こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

工業簿記でわからない部分があったので教えてください。

生産データ
月初仕掛品 200kg(1/4) 月末仕掛品200kg(1/2)
当月投入 2,200kg      減損 200kg
完成品2,000kg
原価データ
直接材料費 月初仕掛品:\440,000
      当月製造費用:\4,400,000
加工費   月初仕掛品:\100,000
      当月製造費用:\4,510,000
質問
(1)減損が進捗度3/4の地点で発生した場合の月末仕掛品の求め方(『先入先出法』)
(2)減損が始点で発生した場合の月末仕掛品の求め方(『先入先出法』)
(3)減損が工程を通じて平均的に発生した場合の月末仕掛品の求め方(『先入先出法』)
(4)減損が工程を通じて平均的に発生した場合の月末仕掛品の求め方(『平均法』)

投稿日時 - 2008-01-25 16:46:12

QNo.3712629

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

いまさらですが、たぶん日商2級レベルの勉強でしょうか。

度外視法ではなく、進捗度を加味した度外視法ですね。
もし厳密な度外視法なら、(4)以外は同じ答えとなりますし、
そもそもこのように問われませんから。

(3)の加工費が違います。
パッと見てわかると思いますが、明らかに値がおかしいですよね。
(4)をの平均法を先入先出に変えただけで、
こんなに差がでるわけありません。

(3)の答えは(2)と同じです。
なぜ同じになるかというと、どちらとも
・減損を個別に把握しない(度外視)
・減損費を月末仕掛品と完成品の両者に負担させる、からです。

たぶん単純な計算ミスではないですか。
加工費100,000をどうやって出したか推測できませんし。

減損の計算方法は、1級勉強してる人でもハッキリ言って
よくわかってない人多いです。
なんでそうやって計算するかも、突っ込んで勉強しないと
理解できないので、機械的に計算方法だけ覚えてしまって
ください。

投稿日時 - 2008-01-26 15:39:15

補足

はい。日商2級の勉強をしています。
(3)をもう一度やり直してみました。式は以下の通りです。
(実際には原価計算表を作って計算しました。)
2,150個(当月投入)-100個(減損)=2,050個
4,510,000(当月投入)÷2,050個×100=220,000
このようになったのですが、あっていますかね?

投稿日時 - 2008-01-26 16:06:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

はいOKです。

おまけですが、
私はこういう問題がでた場合、(2)(3)(4)は
減損量と当月投入量の値を無視して解いてしまいます。

最初に投入量から減損分を控除してしまうため、
いちいち別々に把握する必要がないからです。
 完成品+月末仕掛-月初仕掛=投入量
としてしまいます。

まぁおまけなので、あまり気にしないでください。
じゃあ頑張って2級取ってくださいね。

投稿日時 - 2008-01-26 20:23:19

お礼

ありがとうございました!!
2級とれるようにがんばります☆

投稿日時 - 2008-01-26 20:32:07

パッと解いてお答えしようと思いましたが、
図をいくつも描かないと説明しづらいので。

言葉で短く説明できるのですが、それも
解ける人でないと理解できないような文章なので
意味がありませんし。

具体的にどこのどういう解きかたが理解できないか
補足しないと、回答しづらいと思いますよ。

また、
・度外視法
・進捗度を加味した度外視法
・非度外視法
の3つのうち、どれでしょうか。
3つすべて習ってなければ意味わからないかも
しれませんが。

投稿日時 - 2008-01-26 00:57:04

補足

わかりにくくてすみません。
方法は度外視法です。
自分でやっては見たのですが、答えがあっているかがわからないです。
(1)直材:\440,000 加工:\205,000
(2)直材:\440,000 加工:\220,000
(3)直材:\440.000 加工:\100,000
(4)直材:\440,000 加工:\219,524(小数第一位四捨五入)
直接材料費はすべて同じになってくれたので、たぶんあっているとは思うのですが、加工費の金額はあっているのでしょうか?

投稿日時 - 2008-01-26 13:55:12

あなたにオススメの質問