こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

本の出版を出版社に打診してみる

代理質問です。

お勉強面ですごいお子さんがいます。
(多分、誰が聞いても凄いと言うとは思います)

そういうお子さんになったノウハウのようなものを出版したい場合、出版社に「こういう子がいて本を出したいのだけど協力してもらえないか」と話を持っていってどうにかなる可能性ってあるでしょうか?

投稿日時 - 2008-05-14 12:23:23

QNo.4021372

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

企画を持ち込むとか、原稿を持ち込むことは出来るかもしれません。
もちろん、話を聞いてもらえるか、採用されるかどうかは分かりませんが。
他にも本を書きたい人はたくさんいるでしょうから・・・・。
「書きたい」という希望を話すだけでなくて、ある程度具体化していないとお話にならないのではないかと思います。
協力を仰ぐのでなくて、売り込みです。
商業的な出版社はボランティアではないので、売れる本を出したいでしょう。
編集者は忙しいから、親切に相談に乗ってくれないと思います。
(実際業界の人に会ったことはありませんが、見聞する様子では)

「原稿を募集しています」という出版社もあるにはあります。
ときどき大手でもやっているかもしれません。
原稿募集は、気をつけないと「実は自費出版で、在庫を抱えて・・・」などということになる可能性もありますが。

こんな記事はいかがでしょうか。
「持ち込み原稿」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%81%BF%E5%8E%9F%E7%A8%BF

持ち込み で検索するといろいろ情報があるようです。
http://www.google.co.jp/search?client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&channel=s&hl=ja&q=%E5%87%BA%E7%89%88%E7%A4%BE%E3%80%80%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%81%BF&lr=&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

投稿日時 - 2008-05-16 16:02:26

ANo.5

>そのお子さんの母親はそういう表現を嫌がりますが

嫌がるのに何故本を出そうとするのですか?

投稿日時 - 2008-05-15 00:06:10

補足

「天才」という表現を嫌がるだけです。
確かに凄い成果が出ていると思うのでそれを本にしたらという事ですが、「天才」という表現は嫌だと、それだけです。
こういう補足要求をされるという事は、本を出すなら「天才」という言葉を使わないといけないとご回答者様はお考えなのでしょうか?

補足いたしましたので、是非質問に対するご回答をお願いいたします。

投稿日時 - 2008-05-15 16:57:19

ANo.4

No3です

>幼稚園年中で英検3級合格です(駄目でしょうか?)
話の例えとして、英検の話を書きましたが
幼稚園年中で英検3級が一般的凄いかどうかと言われれば
凄いと思いますが、
じゃあ天才か?本のネタになるほどか?
というとそうでもないと思います

例えば
5歳男児 英検2級合格最年少タイ記録 誕生日前に通知
http://oiradesu.blog7.fc2.com/?mode=m&no=1570
お気楽英語子育てブログ
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/blog-entry-309.html
ここでは
「2005年一年間で3級に合格した小1は、一人もいない」
ともありますね
どちらにしても、この手の話は、出版して本になるよりも
上記の様なブログで話題になっているネタといえばネタですね

ちなみに上記のブログは
「英検 最年少記録」で検索して上位に表示されたブログです
おなじように
「漢字 最年少記録」とかで検索するといろいろブログ出ると思いますよ

あとは幼稚園時から才能を見せるのは、音楽関係ですね
特に「ピアノとバイオリン」これらは2,3歳から習い始めて
幼稚園年中、4,5歳のときに既に天才は頭角をあらわし始めます

>英語以外の科目で英語よりももっと大きな結果を出しています。
その具体的な「お勉強面ですごい」ものがなんなのか?
それによるんじゃないですかね?

