こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows XPでのメモリ増設(1GB⇒2GB)について

東芝dynabook PATX/960LS(2006年8月発売)を使っています。
OSはWindows XP SP2、CPUはIntel Celeron M 1.60 GHzで
メモリはDDR2 200ピン S.O.DIMMの1GB(実際は960MB)です。
自分はオンラインゲームをしないし当分はVistaにあげるつもりは
ないので別に1GBで十分なのかなと思っていたのですが、
MPEG-2の動画をソフトウェア(Videora iPod Converter)でiPod
に対応したH.264/MPEG-4へ動画に変換している時に1時間も
かかってしまうので2GBに増設した方がいいのかなと思いました。
しかしあるサイトで「Windows XPで2GBにしても効果は感じない」と
か、「動画変換の高速化はCPUのスペックにかかっている」などと
記載してあったのでメモリを増設する意味はあるのかなと疑問です。
実際のところ、メモリを増設するとPC(Windows XP)の起動や
動画変換や画像編集などの処理は高速化するのでしょうか?
やっぱりマルチコアのCPUじゃないとダメですか、教えてください。

投稿日時 - 2008-02-24 22:30:03

QNo.3806789

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>メモリ増設はWindows XPの起動に効果はあるか?

既に1G積まれてますから効果はないでしょう。オーバーヘッドの増加で遅くなるかもしれません。


>ビデオのメモリを上げたいが、メモリを増設した方が良いか?

最大128MBにすると、1G-128MB=896MBがメインメモリとして残りますから増設の必要はないと思いますが、現状で極端にメモリを消費するような使い方をされているなら増設した方が良いでしょう。


>マルチコアのCPUじゃないとダメか

動画編集に専念させれば(編集中はPCを一切さわらない)シングルコアでも十分ですが待ってる間はヒマですもんね。つい、ネットに繋いだりしますから、そういう意味ではマルチコアの方が有利ですね。

動画編集はNo.2の方が仰ってますように取り扱うデータ量が多いですから、HDDへの読み書きの速度も無視出来ません。低速HDDが搭載されるノートPCでは高速CPU搭載機といえあまり期待しすぎなようにしましょう。

投稿日時 - 2008-02-25 21:30:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

使用用途では、あまりメモリーは関係なく実クロックがものをいいます。

celでは残念ながら厳しいでしょう^^;
(好きなCPUなんですがエンコーは、厳しい)

マルチでもシングル動作でしょうが
シングルとしても高性能なのでCore2でいいと思います。
(設計が違うからね)

投稿日時 - 2008-02-25 10:07:50

補足

ではメモリ増設はWindows XPの起動に効果はありますか?
またビデオのメモリを上げたいのですが、メモリを増設した方が良いですか?

投稿日時 - 2008-02-25 16:14:56

ANo.3

まずは、タスクマネージャのパフォーマンスで、CPUやメモリのソフト実行中の状況を確認することをお勧めします。
マルチコアはソフトが対応していないと、シングルタスクでしか動きません。Core2Duoが登場後のソフトなら可能性はあるでしょうが、マルチコア化で高速化は期待薄いと思います。
CPUがフル稼働が続くなら、クロックを上げるのが一番でしょう。
メモリが最大使用中とか、ハードウェアスワップしているなら、メモリ増設は非常に効果を発揮すると思います。

投稿日時 - 2008-02-24 22:57:26

補足

ではメモリ増設はWindows XPの起動に効果はありますか?
またビデオのメモリを上げたいのですが、メモリを増設した方が良いですか?

投稿日時 - 2008-02-25 16:13:00

ANo.2

動画変換は、とんでもない量のデータを扱うことになります。
正直Celeronでは厳しいと思います。(時間をかければ、不可能ではないです。)
メモリ容量の増設で効果があるのは、スワップ処理を起こしているようなときだと思います。動画変換は、大量データを処理するわけなので、スワップしているような気がしますが、これは1GB増やせばどうにかなるレベルではないと思うし、変換ソフトがそれだけのメモリを使っているかちょっとわかりません。(ディスクに出力しているかもしれないし...)
無いよりはあったほうがいいかもしれませんが...

動画変換で一番有効なのは、CPUクロック数と思った方がいいです。
また、以前は、マルチコアに対応していない変換ソフトが多かったので、マルチコア(またはマルチCPU)よりもクロック数が高い方が有利でしたが、最近の変換ソフトは、マルチコアに対応してきてるかも...(お使いのソフトが対応しているかわかりません。)

マルチコアでクロック数が高いのが一番いいでしょうけど、今度は予算の問題が出てきます。

投稿日時 - 2008-02-24 22:47:23

補足

ではメモリ増設はWindows XPの起動に効果はありますか?
またビデオのメモリを上げたいのですが、メモリを増設した方が良いですか?

投稿日時 - 2008-02-25 16:08:48

ANo.1

動画のエンコードというのは、ただひたすら計算を行っています。
したがって処理の高速化には、メモリやHDDなどはあまり関係なく、とにかく
CPUの能力が高い事が求められます。
基本的にはマルチエンコーディングを行うのでなければ、シングルコアで充分
なのですが、エンコーダによってはデュアルコアCPUでの処理で最適化されて
いるものがありますので、こうしたエンコーダを使う場合には それに応じた
CPUを選択した方が良い場合があります。

投稿日時 - 2008-02-24 22:38:31

補足

ではメモリ増設はWindows XPの起動に効果はありますか?
またビデオのメモリを上げたいのですが、メモリを増設した方が良いですか?

投稿日時 - 2008-02-25 16:16:04

あなたにオススメの質問