こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資信託の今後予想

現在所有している投信が大幅に下落して、とうとうマイナスになってしまいました。

さて現在所有の投資信託ですが、

(1)プラスの投信(バランス)
(2)若干マイナスの投信(バランス)
(3)大幅マイナスの不動産関係投信

窓口に相談に行っても、自己責任的なコメントだけで、踏み込んだアドバイスが貰えません!業界関係の詳しい方ならある程度今後の予測が出来ているのではと思います。

個人的には(1)と(2)の投信は継続、(3)の投信は数日・数ヶ月以内に若干(20%位)戻したところで売却(確実にその程度は戻す)と考えています。

今後の投信は若干今の水準から上げて、当分平行線を辿るというのが私の考えです。もし、違う予想・考えの方がいました参考にしたいのでよろしくお願いします。自己責任は十分に承知しております。

投稿日時 - 2008-01-25 00:11:58

QNo.3711106

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今回、アメリカのサブプライム問題を発端にアメリカ株が大きく売られ、そのため、世界的に株価が15%~20%くらい下落しました。

しかし、世界的に見れば、新興国を中心に経済成長は空前の高さを維持しているのも事実です。成長率の高い世界新興国への株式投資は、戦争リスクや地政学上の何らかのリスクがない限り、キープあるいは縮小ですませます。ただ、円高傾向は今後もある程度続くと予想されるので、円高分のリスクを背負っていることを忘れないでください。

日本ですが、3月期にかけて多くの会社が決算を発表します。たぶん、円高、金融収縮で、多くの会社が予想を下回る結果を出すでしょう。つまり、日本株は2008年度上半期は少なくとも12000~13000キープかあるいはもっと下がると踏んでいます。つまり、日本株の売りです。投資信託で仕掛けるなら、14000円代くらいあるいは15000円台くらい戻す場面がありますので、そこで日本株ベアを仕掛けることくらいでしょうか。ただ、投資信託としては、短い期間での取引となります。

REITですが、ワールドREITであれば、即処分を考えるでしょう。日本の不動産市場も芳しくなく、一部を除き、これ以上伸びないでしょう。いずれにせよ、不動産部門は投資信託での長期投資には向いていません。不動産に投資をするのであれば、個別のREIT株に投資をしたほうが、まだましかと思われます。

投稿日時 - 2008-01-25 01:47:20

お礼

貴重なご意見有難う御座います。

>ワールドREITであれば、即処分を考えるでしょう。

日米REITです。多少戻してからと思っていましたが、考えが甘いかもしれないですね!

>日本株は2008年度上半期は少なくとも・・・・・もっと下がると踏んでいます。

かなり渋い予想ですが、確かにその通りですね!
日本株ベアですか、初めて知りました。リスクが大きいようなので、短期勝負だったら面白そうですね。
確かに全体的に上がる要素があまりないように感じます。もっと厳しい目で再検討が必要なようです。自己責任の上参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2008-01-26 00:48:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>今後の投信は若干今の水準から上げて、当分平行線を辿るというのが私の考えです。
>もし、違う予想・考えの方がいました参考にしたいのでよろしくお願いします。

投信と一口に言われても多数あるので、何ともいえません。

最近の株式下落の中で国内債券型は価額を上げました。
株式にしても投資している国によってパフォーマンスは異なります。中国やインドなどが「若干今の水準から上げて、当分平行線を辿る」と安定飛行するとは思えません。

全体的には昨年大きくマイナスとなったREITにしてもオーストラリアのパフォーマンスはよく、オーストラリアの比重が大きいものは最終的に年でプラスでした。REITは過去データも少なく、今年がどうなるかというと予測が難しいです。

海外債券も前年は高金利型のパフォーマンスが良かったですが、それもどこまで続くか怪しいところ。

金やコモディティ投信の動きを読むのは難しそうです。ただ個人的な予想としては下がりそうだと思っています。


投信全体の予測ですが、上のようにタイプによっていろいろ上がったり下がったりという予想ですので、千差万別という回答になります。

投稿日時 - 2008-01-25 19:40:12

お礼

貴重なご意見有難う御座います

自分でもどのような投信を購入したのか良く分かっていなかったので、再度チェックし直しました。債権絡みのバランスが多いようですが、内外の株式・金や資源・オーストラリア関係と様々でした。

当初、利回りが良かったので安心して預けてましたが、一気に利益が吹っ飛びました。市場はやはり厳しいという考えが多い?ようですね。
大事な財産を守る為に、もっと渋めに再検討することが必要なようです。自己責任で参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2008-01-26 01:01:12

ANo.1

>窓口に相談に行っても、自己責任的なコメントだけで、踏み込んだアドバイスが貰えません!業界関係の詳しい方ならある程度今後の予測が出来ているのではと思います。

経済予測や企業予想や売買について予想できれば皆大金持ちです。
予想的中や売買指南なんてプロでもできません。それがことごとく的中できれば大金持ちですから。

それに窓口対応は妥当です。投資は完全自己責任です。

それ以前に投資信託なんてファンドの手数料配分の多い投資に手を出している時点で宜しくありませんね。

要は他人様の資産に関して売買指南なんて誰もアドバイスはできないって事です。

投稿日時 - 2008-01-25 00:25:27

お礼

早速のご返答ありがとうございます。

まさにおっしゃる通りです。しかし、それを理解した上で、もしgaru2さんならどう予測して、どうするか、教えてもらえればと思いました。

質問の仕方が悪かったですね。ごめんなさい!

投稿日時 - 2008-01-25 01:05:03

あなたにオススメの質問