こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学生ができる塾講師・家庭教師の仕事の実態について。

現在高2(新高3)です。
大学に理系(数学系を現在志望)で進学したいと考えていますが、家庭の経済状況より仕送りしてもらうのは無理そうなので、奨学金&アルバイトが必要になってくることになります。
現在、大学受験云々の費用の為に少しでも足しになるようにコンビニで休日にアルバイトしていますが、自給が650円ちょっとで、正直なところお給料はほんのささやかなものです。

ところで、大学生のできるアルバイトとして、塾の講師や家庭教師として働くというのを聞きました。例えば、東京に進学するとすれば、インターネットで検索をかけたところ、東京には
・家庭教師派遣センター HCスタッフ
・株式会社サクシード
・あっぷ指導会
・明光義塾
・進学舎
などなど、あまり聞かないながら非常に多くの企業があるようですが、大学生のアルバイトで自給が1000円以上という、個人的には非現実的な額に少し戸惑いを感じています。
ひょっとして、このような塾などは、採用条件が非常に厳しかったり(やっぱり偏差値の高い大学にいた方が採用されやすいのか?など)する裏があるのではないかと疑ってしまいます。

できる限りアルバイトをするにしても、理系なので、そこまで時間をかけられないと思います。
こういった塾・家庭教師業の実態を知っている方、知っていることをできるだけ詳しく教えてください。
また、効率よく生活費を稼ぐ方法も、自分の実践されている例で構いませんので紹介していただけると幸いです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-03-01 14:04:56

QNo.3823086

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

個人的に一番効率がいいバイトは「飲食店(賄い付)」だと思いますね。

飯はバイト先でタダないし社員割引で食って、お金も入るみたいな。

あとは進研ゼミの赤ペン先生や、Z会の添削講師ですかね。理系で時間が無いのなら、電車の移動中にそれらを添削できるので、割がいいと思いますね。

ただ、数学科って、文系みたいに暇っすよ。普通の理系じゃないですから。実習や実験がないんで、忙しいのは教育実習くらいですし。私のバイト先の相方が学習院の数学科でしたが、「教育実習まで暇だ」って結構言ってましたよ。

投稿日時 - 2008-03-03 13:50:17

お礼

なるほど。参考になるご意見、ありがとうございます!

投稿日時 - 2008-03-04 21:09:57

ANo.9

家庭教師、塾講師の時給の良さは、予習時間も必要だから、と言うこともあります。なので、個別塾ではなく、講義形式の塾なら、時給2000円以上も割と難しくないですよ。

家庭教師は各家庭、各お子さんの進度に合わせてのものなので、効率が悪いです。
ただ、塾講師は、塾によってテキストや進度の違いはありますが、掛け持ちすればするほど、事前の予習時間などの余分な時間は減らせ、2年、3年と続けるほど効率が良くなる商売です。

生徒との関係性など、技量が問われる仕事でもあり、できる人の時給は大学生アルバイトでも5000円を超えます。
また、大学生は、特定の期間、アルバイトをしなくなります。帰省とかテスト期間などですね。この辺の期間を頑張ると、他の人よりも優先的に考えてもらえるようになります。テスト期間などは、普段からしっかり勉強をしていれば、慌てなくても済みますからね。
要は、その教室のメインの講師になれるか、メインの講師の間をつなぐサブになってしまうかで、効率がずいぶんと異なります。便利に使ってもらったために、大学2年~大学院2年までの5年間で小学生~大学受験生まで、すべての教科を教える経験ができました。

私の場合、週8カ所、2コマずつの講義で、時給2300円~3200円、他に穴埋めなどにも入って、15~20万円くらい月に稼いでいました。社会人になった後2~3年までの方が手取りは少なく、苦しかったです。(あまり稼ぐと大学生まで扶養手当がある会社では親の手当が無くなるので注意ですね)
これで理系の院まで自分で稼いで進学できましたので、あまり遊ばずに頑張れば、自力で学費を稼ぐのも国公立大なら普通にできますよ。
遊ぶ時間はありませんが、研究する時間は、基本、昼間は空いていますし、夜中でも実験はできますしね。通勤時間を入れても夕方からの3時間がお金を稼ぐ時間と割り切れば良いんです。

