こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

リカバリCDしか添付されないマシンをクリーンインストールしたい(not DELL/HP/EPSON)

今目の前に、富士通LIFEBOOKノートがあります。純正XP ProのリカバリCDセット
(5枚組)があります。もちろんこれを入れて真っ当にリカバリすることは
可能ですが、同時に必要のないツール類や古いドライバが当たっていたりします
(そのドライバ・専用ツールの多くは富士通の法人向けサイトや
各チップベンダの最新リファレンスドライバを利用できます)。

そこで、クリーンインストールをしようと思い、1枚目のCDの中身を見ました。
すると、Ghost32という展開プログラムとBIOSチェックルーチンで
イメージをHDDに展開するという方式だと分かりました。そこで、
一旦全てを普通にリカバリした後、C:\Windows\I386以下のファイル全てを
mkisofs/cdrecordでCD-RWに焼きこみ、それを別の母艦PCに移してから
FreeDOSのlbacache(Win98のsmartdrvと同機能)と汎用CD-ROMドライバ
(xcdrom.sys)を組み込んだ1.44MBのブートフロッピーを作成し、
cygwinのddで吸い出してイメージ化し、さきほど用意したI386フォルダと
一緒にCD-RWに焼きこみました。

このブータブルCD-RWでLIFEBOOKを起動し、40GBのHDDを「C:=25GB/D:=5GB」と
分割・FAT32でフォーマットし、後方のD:ドライブにI386フォルダを
全てコピーしました。
(D:\instxp\I386>xcopy /e /h /v W:\I386 .)

WINNT.EXEを叩いて数刻、ファイルコピーも終わり再起動後、妙なことが
生じたのです。DELL/HPの場合、いわゆるリカバリ方式ではなくディスク自体が
OEM(DSP)版XPのようになっているのですが(SP3は自分で当てました)、
他社製リカバリはほとんどがイメージ展開式になっており、実機にて
I386を抽出後、そこにSP3を当てて、さらにWIN51、WIN51IPファイルを
作る必要があるのですが、

インストール後の結果を見て唖然。なんとクラシック表示にしても、
IE6やあのウザいセキュリティセンターの警告が出ないのです!
試しにコンパネからセキュリティセンターをダブルクリックすると、
「そんなサービスないよん」と怒られてしまいます。もちろん、
アクチは通っています(当たり前ですが…)。

SP3適用後の出来上がったISOのファイル自体は、日立も富士通もDELLもHPもEPSONも
大して変わりないのです(640MB前後)。あえて違いを挙げるとすれば、
・DELL/HP/EPSONの再インストールCDで同様の工程を経たときは、ブータブルCDは
あくまでもDSP版XPと同様の起動様式であり、普通にCDからNTFSパーティションが
確保できる(BOOTFONT.BIN/NTLDRその他がある)
・しかし他社製リカバリではイメージ展開式のため、実機にてI386フォルダを
抽出し、その上FAT32パーティションの確保・I386ディレクトリのxcopyは
自前で行ない、WINNT.EXEを叩く必要がある(BOOTFONT.BIN/NTLDRはないので、
自分でDOSのFAT32領域を認識可能なブータブルCDを焼く必要がある)
・そしてここが最大の違いですが、DELL/HP/EPSONのSP3適用CDRでは、
インストール時にSLPキーの入力を求められませんが、富士通・日立など
ではSLPキーの入力を求められます。ここが最大のポイントかもしれません。

ここだけなんですが、事情をご存知の方、よろしくお願いします。
技術的興味でやっていますので、「普通にリカバリすりゃいいじゃん」ってのは
無しでお願いします。

投稿日時 - 2008-08-10 18:50:55

QNo.4241899

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

DELL/HP/EPSONや富士通・日立などメーカー製PCのOSはOEM版ですから
(技術的興味でやること自体も)クリーンインストール以外、出来ないと思います。(I386ディレクトリからプログラムファイルの抽出が製品版OSでないとできない)
OEM版PCで購入時のPC環境と相違する場合リカバリできないことは体験しました。

投稿日時 - 2008-08-10 19:03:39

補足

DELL/HP/EPSONなど大手BTO系PCベンダの提供する「再インストールCD」なるものは、
OEMBIOS.*とSLPキーが違うだけで、実際はDOS/Vパーツショップで
販売されているDSP版のXPPROと変わりません。
各種ドライバ・ツールは別に用意されたアプリケーションCDで
インストールする仕組みです。
富士通・日立・SHARP・松下等のいわゆる国産大手はイメージリカバリ
方式ですので、通常の技術レベルの人間では実機がないと
I386ディレクトリの抽出はできませんね。まあ、某社ノートのBIOSは
ザルなんでDMICFGで書き換えるだけで簡単に化けますがね…。

それよりも、
>クリーンインストール以外、出来ないと思います
は「リカバリは出来ても、クリーンインストールは出来ない」の
間違いですよね?

それから、
>稼動中の実機からはI386フォルダからのファイル抽出は完全には出来ない
という理解でよろしいでしょうか?
だとすれば、C:\Windows\I386から全ファイルをコピーしたつもりでいた
私がかなり愚かだと云うことですね?
この場合、2.5inch to USB2.0ケースなどを介して、母艦PCから
吸い出してやらないとロック状態のファイルは抜けないと。
そういうことでしょうか?

投稿日時 - 2008-08-10 19:44:37

お礼

自己解決しました。結局、なぜか理由はわかりませんが、
XP(2KB)のブートセクタを抽出してNero 8で"No Emulation"で
ブータブルCDを焼いたところ、正常なクリーンインストールが
可能になりました。

勘違いの可能性もあるので、今度I386をベタでコピーして
もう一度挑戦してみます。

投稿日時 - 2008-08-11 09:23:48

あなたにオススメの質問