こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

血液型に関しての質問です。

★血液型にはABO式以外の分類があるのか教えてください。

例として
◎A型とO型の両親の子供は、A型(AO型)かO型(OO型)しか生 まれないですよね?
 この場合、B型は生まれないですよね?
◎O型同士の両親の子供は、O型(OO型)しか生まれないですよね?
 この場合は次の血液型(A型、AO型、BB型、BO型、AB型)  は生まれないですよね?
◎全ての血液型の子供がうまれるケースは両親が
 A型(AO型)とB型(BO型)の場合だけですよね?
●自分は血液型にはABO式で6種類AA、AO、BB、BO、AB、 OOしかなく、その組み合わせで生まれてくる子供の血液型が決まる って思っていました。

先日、友達との会話です。

先日友人が
「両親がA型とO型の子供でもB型が生まれたり、両親がB型とO型の子供でもA型が生まれたり、両親がO型とO型の子供でもすべての血液型の子供が生まれる」って言うので、ビックリして、
私は「両親がA型とO型の子供はA型かO型しか生まれないし、両親がO型同士ではO型しか生まれないよ」って言ったら
友人が「血液型にはABO式以外にも他にも分類があるから色々と生まれる」っていい出しました。
私は「フーンそうなんだと」と流しました。が・・・

どうなんでしょうか?
血液型のABO式以外の分類をどなたか知っている方いらしたら
教えてください。

投稿日時 - 2008-05-17 18:23:42

QNo.4029456

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

血液型の遺伝の組合せはご指摘のとおりです。理科の教科書を読むか、理科の先生に聞けばはっきりとわかります。

さて、科学というのは事実を冷静に告げるだけです。アメリカの遺伝研究の専門家が遺伝研究のためにDNAの提供をしてくれる親子を募集しました。そして多くの人々が科学の発展のために快く協力してくれたのですが、実際調べてみるとDNAが一致しない父子が続出してしまったのです。その研究者が調べてみると、なんと9%もの親子が「本当の親子ではない」と科学的に証明されてしまったのです。
その研究者は悩みに悩んだ末、真実を告げることはやめたそうです。アメリカには「ママのベイビー、パパのメイビー」という言葉があるそうです。

さて、おそらくご友人は何かの機会に自分の血液型が両親とつじつまが合わないことに気づいてしまったのでしょう。そして、お母様がきっとそのような「超科学的な解釈」を伝えたのでしょう。そのご友人は、そっとしておいてあげましょう。それが家庭平和のためです。

投稿日時 - 2008-05-17 21:38:22

お礼

早速の回答有難うございます。
友人の場合はABO式の組み合わせの血液型なので安心して下さい。

自分の周りにABO式の組み合わせ以外の血液型の人なんて聞いた事が無いので、もしABO式の組み合わせ以外の血液型の人がいたらeroero1919さんの御指摘しているケースがほとんでしょね。
でもDNA鑑定は必要でしょうね?!
eroero1919さんの周りにABO式の組み合わせ以外の血液型の人なんていないですよね?!

投稿日時 - 2008-05-18 01:21:37

ANo.2

cisAB型と呼ばれる血液を持つ人に(本当にまれらしい・・・)
現れることがあるようです。(詳しくは検索してみてください。<(_ _)>)

ABO式以外にも、細かいものまで含めると300種類以上の分類方法があるようです。(RHとかHLAとか・・・・)

ちなみに、幼いうちだと血液型が変わる・・・というのは間違いで、
「最初の血液検査の時、本来なるべき血液型の反応が弱く、違う血液型で
判定されてしまうことがある。」とのことみたいです。

http://mathmuse.sci.ibaraki.ac.jp/toshi/ketueki.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B
http://www.nms.co.jp/uso/uso42.htm

投稿日時 - 2008-05-17 18:40:37

お礼

早速の回答、有難うございます。
友人の話は本当だったんですね。ごく稀ににあるのですね。
勉強になりました。
私の周りには、今までにABO式以外の組み合わせの血液型の人なんて居ないので、かなり確率的に低いんでしょうね。
wbhuntさんの周りの人でABO式以外の組み合わせの血液型の人なんて聞いた事ないですよね?!

投稿日時 - 2008-05-18 01:12:52

ANo.1

ありますよ、有名どころではドラマの輸血シーンでからなず出てくる「RH(アールエイチ)方式」ですかね、その他20以上の分類方法が確立されています。

それとABO式の話はあくまで「ABO方式ないだけの話」ですので、RHがどうであってもABOの組合せの問題には関与しません。
なお、ABO方式の組合せはあくまで「基本的には」です。
「シスAB型」や「突然変異」などでABOの組合せではありえない血液型の子供が生まれてくる可能性が「非常に低いですがあります」ので、必ずそうなると言うことにはなりません。

投稿日時 - 2008-05-17 18:29:16

お礼

早速の回答、有難うございます。
友人の話は本当だったんですね。ごく稀ににあるのですね。
勉強になりました。
ドラマ等で主人公が、両親の血液から自分は生まれる事は無いみたいな話がよくあったり、ABO式が当然と認識していたので、
突然変異やcisAB型によってABO式だけでは考えられない血液型の子供が生まれるなんてビックリで驚きました。

でももし、自分の子供がABO式では当てはまらない血液型の子供が生まれたら、DNA鑑定したくなりますよね。
私の周りには、今までにABO式以外の組み合わせの血液型の人なんて居ないので、かなり確率的に低いんでしょうね。
mi-TA-kaさんの周りの人でABO式以外の組み合わせの血液型の人なんて居ませんでしたよね?!

投稿日時 - 2008-05-18 01:07:09

あなたにオススメの質問