こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

キレート滴定について

マグネシウム塩溶液(0,500mol/)50cm3をEDTA溶液(0,500mol/l)で滴定する時、当量点におけるpMgの値とEDTA溶液を60cm3添加した場合のpMgを求めよ。 
という問題なんですが解き方が分かりません。EDTA溶液を50cm3添加した時が当量点だということは分かったのですが…
どなたか解き方を教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2008-05-19 03:10:39

QNo.4033076

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#1,3ですが、滴定時の「EDTAのY^4-」のモル分率も書かれてないですか。
「α4」などと記載される場合もあります。

投稿日時 - 2008-05-19 16:29:33

補足

そのほかは書いてないんですよね。

投稿日時 - 2008-05-19 22:11:00

ANo.3

EDTAなどによるキレート滴定時には、通常は緩衝剤でpHを一定にします。
そうしないと計算が困難になります。どっかにpH書いてないかなぁ。

投稿日時 - 2008-05-19 12:49:52

補足

マグネシウム錯体の安定度定数は5×108とする。とは書いてましたけど、pHは書いてないですね。

投稿日時 - 2008-05-19 13:08:21

ANo.2

要は、化学平衡の問題ですよね?安定度定数(生成定数)が関係しますよね。
つまり、Mg2+-EDTAの解離平衡の平衡定数から、それぞれの場合の[Mg2+]を計算して、それからpMg=-log[Mg2+]を計算すればいいんじゃないですか。
データは与えられてないんですか?

投稿日時 - 2008-05-19 11:22:33

補足

すいません。マグネシウム錯体の安定度定数は5×108とする。 
って書いてありました。

投稿日時 - 2008-05-19 13:05:15

ANo.1

滴定時のpHは分かりませんかね。これが関係するんですよ。

投稿日時 - 2008-05-19 09:27:12

補足

滴定時のpHってどういうことですか?
EDTA溶液を添加しない場合のpMgのことですか?

投稿日時 - 2008-05-19 11:04:51

あなたにオススメの質問