こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

初心者

現在、23歳の者です。
この度、貯蓄が100万円を超え始めましたので、少しづつですが「貯蓄」から「投資」に資産を移そうと考えています。
ただ、過度な投資はしませんし、生活防衛費は残しつつ投資することを考えています。(当たり前ですが・・・)

さて今回、皆様にご相談したいのは、投資信託に関するお勧めの本、をご教示頂きたく投稿致しました。
お勧めを定義しますと、私は100億稼ぎました、などの系統ではなく、中長期的に資産を形成するポートフォリオの組み方、などの系統でご紹介頂ければ幸いです。
というのも、私は投資などは一切の経験が無く、どの証券会社が自分に適しているのかも不確かです。
ですので、投資の初心者が知っておくべき事、などを掲載しているお勧めの書籍も合わせてご紹介頂ければ幸いです。
以上、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-07-27 23:10:42

QNo.4208753

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

●『投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方』(著)竹川 美奈子

投資信託ということならば、まずはこれ。
日本語が読めて、四則演算さえできれば理解できる程度に分かりやすく説明された良書。
それゆえに、多少簡略化されすぎていたり、強引になっている点はあるが、それでも入門書の入門書としては素晴らしいと思います。


●『【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法』 (著)内藤 忍

投資信託以前に投資全般のことを理解するにはお勧め。「貯蓄から投資」といった時に無条件に投資信託を選ぶのではなく、多くの投資手法を知ってどうしてそれを選ぶのかを考えるべき。


●『お金は銀行に預けるな -金融リテラシーの基本と実践-』 (著) 勝間 和代
●『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』 (著) 勝間 和代

勝間和代さんの本として、(特に若い人には)上の2冊のセットがお勧め。特に年収10倍アップには、より広い意味での投資が書かれているのでこれはいいです。

投稿日時 - 2008-07-29 22:06:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

22人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

はじめまして

>投資の初心者が知っておくべき事

 それは、投資対象のこと。投資信託はまず投資対象のリスクを知って、その次にポートフォリオを考える、という順番です。が、23歳という年齢を考えますと、そもそも投資すること自体に「堅実な投資しかしない」余裕を持つことが大事。そういう意味で、まず、投資などしなくても人間生きていける実例として、次の本。

 筑摩書房 松下竜一著 「底抜けビンボー暮らし」

 そもそも何のために投資するか、投資するとしたら「堅実な投資で十分だ。実は投資に人生の価値などない」と冷静になれる有意義な本であるということでお勧めします。

 で、次に、では「堅実な投資とは何か」を知るために、私は次の本を勉強材料にされ、ゆっくり時間を掛けて投資を学ぶことをお勧めします。

 日経ビジネス文庫 「冒険投資家ジム・ロジャース 世界バイク紀行」
 この本はジムが今から18年前の1990年に世界中をBMWのバイクで走り回って実際に自分の目で投資に値するか否かを見て回った紀行文です。この本に書いてあること、例えば「国債や公益事業株は値下がりするかもしれないが、それらはいつの時代にも基本的には安全な投資であり、堅実な国の通貨も基本的には安全...」等の投資の基本が理解出来ることが必要になります。
 この本で紹介されている日本の状況を読めば、「硬直性と過剰規制で窒息しかけている」という指摘がかなり的確であることにも驚きます。 日本の官僚は国民を子ども扱いしますので、投資に子供が接する前にその毒気を抜いておくことに腐心していますが、現実には毒気=リスクのない投資はありません。

投稿日時 - 2008-07-28 20:00:52

ANo.3

他の方にもお勧めしたことですが、
1.万が一働けなくなって無収入になったとして、1年間生活できる資金を普通預金と中途解約できる定期預金におきます。月20万円で生活できるなら240万円です。
2.残りの金額で、差し支えない範囲で投資を始めます。
何の知識もなしにお金は増やせませんので

お金は銀行に預けるな -金融リテラシーの基本と実践-

著者: 勝間和代 出版社: 光文社 サイズ: 新書
ページ数: 230p 発行年月: 2007年11月
本体価格 700円 (税込 735 円)

という本でも読んでみてはどうでしょうか。
投資とはどんなものか、わかると思います。

投稿日時 - 2008-07-28 16:23:08

ANo.2

こんにちは

まずは、23歳で100万円おめでとうございます。

まず、大前提としてそのお金を1円も減らしたくないとお考えでしょうか?

投資信託は、「元本保証」ではありません。その辺は理解されていると思います。

毎日、価格が変動しています。

投資信託と一口に言っても、様々な商品がありリスクも商品によって違います。

ex)債券型や株式型、バランス型、国内投資や海外投資また、その比率、ファンドオブファンズなど種類が膨大です。

後は、手数料も考慮に入れないといけません。

いろいろ書いてしまいましたが、まずは銀行さんなどの窓口で実際に話をしてみるのもいいかと思います。

証券会社ですが、私はSBI証券(旧イートレード証券)やジョインベスト(野村グループ)に口座を開設しています。

ネット証券会社は口座開設が無料ですので、資料請求をして検討してみてください。

将来的に、「株式投資」などされる予定があるのでしたら手数料などを比較してみてください。

投資信託ではノーロードの商品がいいと思います。

個人向け国債も元本保証ですのでいいのかなと思っています。

私は、書籍は読んでいないのですが雑誌や新聞を読んでいます。

日経、日経ヴェリタス(新聞)、エコノミスト(雑誌)です。

不定期に「あるじゃん」や「日経マネー」も読んでいます。

こういった雑誌や新聞にもいろいろ書いてあります。

最終的には、aidmacrmさんがどの程度リスクがとれるのか?とか何年(何十年)のスパンで考えているのか等によっても変わってくると思います。

投資は、最後は自分で決めて購入した方が絶対いいです。

参考程度に、銀行や証券会社へ電話や訪問して聞いてみるのもいいと思います。(勧められても、すぐに購入せずゆっくり検討してみてください)

おすすめの書籍を紹介できなくてすみません。

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2008-07-28 01:49:56

ANo.1

やっぱり
投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方 (ダイヤモンド社) 竹川 美奈子 (著)
これは、はずせません。
 私は、これを読まずにノコノコ窓口販売の証券会社に行ってしまいました。後悔してます。とりあえず上記の本は絶対よみましょう。

 後、同じ竹川さんは、最近
「しくみ」マネー術 PHP研究所
って本を書いてます。まだ私自身全部読んでいませんが、長期運用の
コツみたいなこと書いてるようです。併せて読んでみてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2008-07-28 00:56:37

あなたにオススメの質問