投稿日時 - 2008-03-02 08:05:44

お礼

ありがとうございます。
大学生が月15万以上とは凄いですね。
それぐらい稼げれば、毎日せっぱ詰まった生活を送ることもなさそうですね。

投稿日時 - 2008-03-02 08:37:28

ANo.8

#7ですが、おまけで。

僕も家庭がすごく貧乏で、大学は国公立しか受けさせてもらえず、上京してからもずっと働いてました。
いま振り返って、やってよかったなと思える仕事は家庭教師や塾講師ではありません。
それらは、学んできたものを教える仕事であって、自分が学ぶ物がないんです!
つまらないんで、仕事にも熱が入らず、結局やめてしまいましたが、その後、営業、販売、力仕事、いろんな仕事でいろんなものを学びました。
これらは時給以上のものをもたらしてくれたと思っています。
いろんな仕事が経験できるというのも、学生時代の特権です。

ご参考までに。

投稿日時 - 2008-03-01 23:08:39

お礼

私は、現在の方針としては、大学で少なくとも修士までとり、それから、高専や大学で非常勤講師をやったりアルバイトをしながら生活費を賄い、研究を続け、最終的に高専・大学の数学(これは情報系の数学になったり、物理になったりするかもしれませんが)の任期無しの教授として腰を落ち着ける、というものです。
聞いた話によると、任期なしで半永久的に高専・大学で教授として働けるようになるまでには、相当の労苦と時間を費やすそうですね。
東大でようやく、院を終えて10年以内に安定した研究職に携わることができる人が9割に達するそうです。(だから、まともに上記の考えを実現したいならば、やはり進学先は東大にすべきなんでしょうね・・・)
しかし、生涯かけてこれ(教育と研究)で食べていくことができるならば、これ以上幸せなことはありません。

よって結局、私は数年間siccoさんの様にいろいろなアルバイトを経験することになるでしょう。それは人生経験として、悪いことではないと思います。

文系の人は時間的にも余裕があって、クラブやいろいろな活動で大学生活を楽しめるらしいですね。
しかし、理系で、しかも私やsiccoさんの様に家庭が裕福でなかった場合、そういった楽しさを享受するのはきっと難しいのでしょうね。
それでも私は、自分の夢を実現するためにこれから(まず受験勉強から)頑張っていきたいと思います。
今回は本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2008-03-01 23:43:19

ANo.7

#4の補足です。

仮に、塾講師の時給が1500円だったとしますよね。
でも、何時間もぶっ続けで授業、ってことはなくて、一晩に2時間、もしかすると1時間、てこともありうる。
そうするとその日の稼ぎは1500~3000円、ですよね。
でも、その1500円のために、結局その夜は何もできないわけじゃないですか。
余った時間をなにか他の仕事やって稼げるわけでもないし、友達と飲みに行く約束もできない、デートもできない。
それなら、たとえ時給が低くても、数時間続けてやれば一日の稼ぎはそんなに変わらない、ということを言いたいんです。

もちろん家庭教師や講師の仕事が楽しくて仕方ない、というなら話は別ですよ。

投稿日時 - 2008-03-01 21:35:28

お礼

なるほど。自給が高いからといって、単純に効率良く稼げるとは限らないということですね。
>もちろん家庭教師や講師の仕事が楽しくて仕方ない、というなら話は別ですよ。
人に教えるのは好きですけど、だからといって体力の限界が来てしまってはまずいですしね・・・(汗)

大学に入ってからは、無理でない範囲で(とは言っても、仕送りをしてもらえないので、結構キツい生活になると思いますが・・・)いろいろなアルバイトを経験してみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-03-01 22:36:07

ANo.6

No.2です。補足します。

「土曜日なら塾講師、日曜日なら家庭教師でしょう。」
この理由です。
土曜日の場合:
現在の公立小・中学校は、休みの所がほとんどです。
そのため、塾は平日よりも授業開始が早い場合があります。
つまり、担当コマ数が増えれば、それだけ稼げることになります。

