こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅基礎の施工について

できましたら住宅関係の方、あるいは経験者の方に回答を頂きたいので、よろしくお願いいたします。
 ハウスメーカーの基礎を見る機会があり、数箇所を見学いたしました。いづれもベタ基礎で、コンクリートを2度打ちする現場です。1度目の打設は、スラブ天端まで、2回目は基礎天端までの施工です。ここで質問したいのは、打ち継部のレイタンスの除去をしていないような気が致します。というか、型枠を組んでからはできないでしょうから、してないと思うのです。工務店に勤める知り合いにも聞いたところ、してないとはっきり言っております。住宅メーカーはこんなものでしょうか。
 二つ目の質問は、ベタ基礎の打ち継部は地上であるため、地震などの水平方向の力をもろに受けることになると思うのですが、その際に打ち継部に力が働いた時に基礎に支障はないものなのでしょうか。実際に問題が起きているようなところがないような気もしますので、実際のところどうなんでしょうか。
宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-08-10 18:49:07

QNo.4241889

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

たびたび、水の問題ですか?打ち継ぎにはレイタンスの有無に関わらず大なり小なり隙間ができます。外部側に目地を入れコーキング(シーリングとも言う)を打ち、止水します。どんなに綺麗に打ち継いでも何れ隙間(クラック)ができ、水が入ります。よって打ち継ぎに段差を付けたり、コーキングを打ったりします。

投稿日時 - 2008-08-12 10:02:04

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

レイタンス=不純物ですが、コンクリートを打設する際バイブレーターを掛けるのだが、骨材やセメントよりも不純物が軽い為、浮いてきます。これが表面(打ち継ぎ部分)にある場合はワイヤーブラシなどで除去する訳ですが、無い場合はする必要はありません。またコンクリートは圧縮を鉄筋は引張・せん断を主に担当しています。水平力を打ち継ぎ部分のコンクリートの摩擦に期待する事はありません。ですが、HMは所詮住宅屋です。よく監視する事です。

投稿日時 - 2008-08-11 11:31:26

お礼

ご回答ありがとうございます。
ご指摘のとおり、鉄筋とコンクリートの役割については承知しております。疑問なのは、質疑にある部分の打ち継部にレイタンスが残っている場合、少々細かい話ですが、例えば1度の地震、あるいは長期的に道路に面した場所での活荷重の移動により地盤に振動が伝わると思います。その際に、打ち継部に隙間が生まれ、水の侵入の恐れがないかなと思った次第です。

投稿日時 - 2008-08-11 21:39:18

ANo.3

レイタンス処理に付いては、建築為さる住宅の規模に寄りますが、一般的な一戸建て住宅程度では認識している建築会社も、また施主も少ないと思います。
鉄筋が入っていないのなら、打ち継部に力が働いたときにモロに負荷がかかるでしょうが、それをいなすために鉄筋を入れているのですよね?

さて、うちの場合も処理はありませんでした。
無いと分かっていれば、自分で足付けくらいに言ったかもしれませんが(と言っても、我が家の場合、下記の方法は打設後のちょうどいい時間に雨が降り出したので出来ませんでした)。

ご心配なら、基礎の底板打設後の乾かないうちに、外周部だけでも立ち上がりが乗る部分の表面を荒らす と言った処理を行うのはいかがでしょうか(現場の了解を得てください)。

ちなみに、私がよく参考にしているHPの該当部分を下記に貼っておきます。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/kininaru/01-/18.htm

投稿日時 - 2008-08-11 10:31:35

お礼

ご回答ありがとうございます。質問の仕方が悪かったのかもしれませんが、単純に基礎を拝見する機会があったので、興味本位に見させていただいたのですが、明らかに処理していない状態で型枠が組んであったのです。これらの現場はもう打設されておりますが。
 レイタンス処理は、メーカーがやらないくらいですから素人の施主がわかるはずもなく、ですが一般建築(住宅以外)を行う者は常識的に知っているはずです。しかも、GLから上のスラブ天端での打ち継ですから重要な部分だと認識します。 
 しかし、だからと言って実際にこれが原因で崩壊に至っているという話は聞いたことがございません。

投稿日時 - 2008-08-11 21:28:43

ANo.2

基礎の施工業者が認識不足である事が多いと思います。
レイタンス除去には経費も掛かりますし、工程に無ければやらないのが現状でしょう。
打継ぎ目は処理して縁切にならない様に施工すべきです。
最初のコンクリート打設後、適切な時期に高圧洗浄でレイタンスを飛ばすと宜しいでしょう。
ケレンするより手間が掛からず、効果も期待できます。
型枠等が邪魔になる事が有る場合等も問題が無く作業が出来るでしょう。

一定の知識をお持ちであれば業者にその旨要望して適切な処理をされてください。
業者がその必要性や作業を否定する様な場合は品質管理に疎いと解釈されても致し方ないでしょう。

投稿日時 - 2008-08-11 09:45:45

お礼

ご回答ありがとうございます。
私も回答者様と同じ考えですが、住宅メーカーは必ずしもそうではないようです。というか、ほとんどメーカーは実施していないのではないでしょうか。今まで、当たり前だと思っていたことが、ハウスメーカーは行っていない現実。
 しかし、だからと言って実際にこれが原因で崩壊に至っているという話は聞いたことがございません。

投稿日時 - 2008-08-11 21:13:14

ANo.1

こんばんは。
ベタ基礎で新築したものです。
ベタ基礎の中にはスラブと基礎天端を、一度に打つものもあるようですが我が家は2度打ちでした。
スラブ打ちして1~2日で基礎天端を打っていますが、レイタンスの除去は行っていないと思います。

2006年の11月に基礎工事を行い、2007年3月に震度5強の地震にあっていますが基礎、建物を含めて大丈夫でした。
思うには、本当の意味でのコンクリート一体化はなっていないかも知れませんが、有る程度一体化していて鉄筋も入っているので大丈夫なのではないでしょうか?

下のサイトを参考にしてください。
http://www.ads-network.co.jp/kininaru/01-/18.htm

投稿日時 - 2008-08-10 20:34:37

お礼

早速の回答ありがとうございます。
やはりやってませんか。紹介のサイト拝見いたしました。除去しない場合は1回目と2回目の間に不純物が挟まっていることになるわけですから、おっしゃるとおり一体化になっておりません。従いまして、密実ではないコンクリートになると解釈するのですが。また、正直なところ打ち継部の鉄筋の腐食も気になるところです。
 震度5の地震でもOKですか。打ち継部ぶクラックのような線は入ってませんか?ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-10 20:53:50

あなたにオススメの質問