩んでました。
私が悩んだ例文について説明して頂いたので、参考になりました。
結局は、どんどん問題をこなしていくしかないのかも知れませんが、今回教えて頂いたことは、1つの参考になると思います。

投稿日時 - 2008-08-18 22:26:58

ANo.3

その問題は、設問者の意図がはいっているので是非を問いたくありませんが、文章はどちらでもありえます。
問題文のみが提供され、冠詞の理解を問題を通して教えようとしていると仮定した場合(問題を正解であるとした場合)、

>・Suddenly she stood up for the chair.
> のchairはなぜtheなのか?

問題の「彼女は突然いすからたちあがった。」ですので、立ち上がる椅子を暗示的に問題はすでに「取り上げて」います。ですので、問題文ですでに「特定して取り上げ」ているからtheだと、私も思います。

>・He was given a gold medal for his thirty years' service with the company.
>のcampanyはなぜtheなのか?
>が、スッキリしません^^;

問題は「彼はその会社に30年勤続したことによって金メダルを貰った。」
とあるので、「その会社」とすでに問題側が取り上げています。発行者が話題のとき取り上げられています(オリンピックや会社など)。また金メダルに集中したとしても、一般的に手にはいるものではないので、それ自体話題にするとき特定して取り上げるしかありません。

「彼は子供を長椅子の上に寝かせた」が a なのは、問題文に長椅子が何セットあるとか、ソファのどれと指定がないため、一般的に長椅子というものに寝かせただけ、を理解してほしいのでしょう。

同様に、「彼は大学を卒業したばかりだ」は、大学を学校に置き換えると、日本語でもわかります。
「うちの叔母の娘は学校を卒業したばかりらしいよ」
というとき、学校はどの学校か特定していませんので a です。意味は
「うちの叔母の娘は学校というもの(という制度から)卒業したばかりらしいよ」
「うちの叔母の娘はあの学校を卒業したばかりらしいよ」なら、話者は特定していますので the です。

大学も一般的に「大学を出た」という言い方があるので、
He has just graduated from a college.
は、「彼は大学というものを卒業したばかりだ」の意味です。

投稿日時 - 2008-08-17 21:37:52

お礼

解説ありがとうございます。
問題の解答を見たとき
 ・なぜtheなのか?
 ・なぜaなのか?
を考えても、答えが出ないことが多く悩んでました。
結局は、多くの問題に触れ慣れるのしかないのかも知れませんが、今回、解説して頂いた考え方は1つの指標になると思いました。

投稿日時 - 2008-08-18 22:09:34

ANo.2

日本の学校での教えられ方が、多くの学生には逆の解釈に取られているように思います。
それ自体の説明文(冠詞に関する説明)は、理解したあとによめば間違いではないのですが、理解していない人は、いろんなことを考えるので、違う意味取ってしまうのだと思います。

特定できるからthe

わたしはこの説明は誤解を招きやすいと感じます。
むしろ「一般にあるもの」「~というもの」→a として存在するものから、
あるものを「特定して取り上げる」からthe

「特定できる」「特定された」theという言い方は、すでに誰かが特定した、あるいは現象として取り上げられたあとであるなら、間違いではないのですしそのものです。
しかし英語を自ら話すとき(英文をつくるときは)は、まだ誰も特定していません。
その場合、自分から取り上げないといけないため、
しばらくは「あるもの(名詞の物質)を一般のものから(話者が)特定して取り上げるからthe」と覚えておくといいかもしれません。

これは#1の方の本にも、たしかに「名詞につくアクセサリー」と書いてあったと記憶していますが、ではどういう名詞にどんなアクセサリーがつくか、ということですが、たとえば携帯のストラップがあって、ストラップがアクセサリーとします。
テーブルにストラップがならんでいるだけなら a, あるものを取り上げたら the になるとも言えます。
(そして選んだことが、「特定できる」という客観的状況をやっと生み出します)
つまりあなたが(話者が)取り上げるから the になります。

投稿日時 - 2008-08-17 20:02:19

お礼

回答ありがとうございます。
勉強のやり直しを始める前までは、冠詞は「a」を使っていました。
#その時から、theをつける場合と迷っていたのですが^^;

>「特定できる」「特定された」theという言い方は、すでに誰かが特定した、あるいは現象として取り上げられたあとであるなら、間違いではないのですしそのものです。
>しかし英語を自ら話すとき(英文をつくるときは)は、まだ誰も特定していません。
>その場合、自分から取り上げないといけないため、
>しばらくは「あるもの(名詞の物質)を一般のものから(話者が)特定して取り上げるからthe」と覚えておくといいかもしれません。

うーん。何となくはわかるのですが、その場合、
・Suddenly she stood up for the chair.
 のchairはなぜtheなのか?
・He was given a gold medal for his thirty years' service with the company.
のcampanyはなぜtheなのか?
が、スッキリしません^^;
実は、何冊か参考書も購入して読んでいるのですが、同じようにスッキリしないんです。
aとtheの使い分けの英作問題は、比較的分かりやすく間違わないのですが、その他の英作がどうしてもスッキリできないのです。。。

丁寧な回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-17 20:49:00

ANo.1

「日本人の英語」マーク・ピーターセン著、岩波新書
の本を一読する事をお勧めします。
最初の28ページまでで、質問者さんの疑念にスッキリと答えてくれます。

> いつになってもaとtheを間違ってしまいます。

この考え方がそもそも変で、冠詞は名刺におまけにくっつけるアクセサリーみたいなものではないと説明しています。
冠詞はそれによって、後に続く単語に意味的カテゴリーを与えます。
冠詞に単語が続く、くっつくと考える方が自然だとしています。

a, theをくっつける/くっつけないという感覚でなく、

sofa
a sofa
the sofa

は同じソファーでも、別の意味的なカテゴリーを示す単語であると考えては。

--
> 子供を寝かせた椅子は1つだけなのだから、theじゃないのか?
> 話者と聞き手の間で特定できるのでは?

特定できればその通りなのですが、それは明示されていません。
ウチに赤いソファーと青いソファーがあるんだよって話をした結果として特定されるのなら、the red sofaまたはthe red oneなどとすべきですし。
単に形のあるソファーを指す場合は、a が適切って事では。
aだけが正解で他は誤りって事はありえないかと思いますが。

投稿日時 - 2008-08-17 18:55:10

お礼

だとすると、

・Suddenly she stood up for the chair.
 のchairも「a」ではないでしょうか?
同様に
・He was given a gold medal for his thirty years' service with the company.
のcampanyも「a」のように思えてしまいます。

分かっている方には、考え方がおかしく思えてしまいますよね。。。
馬鹿な質問にきちんと答えて頂いてありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-17 20:48:39