こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

コカインは何故違法??

INCBなどによって、コカインの栽培と消費を禁止するよう圧力がかけられております。
・これはいったい何故か?
・コカイン塩酸塩ではなく、植物のコカの話である
・医療用・コカコーラの原料には規制はかけられていない
視点のアプローチとして、宗教的理由と経済的理由があげられます。
前者は、キリスト教が昔からコカイン使用を禁じている点、
後者は、コカイン塩酸塩が米国の輸入品である点。
これらについて詳しく知っておられる方、回答をよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-06-19 22:42:10

QNo.4113968

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

コカコーラも出始めの頃にはコカインの成分が入っていました。
しかし、コカインが有害となり世界的に禁止され始めると、コカインを入れることをやめてカフェインの成分が入るようになりました。
だから今売られているコカコーラにはそのような問題は無いですよ。

>製法特許の関係で、精製して麻薬にできるのは北米の企業(マフィア?)だけだそうです。
これは勘違いされていませんか?
マフィアなど闇の組織には特許などの効力は及びません。
また、ちゃんとした企業が麻薬を作ることは有りません。
なので特許を持っているのは麻薬でなく、麻酔薬を作る技術ではないでしょうか?
そしてそういう企業に売るわけでないコカインの栽培はほぼ間違いなくマフィアなどに売られるものです。
ですから、そういう目的のコカの栽培をさせないようにしているのです。

世界的に禁止しているのは麻薬は常習性が強くアルコールなどと違って短期間で人を廃人のようにしてしまい、麻薬を手に入れるために犯罪を起こすようになる。
中毒患者はいくらでも買ってしまうので、そういう裏の仕事をしている人は最初は安くわけて、中毒患者にしたらもの凄い高い価格で売るので、そういう闇の組織の資金源になる。
人のためにも闇の組織の資金源を潰すためにも禁止しているんです。

投稿日時 - 2008-06-24 12:10:28

お礼

私はこちらのニュースを読んで疑問を持ったのです。
http://www.diplo.jp/articles08/0805-4.html
一度読んで知識をつけてみるのはいかがですか?

私が期待する回答はコカインの一般論ではないんですよね…
そんなものはネットを巡回すればいくらでも手に入りますし…
ここでは一般論しか手に入らないみたいですね…
失礼しました…

投稿日時 - 2008-06-25 14:17:50

ANo.1

依存性が高く、それを手に入れるためならどんな犯罪も犯すという冷静な判断が出来なくなる人が多いから。

そして、それがわかっていてヤクザやマフィアなどの闇社会の資金源にされるので、禁止される動きになっています。
医療用の麻酔薬としては必要なのでしっかりした管理の下に栽培されています。
コカコーラの原料とはどういう意味でしょうか?
今販売されているコカコーラにはコカインは入ってないですよ。

アルコールも同じように依存性が有りますが、コカインなどに比べると依存度が低くいので許されているところがあるというのが現状です。

投稿日時 - 2008-06-23 17:26:24

お礼

それは精製されたコカの場合ですよね?
現在のコカコーラにはコカインは入っていませんが、コカの葉由来の
アルカロイドが入っているそうです。(ここが企業秘密の部分?)
作用は分かりませんが、コカインに近い作用があるから使うのでしょう。(三矢サイダーやペプシにない依存性?)

南米を中心に、コカインを「野菜」として摂取する人々がいます。
製法特許の関係で、精製して麻薬にできるのは北米の企業(マフィア?)だけだそうです。
そうすると利害関係がわからなくなってきますよね?何故世界的に禁止するような圧力がかかっているのか?モラルか宗教か?

投稿日時 - 2008-06-24 11:41:05

あなたにオススメの質問