こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

飛行機の「廃車」

どのカテゴリーに質問すれば良いかわかりませんでしたが、こちらに質問しました。
日本航空のMD81が引退したとのニュースを読みました。
そこで疑問に思いましたが飛行機(特に旅客機など大型のもの)の解体は、日本ではどこでどのように行われるのですか?
アメリカには「飛行機の墓場」があるのは知っていますが日本にはそんな場所はないし鉄道と違い解体する場所はかなり限定される気がするのですが…
以上、教えて下さい。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-04-01 10:11:56

QNo.3912369

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#3です。ここ数年で日本国内で解体された、それなりの大きさの飛行機は全日空のB767-281(JA8254)です。この悲運な飛行機は下地島空港で訓練中に機体を滑走路に擦ってしました。その後、諸般の事情から現地で解体処分されました。2002年のことです。

投稿日時 - 2008-04-01 23:36:25

お礼

詳しい回答ありがとうございました。
日本でも墜落など大事故以外の原因でも国内で解体された例はあるわけですね。昨年、那覇空港で爆発事故を起こしたチャイナエアラインの飛行機は現地で解体されたそうですが、事故機でなくても空港の片隅などで解体が行われるのでしょうか。

投稿日時 - 2008-04-03 21:03:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

回答は出ていますが、日本の航空会社で退役した飛行機が国内で解体されるケースは、ほとんどありません。たとえ、部品取り機材として海外の航空会社に買い取られても、売却先での解体となります。
去年の春まで活躍していた元JALのJA8162も、新しいレジ番号で旅立った後に、エンジンを剥ぎ取られあえなく解体された模様です。

参考URL:http://photosbygeoff.fotopic.net/p46831341.html

投稿日時 - 2008-04-01 22:49:51

ANo.2

>日本航空のMD81が引退したとの
違います。引退したのはMD87。 昨日の南紀白浜→羽田 満員の乗客を乗せてのラストフライトです。
http://www.jal.co.jp/aircraft/conf/m87.html

>飛行機(特に旅客機など大型のもの)の解体は、日本ではどこでどのように行われるのですか?
日本では、まだ飛べる機体を引退させて新型機を配備するので、解体はしません。
外国の飛行機会社に売却するのが常です。

事故機は・・・・・最近墜ちてないから、基本的に修理再使用。

東南アジアに行ったら、元JACのYS11とか、どこだか忘れましたが、元JALのDC-10とか元気に飛んでますよ。

投稿日時 - 2008-04-01 10:28:24

お礼

失礼しました。MD87ですね。
ところで海外に売却された飛行機は「完全引退」となると、どうなるのでしょうか。
日本ではほとんど解体しないけど海外(古くなった飛行機を購入する)では解体するのが一般的なのでしょうか。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-03 21:00:12

ANo.1

日本で飛行機が引退してもそのまま解体という例は多くないです。
アメリカ等の飛行機リース会社に売却されたりすることが多いです。

飛行機は定期点検で部材交換等を(エンジンや機体まで)行っていますので、車の中古車等のイメージを持つと大間違いです。

投稿日時 - 2008-04-01 10:18:07

お礼

2番の方の回答にもありましたが確かに○○国では日本から売却されたYS-11が現役で活躍中、というのを見たことがありました。
基本的には売却されてゆくのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-03 20:56:46

あなたにオススメの質問