こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語の和訳説明

英語訳の説明を宜しくお願いします。
多分、間違っていると思うので動詞の使い方の説明など詳しくしてくださると助かります。

1)
In Japan,forexample, people tend to speak more softly,
and might think that someone who is speaking or laughing
loudly is rude or aggressive.

和訳)
日本の例では人々は誰かが大声で笑い声を上げるのは失礼か積極的
でよりやわらかく話す事を考えるかもしれない事をしがちだ。

2)
Eor example,one of the biggest differences among meny
Western,asian,and African cultures is the use of eye contact.

和訳)たとえば多くのうち西欧、アジア、アフリカの文化はアイコンタクトを使うか一つの最大の違いである。

投稿日時 - 2008-04-16 22:36:14

QNo.3953360

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは!

1)In Japan,for example, people tend to speak more softly,
and might think that someone who is speaking or laughing
loudly is rude or aggressive.

貴訳)
日本の例では人々は誰かが大声で笑い声を上げるのは失礼か積極的
でよりやわらかく話す事を考えるかもしれない事をしがちだ。

○for example は、「例えば」が定訳です。どんな場合でも、そう訳して問題ありません。

○tend to は、「傾向がある」が定訳です。このフレーズを使う心理は、100%に聞えることを避けることにあります。The Japanese are polite. というと日本人全体が一人残らず polite であることになり嘘臭いですね。The Japanese tend to be polite. とやると、無難になるわけです。ですから意訳としては、一般的に言って日本人は礼儀正しい、という感じです。

○aggressive は、「攻撃的な」がすぐに思い浮かぶ訳ですが、このコンテクストではそぐわないですね。自分を強く押しだしてはばからないような態度のネガティブな表現ですので、傍若無人といった訳が適切かと...

【試訳】日本では、たとえば、人々は概してものやわらかな話し方をする面があり、大声で話したり笑ったりする人を、不作法だとか傍若無人だとか思うかもしれない。

2)For example, one of the biggest differences among many
Western,Asian,and African cultures is the use of eye contact.

貴訳)たとえば多くのうち西欧、アジア、アフリカの文化はアイコンタクトを使うか一つの最大の違いである。

○one of the 最上級 + 複数名詞は頻出形で、最も~なものの1つ、と訳して通じます。one of the biggest differences なら、「最大の相違の1つ」となります。


【試訳】たとえば、多くの西洋文化、アジア文化、アフリカ文化の間の最大の相違の1つがアイ・コンタクトの使用の仕方です。

 以上、ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2008-04-17 02:22:56

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

Pole StarIIに登場する英文のようですね。
こんにちは、失礼します。

(1)の問題点は2文が,andでつながれているということです。
people tend to speak more softly,
「人々はやわらかく話す傾向にある」
and might think that someone who is speaking or laughing loudly is rude or aggressive.
この文の主語はpeopleです。might thinkという動詞があるので、,and以降は2文目ということになります。コンマ+andでつながれるときは2文だと考えるのが無難です。
「そして(人々は)大声で話したり笑ったりしている人は失礼であるとか挑発的であると考えるかもしれません」

(2)はamongの使われ方がポイントです。Amongは3つ以上のものの「間に」というときに使われるので、ここでは、
differences ( among many Western, Asian, and African cultures)
「(多くの西洋、アジア、アフリカ文化にある)違い」
となります。

ご参考までに。。。

投稿日時 - 2008-04-17 12:28:57

ANo.3

こんにちは。

私は、文学専門ではないのですが、少し書かせていただきます。

people tend to speak more softly より穏やかに話す傾向がある

someone who is speaking or laughing loudly
大声を出して話したり、笑ったりする人は ~と考えるかもしれません。

rude or aggressive 礼儀知らずか、厚かましい

しかし、aggressive は、私は、「(他人に対して)攻撃的」という訳でもいいと思います。

概ね、日本の社会ではそういうことが多いのではないかと思っています。その内容自体は、個人の感覚の範囲だと思いますが、テレビでも、声の大きな人で、例えば、元議員の浜田幸一氏などは、声が大きいだけではなく、かなり議論好きで、攻撃的な雰囲気を感じています。その訳語に当てられるのは、"aggressive" です。かつてバッシングを浴びていた議員の鈴木宗男氏なども同様で、単なる厚かましさではなく、他人の心の弱さに漬け込む恫喝(intimidate)行為を繰り返してきたのだと思うのです。

私は、全体を見せられずに、今、ここで、即、"aggressive" という語を「攻撃的」という語に置き換えられるとは言いませんが、そういうものが、「攻撃的」という範疇でも良いと思っているのです。そういう感覚は、その人の性格やおかれている立場、性別などによっても、受ける印象が変わってくるのではないでしょうか。

CoBuild:
An aggressive person or animal has a quality of anger and determination that makes them ready to attack other people.

この件については、かつて、有名な英会話の先生の和英訳の問題集に、「彼は、大きな声を出したのを見たことがない」という内容のものが、出てきていました。その先生の解答は、単に、"loud" を使っていたようで、それ以外の解答を不可としていました。「大声を出す」ということに関して、人の性質を述べたときには、えてして、単に発声的なものではなく、その人の感情的な激情性のある行為を含めていることがあるのではないか、と思っています。

別に、ここで、その個々の細かいニューアンスの議論をするべく理由ももありませんが、長年気になっていたことなので、少し述べさせていただきました。ですから、ここは、単に、ネガティブな訳を当てるだけでも十分ではないかと思っています。

なお、2 のほうは、
the use of eye contact : 視線の合わせ方
で良いと思います。

All About用語集 「アイコンタクト」
"日本語では、アイコンタクトとは、相手と視線を合わせることで、スポーツでチームメイトに意思を伝える手段として使われている。"

もしも、こちらのほうで、同様に、「視線を合わせること」が、"aggressive" だとするなら、「攻撃的」という訳を当てても十分ではないかと思っています。私は、ネイティブの人に、そういう説明をしたことがあります。お相撲などでも、力士が、双方で視線をあわせることによって、より攻撃性が高まるわけです。

私は、英語の専門家というクレジットを持ちませんが、そのように考えました。

投稿日時 - 2008-04-17 11:39:16

ANo.1

日本では、例えば、人々はやわらかくしゃべる傾向があり、大声でしゃべったり笑ったりする人を失礼または強引だと思うだろう。

In Japan people tend to ... は「日本人は....」としても良いでしょう。

例えば多くの西洋、アジア、アフリカの文化における最も大きな違いのひとつはアイコンタクトの使い方である。

the use of ... 「。。。の使い方」と訳せばよいでしょう。

投稿日時 - 2008-04-16 23:25:05

あなたにオススメの質問