こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

長期前払い費用 決算仕訳について

事務所を賃貸契約しました。敷金として25万円返金なしで支払い、
長期前払い費用として計上、申告時、何年で償却したら良いのでしょうか。仕訳を教えていただきましたら幸いです。

投稿日時 - 2008-03-08 17:14:02

QNo.3844386

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

現在の会計基準においては長期前払費用として計上することになります
さらに敷金で返金のない部分(御質問者様の場合は全額ですね)については基本的には5年の均等償却ということになります。

ですので、支払時には
長期前払費用 / 現金預金 ○○○円

決算時には
敷金償却(長期前払費用償却) / 長期前払費用 ○○○円
となります。

償却時の科目名についてはこれという規定がないかと思いますので、いつも迷いますが、敷金償却等の科目でよいかと思います。

投稿日時 - 2008-03-08 23:14:40

お礼

早速の回答、誠にありがとうございます。
参考になり、確定申告が出来ます。
重ねてありがとうございました。

投稿日時 - 2008-03-08 23:20:46

ANo.2

敷金の全額が返らない契約なのであれば、固定資産でなく繰延資産に計上するのが正しいでしょう。

契約時
〔借方〕繰延資産оооо/〔貸方〕普通預金оооо

決算時
〔借方〕地代家賃ΔΔΔ/〔貸方〕繰延資産ΔΔΔ
または
〔借方〕繰延資産償却ΔΔΔ/〔貸方〕繰延資産ΔΔΔ

償却期間は賃貸契約期間に一致させます。また契約更新時に新たに敷金を要しない契約の場合は毎年20%を償却するのが良いでしょう。

投稿日時 - 2008-03-08 17:46:52

お礼

早速の回答ありがとうございます。
参考になりました。
重ねて御礼申し上げます。

投稿日時 - 2008-03-09 00:19:56

ANo.1

敷金は資産科目(差入保証金)です。償却できません。退去時に処理します。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110620956

投稿日時 - 2008-03-08 17:31:27

あなたにオススメの質問