こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クリスタルガラスの鉛

クリスタルのグラスを愛用していいます。無知でお恥ずかしいのですが、クリスタルガラスに鉛が入っている事を最近初めてしりました。

アクセサリーに混入されている鉛などの害が問題になっていますが、クリスタルの鉛の害はないのでしょうか? むしろアクセサリーより、ワイングラスなどは直接口につけたり、飲食物を入れるので、より心配な気がします。

心配になって調べてみましたが、特にクリスタルの鉛の害については問題視されているものは見つかりませんでした。

クリスタルの鉛の害は心配ないのでしょうか? また、心配ないとすればその理由も知りたいと思います。安心してクリスタルのグラスを使用したいので、詳しい方教えていただけると幸いです。

投稿日時 - 2008-06-06 22:54:02

QNo.4080810

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご安心ください。
鉛は、錆び易く、錆びれば無害の酸化鉛になります。
クリスタルガラスの鉛は酸化鉛です。

しかも、実は、鉛は生物の体に無くてはならないものなのです。
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/5f/pd.html

酸化していない鉛を吸入すると蓄積し、後年中毒を起こし、重篤な健康被害を及ぼします。
しかし、鉛は様々な自然食品の中に含まれる成分でもあり、消化器への経口摂取の場合には、安全基準内ならば心配要りません。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/7922_L33_qanda.htm
クリスタルガラスは酸化鉛ですが、仮に鉛が溶け出すとしても、とても0.01mgも溶けることは考えられませんです。

投稿日時 - 2008-06-07 04:54:38

お礼

早速のご回答ありがとうございました。
分かりやすくて参考になりました。経口より吸入した方が危険なようですね。逆かと思っていました。
では反対にどうしてアクササリーなどに含まれる鉛があれほど問題にされるのでしょうか? アクセサリーなど小さく微量に思えるのですが...

投稿日時 - 2008-06-07 08:42:54

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

No.2です。
> 反対にどうしてアクササリーなどに含まれる鉛があれほど問題にされるのでしょうか? アクセサリーなど小さく微量に思えるのですが...

鉛は「接触性皮膚炎」の原因分子でもあります。
また、「接触性皮膚炎」の感受性の高い人の多くは、金属アレルギーを持つ人でもあります。
金属アレルギーの人の中には、非常にアレルギー症状を起こしにくい金属(純金・プラチナ・銀・チタン)にも感応してしまいます。
「接触性皮膚炎」の感受性は正直なところ、現在研究中の項目でハッキリと原因究明が出来ている分野ではありません。
肌の弱い人は、きわめて微量の鉛類などの金属類でもカブレてしまうのです。
しかも、鉛は塗料などにも成分として配合される事のある金属です。
鉛は、野菜などから摂取する量よりも遥かに微量でも、なぜか、「接触性皮膚炎」を引き起こす可能性のある金属でもあるのです。
このため、アクセサリーや幼児のオモチャへの使用が問題視されるのは、ある意味、当然なのだと思います。

投稿日時 - 2008-06-07 10:59:08

お礼

再度のご回答ありがとうございます。
アレルギーを持たないので、ほとんど無関心の分野だったので、分かりやすく説明していただいて参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-07 19:09:53

ANo.1

分子構造が比較的安定しているので、通常の使用では問題になる事はない様ですが、全く出ないとは言い切れないようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9

投稿日時 - 2008-06-06 23:27:20

お礼

早速のご回答ありがとうございました。私もこちらは読んだのですが、どうして問題ないのかもう少し詳しく知りたいし、やっぱり問題があるような含みも感じられるので心配です。

投稿日時 - 2008-06-07 08:33:35

あなたにオススメの質問