こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

太陽の燃え方

どういう風に燃えてるんですか?近くでは
凄い音ですか?

投稿日時 - 2008-03-02 21:33:13

QNo.3827329

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「太陽は燃えている」…このような表現がよく使われます。
歴史的にみると、燃料として「木」とか「石炭」が燃えていると思われていた時代もありました。(酸素はどこから供給されていたのかなあ)
ですが、木や石炭だと長い期間燃えてはいられないのです。太陽はずーーっとはるかな昔に「灰」になっているはずだ!なのです。
で、これは燃え方が違うんだ!!となりました。
太陽を含む平均的な大きさの恒星は100億年ほど「熱・光を放出」し続けます。一般には電磁波(赤外線、X線、γ線もあります)が放出されています。

エネルギー発生の、一番簡単な説明は
「太陽の中心部にある水素原子4個がヘリウム1個に変わる(これが「核融合」です)ときの質量減少分がE=mc^2の関係式で示されるエネルギーを放出する」です。
  Eがエネルギー、mは減少した質量、cは光の速度です
* * * * *
太陽の表面(光球=こうきゅう)は約6000K(絶対温度で6000度)で、黒点やプロミネンス等々、時々刻々変化していますから、もし耐熱服を着てマイクを持って太陽にインタビューに行ったとすれば(行けたとすれば)すごい音が収録されるでしょうね。

投稿日時 - 2008-03-02 22:19:05

お礼

参考になりました。

投稿日時 - 2008-03-02 23:16:01

#1のお答え通り核融合で発熱しています。
しかし、近づいても蒸発してしまわなければ音は聞けると思います。多分凄い音でしょう。

投稿日時 - 2008-03-02 21:59:59

お礼

参考になりました。

投稿日時 - 2008-03-02 23:17:03

ANo.1

燃えているのではなく、核融合です。

http://www.eonet.ne.jp/~univers/sun1.htm

投稿日時 - 2008-03-02 21:40:09

お礼

参考になりました。

投稿日時 - 2008-03-02 23:17:27

あなたにオススメの質問