こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅取得等資金に係る相続時精算課税制度について

20歳以上の子(受贈者)が、自己の居住用の一定の家屋の取得又は増改築のための資金を親からの贈与により取得した場合には、その親が65歳未満であっても相続時精算課税制度の適用を選択できます。その場合の贈与時の非課税枠は、3,500万円(2,500万円に1,000万円上乗せ)となります。
この制度は、「資金を贈与」してもらった場合だけの制度なのでしょうか?直接、「住宅を贈与」してもらった場合には、この制度の適用を受けることはできないのでしょうか?

投稿日時 - 2008-03-17 14:25:30

QNo.3870522

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

資金に限ります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

延長されるかどうかは、まだ結論がでていないようですが。

投稿日時 - 2008-03-17 15:35:00

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-03-17 18:19:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問