こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

シリアル接続でログインするための設定方法?

solaris 10 です。
windowsのteratermに反応がありません。
# /usr/lib/saf/ttymon -g -d /dev/ttya
とするとteratermにlogin:と表示
されるので物理的には繋がっているようです。

投稿日時 - 2008-05-10 19:06:13

QNo.4012162

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.2の補足ですが、
Solarisで特に何も設定をいじっていない場合、
基本的になにも設定せずにSerialからログインすることは可能です。

ディスプレイとキーボードが接続されている場合には、
シリアルに出力が落ちてきませんのでeepromの設定が必要になります。
(x86版では必須)

-SPARC
# eeprom input-device=ttya
# eeprom output-device=ttya
元に戻すとき
# eeprom input-device=keyboard
# eeprom output-device=display
-x86(Solaris11/06以降だったかな?)
# eeprom console=ttya
元に戻すとき
# eeprom console=text

投稿日時 - 2008-05-10 23:52:47

お礼

回答ありがとうございます。
マシンはX86になります。

> # eeprom console=ttya
これを設定することで、コンソールがteratermに切り替りました。
※切替ですので当然ディスプレイ装置には出力されなくなりました。

ただ今回は、コンソールの切替ではなく、シリアル接続のログイン端末(teraterm)を追加する方向で考えています。

面倒でしたら概要でもかまわないので「およそ、こんな手順を踏めばうまくいくよ」とか「マニュアルのこの辺りを読めばわかる」なりの手がかりでも結構ですので、教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-05-11 09:27:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

本題に対してではないですが、補足回答です。

>また、恐らくですが、シリアルとディスプレイ同時に起動時のメッセージ出力はできないと思います。(自信なし)

Solaris機器(それ以外でも)では、一般的にコンソール出力は、
一つの場所へしか出力できないです。

ttya側に出力した場合は、Xからコンソールは使用できないはずです。
なので、シリアル側にコンソール出力が出ているときは、ディスプレイ
(screen)には、起動時のコンソール出力は出ません。

投稿日時 - 2008-05-27 11:43:41

ANo.4

ちなみにですが、
# eeprom console=ttya
の設定をして再起動後シリアル側のログインプロンプト画面が表示された状態でしばらく待つと(ログインしていない状態)シリアル側にXが立ち上がった旨が表示されディスプレイにはXでのログイン画面が表示されます。
また、上記の状態でXが立ち上がった状態でもシリアルでログインは可能です。

# eeprom console=textとの違いは、
起動時のメッセージがすべてSerialに出力されるという点のみです。

また、恐らくですが、シリアルとディスプレイ同時に起動時のメッセージ出力はできないと思います。(自信なし)

投稿日時 - 2008-05-17 00:11:43

お礼

シリアル(Not コンソール)端末を追加する方法ですが、とりあえず諦めました。
単純に getty を上げてやれば、シリアル端末が追加できると思ったのですが(linuxなんかですと、そのあたりは簡単に追加できましたのでsolarisも考えたのが甘かったようです。)

色々とご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-05-30 21:34:17

ANo.2

マシンは何になりますか?

Blade100などのDB9pinタイプでは
CiscoのロールオーバーケーブルにCisco付属のDB9→RJ45で接続するか
Sun付属のDB9-RJ45変換を使用し、間をストレートケーブルで接続します。

シリアルがV240などのRJ45タイプであれば、
Serial ttyaに上記のいずれかのケーブルで接続します。

Ultra10などのDB25pinタイプでも
上記と同じでSun本体にRJ45-DB25変換がついています。


Teratem側の設定では、
9600ボー
8bit
パリティ無し
ストップビット 1bit
フロー制御 none
で接続可能です。


余談ですが、Teratermで選択しているSerialポートは
実際にSunとつながっているポートか確認してくださいね。

投稿日時 - 2008-05-10 23:47:20

お礼

回答ありがとうございます。

マシンはX86になります。

投稿日時 - 2008-05-11 08:40:30

ANo.1

「login:」と表示しているならあなたの入力待ちですよね。
だったら、インストール時に設定したはずの「root」あるいは任意のユーザ名とパスワードを入力してもログインできないという意味ですか?

投稿日時 - 2008-05-10 19:26:38

お礼

回答ありがとうございます。

質問が不明瞭ですみません。
知りたいことは、windowsのteratermから、solarisにシリアルケーブル経由でログインするために、solaris側で何を設定すればよいか?です。

*1 手入力でttymonを起動したのですが、これは物理的な接続に問題ないかを確認するためです。
*2 inittabでgettyを起動するのが旧セオリーでしょうが、Solarisの場合はSMFとなっており、そう単純ではなさそうで、マニュアルを見ているうちSMF, SAF, sacadm, pmadm, ttymon と様々なコマンドが出てきて迷子になった次第です。このあたりのページ↓で彷徨っています。
http://docs.sun.com/app/docs/doc/819-0379/modsetup-43877?a=view
状態確認してみると以下の通りでした。
# sacadm -l
PMTAG PMTYPE FLGS RCNT STATUS COMMAND
zsmon ttymon - 0 ENABLED /usr/lib/saf/ttymon #

# pmadm -l -s ttya
PMTAG PMTYPE SVCTAG FLGS ID <PMSPECIFIC>
zsmon ttymon ttya u root /dev/term/a I - /usr/bin/login - 9600 ldterm,ttcompat ttya login: - tvi925 y #

投稿日時 - 2008-05-10 22:42:00

あなたにオススメの質問