ただどちらにしても、いきなり出版というのは難しいと思います
1、ブログで子育て日記みたいなのを書いてみる
それに魅力があれば直ぐにアクセス数が増えます
逆にアクセス数が少ない場合は、出版しても売れないってことです

2.雑誌にのる
今、現在、子育て系、特に知育系の雑誌としては
下記の2冊が代表的なものだと思います
プレジデント発行のFamily
http://www.president.co.jp/family/backnumber/2008/20080600/
日経キッズ+
http://www.kidsplus.jp/

とりあえずこの2冊を詠んでみて、その2冊に乗る子どもより
「凄い!」ということであれば、「どう凄いのか」を客観的にわかるような
指標とともに編集部に送ってみて「取材してくれ」とお願いする

その延長線上として、本当に凄ければ、子育てノウハウをまとめてみませんか?
という話になる可能性は「まったくゼロとは言えない」と思います

>そういうブログの集まりというのがあるのでしょうか。
とりあえず
ブログ村を紹介しておきます
中でも教育カテゴリ
http://education.blogmura.com/
登録されてるブログの数は少ないですが
早期教育とか英才教育というのもあるみたいですね
子育てカテゴリというのもあります
http://baby.blogmura.com/

投稿日時 - 2008-05-14 17:02:12

お礼

>とりあえずこの2冊を詠んでみて、その2冊に乗る子どもより
>「凄い!」ということであれば、「どう凄いのか」を客観的にわかるような
>指標とともに編集部に送ってみて「取材してくれ」とお願いする

分かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-05-14 17:18:46

ANo.3

こんにちは

可能は可能です

お子さんの年齢がわかりませんが、
今はちょっとした受験ブームなので
小学校受験、中学受験の結果が合った方がわかりやすいし
本の企画としては、立てやすいでしょうね

よくある事例としては
「偏差値40から難関中学に合格した我が家のノウハウ」
的なものです。

逆に「子どもが開成中学に受かったノウハウ」でも
両親が東大、祖父母も東大だったら、
「あ、そう、DNAが違うからね」で本としては面白くもなんともない

どっちかというと
「両親が高卒だけど、慶応大学付属の幼稚舎に受かったノウハウ」
の方が本としては、読んでみたくなります

受験じゃないなら
小3で漢検1級受かりました
小4で英検1級受かりました
みたいな指標がいるでしょうね

「ただ勉強面で凄い」だとよくわかりません

都心の小学生だと、3年の終わりから塾に通いますが
さっそく偏差値ランキングされます
小3の時点で偏差値70を取るような子どもは、もう化け物です
理解不能(笑)

普段はあほっぽいし、教室でもちゃらちゃらしてるけど
試験の結果は、とんでもない結果を叩き出します

ああいう子どもはどうなってるのか、知りたいとは
思いますが、まあちょっと別世界なんだろうな
とは思います。

最近だと出版社へ持ち込むより
ブログとかで人気になって、出版されるということもありますので
そのようなブログをたくさん見てみるのが良いかと思います

投稿日時 - 2008-05-14 12:42:50

お礼

幼稚園年中で英検3級合格です(駄目でしょうか?)
しかし、英語以外の科目で英語よりももっと大きな結果を出しています。
両親も大卒(片方は地方3流私大)ではありますが、早稲田慶応、旧帝大なんかではありません。

ブログをどうやって探せばよいのか分かりませんが、そういうブログの集まりというのがあるのでしょうか。

原稿を先に書かないといけないのか。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-05-14 14:49:51

ANo.2

その話だけ持ちかけても出版社はなかなか相手にしてくれないので、1冊の本にまとまるだけの原稿を用意し、もし出版社が断ってきても無事に出版できるよう自費出版を請け負っている出版社を調べておくと良いでしょう。
自費出版で出した後に、内容が優れていれば教育関係の出版社の目に留まり、改めて…という可能性もあるんじゃないでしょうか。

自費出版ガイド
http://www.jihishuppan.com/

投稿日時 - 2008-05-14 12:37:51

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-05-14 14:43:34

ANo.1

 どうにもならないです、自称天才って言う人が本を出せって話は多くありますので、門前払いですね。

投稿日時 - 2008-05-14 12:36:38

お礼

それは本当に天才(そのお子さんの母親はそういう表現を嫌がりますが)だという実績じゃなかったからではなくてですか?

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-05-14 14:42:20

あなたにオススメの質問