こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

権利確定日に株価があがることはないんですか?

前にもにたような質問しましたがやはり納得できずに改めて質問しました
権利確定であろうが高配当だそうが株式の売買がなければ株価は維持しますよね?
なぜ翌朝さがるんですか?
やはりザラ場終了時に成り行きで我先にと売り注文がだされて翌朝一番売りまみれで寄りにくいとかなんですか?

よく本などで配当や優待分は下がると買い手ますが私はそうは思いませんが???どうでしょうか???なぜでしょうか?

逆にですが権利確定日前にあきらかな配当目当てなんかで出来高が急増ストップ高なんかになったら私だったらそこで売りはらって権利よりも利確しますが・・・・そちらの策のほうが翌朝の悲劇とはでくわしないから・・・

具体的に答えられる方教えて下さい
まさか誰も売買してないのに優待分数百億円を発行済み株式で割り算して一株あたりいくら翌朝から安くします などといったルールなんてないですよね?  今はこれの理解にかなり苦しみます
権利確定と同時に増益増配過去最大の増益率で自社株買い決定プラス分割なんてニュース入っても下げるんでしょうかね???

投稿日時 - 2008-05-20 03:24:42

QNo.4035601

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

NO.1です。
「数学の公式」この表現使えますね。

権利付最終売買日の終値-1株配当(実績、中間配当ありなら中間配当分)=配当落ち日の理論株価

です。

投稿日時 - 2008-05-21 09:07:31

お礼

ってことは権利確定日の前場開始同時に早く高値で売り抜けた人が一番賢いっことですか?
はやく売り抜けるには権利日の引けで成り行きで売りいれておかないといけないのですか?
はやく逃げる方法教えて下さい・・・あつかましいですが

投稿日時 - 2008-05-22 01:19:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

まず相場の大前提として、株価は常に正しい。間違っているのは投資家だ。
ということです。
株が下がるのは売る人が多いから。上がるのはその逆。それに対して投資家は「下がるのはおかしい、上がるのは信じられない」と考える事自体が間違っています。
権利確定日翌日に下げることが多いのは、多くの投資家が売りたがっている
というだけのことです。
株式の売買が無ければ株価は維持しますが、翌日寄り前に売り気配が強ければ当然下がります。

>逆にですが権利確定日前にあきらかな配当目当てなんかで出来高が急増ストップ高なんかになったら私だったらそこで売りはらって権利よりも利確しますが・・・・そちらの策のほうが翌朝の悲劇とはでくわしないから・・・

あなたがそう思っていても実際に下がっているとなれば、権利確定前に売るより確定後に売りたいと思っている人が多かった、それだけのことです。その事実を株価はありのまま反映しているだけの話です。

>権利確定と同時に増益増配過去最大の増益率で自社株買い決定プラス分割なんてニュース入っても下げるんでしょうかね?

それくらいインパクトがあると下げることは少ないような気がします。
ですが、もし下がったとしたら市場はそれを評価してなかっただけということになります。

投稿日時 - 2008-05-20 11:45:33

お礼

全て結果論であり先なんてはっきり見えないってことですね
確かに貸借銘柄だったら権利確定の日の後場で空売りがものすごく入っってスト安なんかなったらかなり複雑な気がします
確定日すら寄らずに比例配分のスト安なんかは究極パターンだし・・・
一つ変わった質問だしますがいいですか?
権利確定日の前営業日の3時前現在の株価より少し安く売り注文だしたら約定してしまい権利とれずになるのが怖いです・・でも3時1分だと成り行き注文だしてもたくさん集まって売れない日が続くのも怖いです

この場合はどんな対処すればいいでしょうか?

投稿日時 - 2008-05-21 04:17:54

ANo.1

>よく本などで配当や優待分は下がると買い手ますが私はそうは思いませんが???どうでしょうか???なぜでしょうか?

本のように考えて下さい。それが説明なので。

>逆にですが権利確定日前にあきらかな配当目当てなんかで出来高が急増ストップ高なんかになったら私だったらそこで売りはらって権利よりも利確しますが・・・・そちらの策のほうが翌朝の悲劇とはでくわしないから・・・

これは、投資家の自由だから、勝手にそうすればいいというだけです。

株はオークションでしょ。売り手と買い手の合資したところで株価が決まりますね。権利落ち日に、例えば、前日終値2700円、予想1株配当70円の東京電力みたいな安定配当銘柄を想像して下さい。この株を売りたい人がいて、こちらが買うとしたら、「あなたは配当もらえるから、その分安くして」と条件つけます。そこで合意すれば2630円で成立するわけです。売り手は2630円でも利益出ているかもしれないし、それは買い手にはわかりませんが、とにかく合意したところで値段がつきます。
配当・優待より上がったり、権利落ち日なのに逆に上がったりするのは、別な材料があって買いたい需要が多いのだろうと思います。

>権利確定と同時に増益増配過去最大の増益率で自社株買い決定プラス分割なんてニュース入っても下げるんでしょうかね

決算は権利付最終日では出ません。前に言ったかもしれませんが、分割は株価に影響しません。5分割して株価が5分の1というのは当然で、1万円札を2千円札5枚に両替したのとおなじです。

投稿日時 - 2008-05-20 11:35:15

お礼

だいたいわかりましたが本のように理解して下さいでは納得いきません
分割もいまどき好材料にはならないし決算はでませんが何か上方修正はでるかも知れないですね
うーん  いまいちぱっとしませんね
何か権利確定日に出来高無しや多い出来高での終値前日比0円などの例があれば教えて頂きたいものです
わざわざ回答何度ももらって失礼ですがあまり理解できません・・数学の公式じゃないんだし・・本のようにとかだいたいは下がるでは新の理解はできませんでした・・・・ありがとうございました

投稿日時 - 2008-05-21 04:09:42

あなたにオススメの質問