こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トランスの入力電圧について

今、手元にあるトランスに10Vの交流電圧を入力した場合の入力電流は10mA程度だったのですが、入力電圧を20Vにすると、入力電流が300mA程度まで増加してしまいました。
個人的には入力側のインピーダンスは電圧で変化しないはずなので入力電圧20Vの時は電流が20mA程度になると考えていたのですが、この考えは間違いなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-04-03 09:33:25

QNo.3918011

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

一言で言うと
電圧を大きくする→電流が増える→鉄心の磁力増加が限界になる(BHカーブ)→限界付近では磁力の強さの変化は少ない→という事はコイルの逆起電力が小さい→リアクタンスは逆起電力が原因だからそれが小さいと言う事は大きな電流が流れてしまう・・・というメカニズムです。

http://www.dse.ibaraki.ac.jp/~horiiken/sub/hys.html
このグラフでO~Pに行くと傾きが小さくなります、つまりこれ以上磁化されないわけです。

投稿日時 - 2008-04-03 21:58:33

お礼

丁寧な回答ありがとうございました。
トランスは電気の知識だけでなく磁力の知識も必要になるのですね。
これから、もっと勉強することにします。

投稿日時 - 2008-04-03 23:33:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>入力側のインピーダンスは電圧で変化しないはずなので
いえ、変化します。
ただの空芯コイルであれば、そういうこともいえますが、トランスの場合には磁性体にコイルが巻かれています。これはコイルで発生する磁界と磁束密度の関係が単純にリニアではないので、インダクタンスは条件により異なります。

投稿日時 - 2008-04-03 11:43:16

お礼

早速の回答ありがとうございました。
インピーダンスは電圧で変化するのですね。
今までは、トランスは単なる変圧器というイメージしかなかったので簡単だと思っていたのですが、磁界や磁束密度等かなりの勉強が必要になりますね。

投稿日時 - 2008-04-03 23:30:29

あなたにオススメの質問