こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

証券口座間での譲渡益税差分

証券口座間での譲渡益税差分についてご質問させて頂きました。

2つのネット証券(etradeとorix)に口座を持っており、双方特定口座(源泉徴収あり)で取引を行っています。
今のところ今年の損益について、片方の口座で100万円ほどの損失、もう片方が130万円ほどの利益になっています。
現在は主に利益の出ている口座で取引をしているのですが、10万円程度の譲渡益税差分が何とももったいなく思っています。

双方の損益を合算して確定申告をすれば、差額を還付金として受け取れることは存じていますが、その手間もさることながら、確定申告をして次年以降の扶養手当や健康保険など影響を考えると、せっかくの源泉徴収ありの特定口座なので確定申告をせずに何とかならないか考えております。

双方の口座で反対売買をして相殺するよう出来ないかとも考えましたが、思惑の逆に動いたら、、、など、うまい方法が思いつきません。何でも構いませんので、もし何かお知恵がありましたら教えて頂けないでしょうか?

そんなことを考える暇があったら確定申告したほうがよいとか、その他諸々のご意見でも構いませんので、よろしくお願いします。

ちなみに双方の口座とも信用取引可能で、預け資金は500万円程度です。また、当方はいわゆるサラリーマンの給与所得者です。

投稿日時 - 2008-05-29 19:09:37

QNo.4060220

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 正直なところ専門家ではありませんので、一般論以上のことは責任を持っては申し上げられません。
 今の税務署は基本的には大変親切ですので、問い合わせれば丁寧に教えてくれます。ただ、税に関することは複雑且つここの事情によってさまざまケースがあるため、税務署でも人によって意見が違うことがあります。蛇足ながら企業の脱税報道などもそうした担当官の変更によってこれまでは大丈夫だといわれていたものが急に駄目になって、というケースもあるようです。

 それはともかく、先の回答にも書きましたように株式の所得は「合計所得金額」には合算されるようですのでそうした控除や手当には影響が出る可能性が確かにあります。ただ、参考URL内でもそういう「場合がある」と書かれていますし上記のような事情もありますので、このケースの場合には御確認されないとはっきりしたことは言えないかと思います。
 問い合わせをしたから確定申告しないと駄目だ、ということではないと思いますし。

参考URL:http://www.nikko.co.jp/service/tax_sys/faq/faq_03.html

投稿日時 - 2008-06-02 12:41:33

お礼

再びコメント頂き有難うございます。また、参考URLも示して頂き、有難うございます。

「合計所得金額」には合算されること承知いたしました。これ以上の細かい件については専門家である税務署に確認すべきですね。

ただ、税務署をはじめとするこの手の役所関係はあまり信用していないこともあって、予備知識としてこれまでの情報を生かさせて頂きます。

以上です、m-taharaさん、ass559さん改めてお礼申し上げます。

ps.
結局の私の質問ですが、確定申告する方向にします(確認してから)。
その他、色々考えた候補の一つに、配当金が高そうな銘柄で決算をまたぐよう信用取引にて買建(損口座)・売建(得口座)をそれぞれして、損失口座の方に配当金プラスを狙って、、、、なんてことも思っていますが、株価自体の変動や金利のことを考えたらやっぱりリスクが高いなぁ。。。。小細工は失敗しそうですね。

投稿日時 - 2008-06-02 18:22:21

ANo.2

 給与所得者ということは現状既に所得税や社会保険、厚生年金などお支払いではないでしょうか。
 どなたかの扶養に収まっている程度の収入というのであれば話は別ですけれど、株式の課税は分離課税で他の所得とは合算されませんので健康保険などには影響がありません。
 10万円儲けるのは容易なことではないですし、確定申告なさるのが妥当かと思います。

 特定口座のメリットを最大限活かすなら取引を一社に絞られるのが最善かと思います。複数使うならむしろ源泉徴収無しにしておけば税金を支払うのが年度末、ということになり、それまで資金をより有効に使えます。その分損失が膨らんで支払う税金もなくなってしまった、となりましても当方全く責任は持てませんけれど。

投稿日時 - 2008-05-30 12:33:27

お礼

株式課税は分離課税で、健康保険料などには影響ないとのこと、アドバイス有難うございます。

ご指摘のように、源泉徴収によって所得税や厚生年金を支払っております。このあたりがよく理解しておりませんね。税金を含めて色々と分かっていない点が多そうです。

質問を重ねてはルール違反かもしれませんが、子供が一人おり児童手当を頂いており、ぎりぎり手当がもらえる程度の所得なのですが、こちらには影響する可能性はありますよね。そのほか、株式による「収入」によって影響しそうな税や手当はないですかね。もし、何かお気づきなものがありましたら教えて頂けると幸いです。

特定口座のメリット云々につきましては、今更ではありますが理解できます。もう少し早めに気づかないといけませんね。

投稿日時 - 2008-05-30 18:42:43

ANo.1

>双方の口座で反対売買をして相殺するよう出来ないか

現在、含み損と含み益があり、実現損と実現益もあるんでしょうか?

含み損のある株を、利益が出ている証券会社へ移管(取得価格は引き継げます。)
移管後に売却して実現損を出せば、それまでの実現益と相殺できます。
または逆に、含み益のある株を損している証券会社へ移管して売却。

途中で株価が動くかもしれませんが。。。
たぶん出庫する側の証券会社に手数料を払う必要があります。(証券会社によります。)

すべて実現損益になっていたら、確定申告するよりほかないと思います。

投稿日時 - 2008-05-29 22:21:51

お礼

さっそくのコメントありがとうございます。

ご指摘の含み損益について、現在はほとんどありません。現物株の含み損銘柄についてはご指摘の移管により若干相殺いたしました。

あとは得している証券口座でもっている現物株の含み益を期待して、移管、売却相殺しかないですかね。

投稿日時 - 2008-05-30 18:21:45

あなたにオススメの質問