日曜日の場合:
一般的には、塾は日曜日は休講にしています。
(試験前等は、補習をする場合もありますが・・・)
この点、家庭教師なら問題ありません。
ただ、稼ぐのなら、あまり離れていない所を2件位兼任したほうがいいでしょう。

ちなみに、レベルの高い大学だから教え方が上手かといえば、それは違います。
学力だけでなく、教え心や情熱も必要な仕事です。
特に成績が中以下の生徒等は、やる気を出させ、成績を上げるのは容易ではありません。

投稿日時 - 2008-03-01 19:49:57

お礼

なるほど!大変参考になりました。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2008-03-01 22:28:23

ANo.5

#1です。

> これは、具体的にはどういうことでしょうか。授業の準備に拘束される、という意味でしょうか。要因を教えていただけると幸いです。

#3の方も言ってますが,結局2時間ぐらいの指導だとしても,
遠くの家庭まで行って帰ってくる往復の時間をいれたら
とても割が合わないバイトなんだよ。

たとえば,片道1時間としても,往復で2時間,家庭の拘束時間で2時間,それにお母さんにひっかかると30分とか簡単になくなるし,行く前の準備とかでも30分とか簡単になくなるし(ボサボサ頭で行くわけにもいかない)
途中道の渋滞でつかまったらもっと時間かかるし。そう考えると,たった2時間教えにいくのに5~6時間(夜全部)使う気で行かないとならない。それなのに4000~5000円しか稼げないわけでしょ? なら,どこか別のバイトしたほうがマシ。

他の人もコメントしているけど,家庭教師は遠くに行ける人が重宝される。自分は自分家から家庭まで車で1時間半かかったよ。2件掛け持ちだったけど,行った先は中学1年生と大学受験に失敗した浪人生。どちらもお母さんが口うるさい人でホントに疲れたよ。指導終わったあとも茶の間に案内されてお菓子が出て,延々と毎度毎度,お母さんのグチ聞いて。家に返ってたら,ヘトヘト。

それでもそんな貧乏くじ引く気ある? 

投稿日時 - 2008-03-01 17:49:15

お礼

ありがとうございます!
家庭教師業の厳しさ、おぼろげながらわかりました。
塾講師・家庭教師以外になにか、大学生にオススメなアルバイトがあれば、知っている範囲内で教えていただけると幸いです。

投稿日時 - 2008-03-01 18:29:43

ANo.4

大学生のアルバイトとして、塾講師、家庭教師はあまりおすすめしません。

たしかに時給はいいですよ。
でも、たとえば1時間だけしか授業がなかったとしても、その夜は仕事で拘束されてしまうわけですから、無駄が多いんです。
トータルでそんなに稼げるわけじゃない。

もっと大きな理由は、学生時代はいろんなアルバイトをやった方がいいってこと。
店員でも、水商売でも、道路清掃でも、なんでも。
現場の苦労とか、実態とかを知っていると、その経験は社会人になってから活きます。
時給だけに惑わされず、自分を大きくするためにアルバイトを利用する、という考えがいいと思いますよ。

投稿日時 - 2008-03-01 17:05:17

お礼

ありがとうございます。
>でも、たとえば1時間だけしか授業がなかったとしても、その夜は仕事で拘束されてしまうわけですから、無駄が多いんです。
これは、具体的にはどういうことでしょうか。授業の準備に拘束される、という意味でしょうか。要因を教えていただけると幸いです。

投稿日時 - 2008-03-01 17:20:03

ANo.3

元家庭教師派遣会社勤務です。

正直、家庭教師という仕事は『田舎や交通の便が悪いところ』の家庭や、『痴漢や変質者多発地帯の地域在住』の家庭への派遣が多いですよ。

なもんで、『車やバイク所持者』や『遠出をいとまない人』が家庭教師派遣会社的に人気になります。

で、生徒比は『7女:男3』で、先生比は『男8:2女』で、需要と供給が真逆です。

それと家庭教師をいっぱいやりたいなら、『大学周辺だとあまり仕事は回ってきません』大学周辺には塾も個別指導塾もあるため、ギャラが高い家庭教師を雇う家は少ないです。

逆にアクセスが悪いところは生徒が塾に通いにくく、家庭教師も少ないため、家庭教師の需要が高いです。色んな家庭教師派遣先を見てると『またあそこの場所かあ』という感じに思います。

