こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ATP・ADP・AMPについて

ATPをADP(とリン酸)に分解してエネルギーを発生させるというのはよく聞きますが、ADPをAMP(とリン酸)に分解してエネルギーを発生させるというのは聞いたことがありません。
ADP→AMPというのは行われないのでしょうか?また行われないのならばどうして行われないのでしょうか?
ATPは「アデノシン-P~P~P」となっているのでATP→ADP→AMPとやればより多くのエネルギーを発生させられるように思うのですが。

投稿日時 - 2008-07-05 14:29:14

QNo.4153068

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

酸素呼吸をする生物が「発明」した最も高効率なエネルギーシステムであるTCA回路と一連の反応は、ADP→ATP の回路ですから、もしAMPまで分解してしまうと、AMP→ADPでこれが使えません。つまり、糖の持つエネルギを効率よく利用できなくなります。

なぜそのような回路が無いのかと言われても、無いのだから仕方が無いというしかありません。TCA回路では、一連の反応で1molのグルコースから38molのATPができるわけですが、なぜ100molのシステムにしなかったのか、と言っているのと同じです。

投稿日時 - 2008-07-06 21:09:22

お礼

何度もありがとうございます。

やはり、「なぜADP→ATPの回路なのか」はこうなっているのだから仕方がないとしか言えないことなんですね。

投稿日時 - 2008-07-06 23:51:20

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

結局のところ、このご質問は、ATPは不要ではないのかと言うご質問ですか?

投稿日時 - 2008-07-06 10:20:35

補足

質問の趣旨としては「ADP→AMPと分解してエネルギーを発生させることはないのか?またないのならその理由は何か?」ということです。
しかし、回答を読んで、「ADP⇔AMPのサイクルを何故作らなかったのか?」とも思いました。

投稿日時 - 2008-07-06 13:31:14

ANo.2

ルシフェリンは ATP を AMP にするけど, その途中に ADP を通るのかなぁ?

投稿日時 - 2008-07-05 23:38:21

お礼

確かルシフェリンは一気にATPをAMPとリン酸2つに分解するはずです。このこともあって「ATP→ADPとかATP→AMPはあるのにADP→AMPはないの?」という疑問がでてきたわけなんです。

投稿日時 - 2008-07-06 02:22:06

ANo.1

>ATP→ADP→AMPとやればより多くのエネルギーを発生させられるように思うのですが。

本当にそうですか? 使ったATPはADPとなりますので、再びATPに戻さなければなりません。同様に、もしAMPにまで分解してしまうと、AMP→ADPの効率的なサイクルが必要となりますので、トータルで見ると決して効率的とは言えないですね。

投稿日時 - 2008-07-05 22:42:49

お礼

回答ありがとうございます。
AMP→ADPの効率的な合成ができないからという理由になるんでしょうか。
確かに言われてみればそうですね。

でも一から合成する場合(アデニン→アデノシン→AMP→ADP→ATPということ)、ADP⇔AMPのサイクルがあれば最終的に合成すればいいのはADPで、ATP⇔ADPのサイクルでは最終的にATPまで合成しなければいけないわけですから、ADP⇔AMPの方が楽な気がするんですが、どうして実際にはATP⇔ADPのサイクルが行われているのかという疑問が湧いてきます。

投稿日時 - 2008-07-06 02:15:54

あなたにオススメの質問