こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ガンダムSEED

長文です(^-^;

最近ガンダムSEEDとDESTINYをみたんですが
ガンダムに興味あっても昔の古い絵や色使いとかが
苦手でみれずSEEDをみてガンダムについて
すこし抵抗がなくなりました。

しかしこのSEEDとDESTINY。(DESTINYは結構流してみてしまったけど)
とても内容というかよい作品ではあったと思うのですが
総集編とか回想が多かったり
同じコマを使ったりDESTINYもシンが主役なんだかアスランなんだか
結局キラなんだか。。。笑
SEEDをもっとしっかりアニメにしてほしいですね。
核のこととか遺伝子操作とか「今」のことを書いて
いるのにもったいない。
てかDESTINYをシンから始めるのではなく種のこととか
ちょっとコアなとこを話してくれるのかと思いましたが。。。
と、まあ自分の中で解決していない部分が多々あるので
質問させてください。

(1)結局キラやアスラン、シン、ラクス、カガリに見られる
種は覚醒状態?それともバーサーカーをあらわしてたりするんですか?
そしてなんでそんな種が彼らにあるのか?
それについて詳しく語られている話ってありますか?

(2)あと、ラウルの最後の扉を開くっていったい何だったのでしょうか?
ラウルとムーがお互いを察知することができるのはわかるのですが、
DESTINYではキラとレイが同じようになってたんですけど
それはSEEDのとき戦ったから?
キラを作るために犠牲になった一人だから?

(3)DESTINYでネオ=ムーですがこれはどうしてこうなったのか
話でてましたっけ?

(4)キラは最高のコーディネーターですがその実験(レイがその例なのかもしれませんが)について詳しく語られたりしていますか?

たくさん質問ありますがわかるものだけでもいいので
わかる人教えていただけるとうれしいです☆
長文失礼しました。

投稿日時 - 2008-04-03 00:22:09

QNo.3917482

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

(3)についてですが、SEEDの最後にムウがストライクで防いでいたビーム(ローエングリン)を防いだは良いが機体が耐えきれなくて死んだと思われていたじゃないですか。
あれで実は生きていて、宇宙で流れてたところを、地球連邦の船に拾われて、一命を取り留めたものの、ステラたちに使っていた装置(?)を使われたのか、それとも単に記憶喪失だったのかで、結局ネオ・ロアノーク大佐という、架空人物に仕立て上げられたのだと思います。

自分が知っていることは答えたつもりですが、間違っていたらごめんなさい。では。

投稿日時 - 2009-05-16 21:23:37

ANo.4

(4)についてですが、公式外伝の漫画「機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY」で多少語られています。
メインキャラの一人であるカナード・パルスが、キラと同じスーパーコーディネーターとして産み出されながら能力が目標に届かなかったために、
失敗作として扱われたという過去を持っています。

投稿日時 - 2008-04-13 06:11:41

ANo.3

3について

アニメではネオがムウの記憶を取り戻す時に瀕死のムウとジブリールとの1カットのみ描かれていますが、小説版ではムウはジブリールに記憶操作されたような描写があります。

投稿日時 - 2008-04-03 23:36:22

お礼

やっぱあの1カットのやつが記憶操作だったんですねぇ~
でも普通あの攻撃うけて肉体あるのが不思議ですよね・・・w

ありがとうございます☆

投稿日時 - 2008-04-04 22:34:52

ANo.2

1なんで種われがあるのか語られた回はありません。

2下の方の言うとおり、ザフトの機密だったNJK情報をわざと連合軍に漏らし、お互いに核を保有させることです。
キラとレイのものは、お互いの認識ではなく、
ただの空間認識のイメージだと思いますよ。
あのキラの、ピキーンというのは、空間認識です。

3いかなる経緯でムーがネオになったのかの説明はありません。

4どの程度を詳しく、というのかわかりませんが、
あまり詳しくは説明されていません。
キラは人工子宮で生まれた唯一の人間(コーディネーター)であり、
それまでにいくつもの失敗(つまり大量の命が・・)があったということだけです。
つまりキラこそが、人類の最高傑作、人間の理想とする人間であり、
それを求めたことが長い業と争いの始まりであり、ラウルやレイは、その、「業を背負わされた人間」だといえましょう。

投稿日時 - 2008-04-03 10:42:32

お礼

回答ありがとうございます♪

やはり語られてないとことかあるんですね・・・
そしてあのピキーンは適当に同じやつを使ったって
感じなんですね(・・)
ややこしいなぁ(w

なんだかキラを作るためにたくさんの命がっていうところも
話にしたらめっちゃなけそう。
考えるだけで涙が・・・

ほんとありがとうございました☆

投稿日時 - 2008-04-03 17:10:33

ANo.1

1.「覚醒状態」、いわゆるSEEDの覚醒については、SEED途中のエピソードで少し語られますが、エピソードで触れているのはとても断片的なので、放映された情報からはさっぱり解らないのがホントの所です。
ぶっちゃけて言えば「絶対に勝ってしまうと言う遺伝要素」と言う事で、「何で彼らにその遺伝要素があるのか」については全く触れていません。SEEDの覚醒状態をアンディは「バーサーカー(狂戦士)」と表現したに過ぎません。

2.ラウの「最後の扉」というのは、ZAFT、連合両軍にNジャマーキャンセラー技術を共有させる事で、これによって「核の応酬による人類の滅亡を謀った」と考えられます。
キラとレイで遺伝要素が重複する描写は無く、ラウとムウの共感とは全く別の「適当な描写」です。

3.ネオ=ムウですが、特に「どうして」という描写はありません。

4.キラが最高のコーディネーターですが、劇中で描写されているのみです。ただ、遺伝的に自然分娩は出来ない為(遺伝子がナチュラルな人とあまりに違うので、母体は異物として排除する)、人工子宮を使用した事になっています。
ただ、この人工子宮の研究には、アルダ・フラガ(ムウの父)が資金援助をしており、その交換条件が「アルダのクローンを作ること」でした。
キラの父、ユーレン・ヒビキは人工子宮のテストとアルダの条件を満たす為にクローンを作りました。それがラウ・ル・クルーゼだったんです。レイ・ザ・バレルではなく。
レイ・ザ・バレルは明らかにキラ・ヤマトよりも年少なので、何らかの理由で、ギルバートかラウによって生み出されたと考えられます。

投稿日時 - 2008-04-03 01:37:55

お礼

ありがとうございます~~~~~!!!

まだまだ初心者なものでいろいろ質問してしまってすみません。
やっぱ詳しく語られてなかったりするんですねぇ。

なんか語らないなら語らないでエヴァみたく
もっとわけわからないほうがまだスッキリするのに・・・(w

ほんとありがとうございます☆

投稿日時 - 2008-04-03 17:06:28

あなたにオススメの質問