都内だといわゆる下町(足立区?葛飾区?江戸川区)は大学が少ない地域なため、非常に需要が高い地域です。

また、家庭教師を雇う生徒宅の平均的な成績は『五教科180/500点』な中学生が一番多いです。大学生が一番やりたい『高校生の家庭教師』というのはかなり少ないです。

だいたい
中学生>中学受験する小学生(※要中学受験経験者)>補習用の低偏差値高校の高校生>大学受験する高校生
の順です。

比率的には6:3:0.7:0.3かな。

なもんで、だいたい大学生が想像するものとは違いますよ。

家庭教師の先生で一番重宝するのは『車かバイクを持ってて、遠出できるいい高校を出てる中学?高校受験経験がある難関大学在籍の女子大生』かな。

投稿日時 - 2008-03-01 16:27:09

お礼

なるほど、非常に参考になります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-03-01 17:23:20

ANo.2

以前に回答したもののコピーを貼り付けておきます。

塾講師のメリット:
・家庭教師よりは、研修がしっかりしている場合が多く、初心者には向いている。
・一日につき、ある程度まとまった時間勤務できる。
・家庭教師より指導環境、設備環境がよい。(教材、コピー、冷暖房等)
・交通費全額支給の場合が多い。
・得意科目だけ教えればよい。(家庭教師では、複数教科を頼まれることが多い。)

家庭教師のメリット:
・時給が高い。
・塾よりは、休んだ時等の振り替えがきく。
・電話報告、掃除等をしなくてよい。
・(蛇足ですが)家庭によっては、お茶、菓子、食事等が出る。

なお、採用の基準、就業規則は多種多様です。
塾よりは家庭教師のほうが採用はされやすいですが、合わないと思われたら、教師を替えられてしまいます。

補足ですが、土曜日なら塾講師、日曜日なら家庭教師でしょう。

投稿日時 - 2008-03-01 16:13:41

お礼

ありがとうございます、非常に参考になります。
>補足ですが、土曜日なら塾講師、日曜日なら家庭教師でしょう。
これは、どうしてですか?理由を教えていただけると幸いです。

投稿日時 - 2008-03-01 17:17:53

ANo.1

「家庭教師」というのは効率の悪い商売です。
効率的に稼ぎたいなら,他の商売にした方がベター。

基本的に遠くの家庭への派遣ですから,交通費は支給されますが,移動にかかる時間に対価はありません。基本的に家庭での拘束時間だけに払われるものですが,家庭の中には非常に「しつこい」ところもあり,指導が終わったあと,ご両親とくにお母さんが「お食事」と称し,長々と子供の教育の話を聞かされることもあります。お母さんにつきあわされるのは拘束時間ですが,もちろん無給。ビジネスライクに,指導が終わたら,お母さんを振り切って,10分以内に現場を立ち去ることです。そうゆうお母さんのエンドレスな話につきあっていると,あなたは大赤字ですよ。また,家庭教師の宿題を自分の家に絶対持ち帰らないこと。熱が入れば入るほど,こうゆう余計な作業をしがち。まじめな人ほど,こうゆうワナに陥りがちです。

また,家庭教師派遣業の業者もピンから切りまであります。悪質なところもあります。自分は複数の家庭教師かけもちしていたことがありますが,ある家庭から契約を打ち切られたために(それも家庭の自己都合という理由だけでこちらが問題を起こしたわけでない),他の家庭から受け取るお金を「罰金」として減額されたことがあります。どこの会社かは名誉のために書きませんが,非常に腹が立ちました。

人材派遣の一種なので,「効率よく稼げるわけがありません」

投稿日時 - 2008-03-01 14:31:48

お礼

ありがとうございます。
なるほど。家庭教師は個々の家庭の事情に困らされることがあるようですね。

投稿日時 - 2008-03-01 17:26:13

あなたにオススメの質問