こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Take outは和製英語?

高校の英語の先生からTake outは和製英語だから海外では通じないと教えられました。
こちらのQ&Aでも、Take outは和製英語と回答していらっしゃる方をよく見かけます。
確かに調べてみるとアメリカではFor here、イギリスではTake awayの方が一般的のようですが、Take outという言葉が存在しないわけではないということがわかりました。
そこで気になったのが「なぜ"Take out"が和製英語と言われるようななったか」です。
近いうちに海外に行く予定があるので質問させていただきました。
回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-06-05 19:53:42

QNo.4077898

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ファーストフードのように、持ち帰れる出来あいの食べ物のことを、「take-out food」と言うからです。

つまり、日本では、その料理を出す店のことも、その店で売ってくれる料理のことも、その料理を持ち出すという行為のことも「テイク・アウト」と言っているのです。「ねえ、テイクアウトに行って、テイク・アウトをテイク・アウトしようよ」と言っても通じるのです。

一方で、アメリカでは「take-out food」の「持ち帰り」を注文するときに「To go, please.」と言います(「for here」は「ここのため→店内お召し上がり」です)。

また、イギリスなどでは「take-out food」という料理のことも「take away」と言います。ただし、もともと「テイクアウト」という日本語が浸透したのは、1970年頃に、アメリカ資本のファーストフード(具体的にはマックとケンタ)が本格的に日本に進出した頃だったと記憶しています。だから、アメリカで使っていた言葉をそのまま持ち込んで、できるだけ日本人にわかりやすいように、それにまつわるすべての言葉を「テイクアウト」としたのでしょう。

というわけで、海外に行って、料理を持ち帰りたいときに「take out」と言っても“通じない”こともないのですよね。特に、ウィキによると、イギリスやオーストラリアでは「to take out」と一般的に言うそうです。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Take-out

投稿日時 - 2008-06-05 21:32:27

お礼

ありがとうございました。
おかげさまで解決しました。

投稿日時 - 2009-05-15 00:24:32

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

日本語の場合、テイクアウトとは、客が飲食物を店内から持ち出して自宅へ持ち帰るなど店外で食べるシステムを指しています。

英語で「take out」には「外へ出す」「連れ出すなどの意味があるので、日本語で引用しているのではないのでしょうか。
日本で使われる「テイクアウト」の語は飲食物の店外持ち出しを指すことが多いですから

投稿日時 - 2008-06-05 20:03:58

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-05-15 00:23:55

あなたにオススメの質問