こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

結婚して間もないのですが、離婚を考えております。

昨年結婚し半年ほど一緒に生活をしているのですが、あまりにも生活習慣が異なり、このまま我慢して一生生活をともにしていけるものなのかと悩んでおります。

結婚するまで遠距離恋愛でお互いたまにしか会えず、もっと良く分かり合えるまで付き合うべきだったと思いますが、生活してみると食(料理・及び好み)・会話(噛み合わない)・趣味・夜の営み(楽しくない)が合わない状況です。

私たちは社内恋愛で結ばれた夫婦で、離婚後の会社生活にも支障は出ると思います。

また、社内に私と意気投合できる本当に素敵な方がいて、その人のことを好きになってしまっているのも事実です。

このような状況下のとき、皆様はどのような選択をされますか?

またもし離婚をするとして、どのような苦労があるのでしょうか?

皆様のお知恵をお貸し頂けると助かります。

投稿日時 - 2008-05-11 10:37:05

QNo.4013646

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

最近、私のまわりでも離婚が多いですが、まずはお互いに話し合って、やっぱり合わないと思ったら離婚した方が良いと思います。
嫌なのに一緒に住んでいてもHappyではありませんからね。
次回からは、半年くらい同棲した方が良いですよ。

投稿日時 - 2008-05-11 10:54:12

お礼

早速のご回答有難うございます。

>次回からは、半年くらい同棲した方が良いですよ。
本当にその通りだと思います。

お互い違和感を持ってしまっているのは確かで、結婚前にもっと分かり合える時間を作っとく必要があったと反省しております。

投稿日時 - 2008-05-11 11:07:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

食、趣味は我慢出来ると思いますが、会話、夜の営みは我慢出来ないと
思います、幸い、「まだ半年で」気づいて良かったと思います。

投稿日時 - 2008-05-11 17:38:41

ANo.3

私は結婚して10数年の者です。
夫とはうまくいっている方だと思います。
いまだに休日などは、子供抜きで二人で仲良く出かけたりしますから。
でも・・・そんな二人でも喧嘩はしょっちゅうです。
出かける度に、一回は気まずいムードに必ずなったりしてますよ。
その度に「なんでこんなヤツと結婚なんて・・・」などとフツフツと怒りがこみ上げていたり。
が、なんなんでしょうねぇ、あえて仲直りするわけでもなく、自然と元通りになり、怒りも忘れ・・・そんな繰り返しです。

他人同士が一緒に暮らすのですから、うまくいかなくて当たり前。
それでもお互いが尊重しあえたり、思いやりの気持ちが持てるのであれば、そのまま結婚生活を続ければいいと思います。
そのうち子供ができれば、男女の愛ではなく、「家族愛」や「同志」みたいな関係に変わっていきますから。
でも・・・結婚生活はそりゃ~色々あります。
揉め事やトラブルを乗り越えていけるのは、やはり家族愛があるからなんだと思います。
ただ結婚生活を続けていれば必ず家族愛が生まれる、という訳ではありません。
そこにはやっぱり相手を思いやれる気持ちが必要なんじゃないかと。

質問者さんの新婚生活の中で、全く「楽しい」とか「幸せ」とか思えることが何一つ見出せない、相手を全く思いやれる気持ちがない、というのであれば、離婚を選択するのも有りだと思います。
離婚するなら、まだ子供がいないうちに、早めの方がいいと思いますよ。
離婚をする労力は大変だと聞きますが、今後何十年も納得いかないまま一緒に生活していく苦労に比べれば、楽なもんだと思いますよ。

でも、ご主人とよーく腹を割って話し合ってからにして下さいね。

投稿日時 - 2008-05-11 14:05:47

ANo.2

こんにちは。
離婚は結婚生活との天秤であります。誰しも100%納得でき、フィット出来る感性、生活観、結婚観を持って結婚しているわけではありませんよね。いたとしてもごく少数派だと思います。
天秤にかけてみて、生活を取り我慢なさる方もいます。
天秤にかけてみて、愛情を意地が上回り相手の浮気を許せず別れない方もいます。いろんな理由で別れない方がいるのです。質問者様はどうなのでしょうか。1点優れた理由があるために別れられないのも立派な理由でありますし、逆にここが絶対許せないという点のために別れる夫婦もいます。どちらでもなく日々の積み重ねに耐えかねて・・・と言う方もおられます。
いずれも天秤のバランスがもう取れない状況での離婚です。

わずか半年でこれからのことを考えるなとは言いませんが、危機を乗り越える工夫、努力はされましたか?責めているのではありません。
文章を拝読するにあたり半年で離婚を考え、また新しい男性に目を向けておられるのが少々気にかかります。
質問者様の男性を見る目は十分でしょうか。何か優しいから、うわべ対外的に感性があうから、ではもし離婚成立、再婚となっても実生活に入ると「こんなはずではなかった」となりませんか。杞憂なら良いのですが・・・。男性は気になる女性にはいいカッコしたがるものです。うわべで判断してはいけませんよ。
まず現状回復不可能か、お互いに話し合って修復できそうならそれにこしたことはありません。

離婚の苦労。お子様がいないなら比較的楽に成立するでしょう。別居から協議離婚、あるいは決着がつかず調停委員による調停離婚など、どの程度になるかは分かりません。お子様がいらっしゃるのなら養育費の問題、いらっしゃらなければ離婚の理由をつくった側による慰謝料の支払い、あと財産分与(贈与)、戸籍のこと、名前のこと、住所やその他名義変更の通知、今後の生活保護、今後の生計となる仕事についてなどなど大変な労力、時間を要します。
紙切れ一枚にサインして終わりはドラマだけ。世間の見る目も昔よりマシになったとはいえ、偏見も存在するのは確かです。

どうですか。即決する前に以上を参考に熟慮されることを願います。

投稿日時 - 2008-05-11 11:28:47

あなたにオススメの質問