こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

長期借入金利息の決算仕訳について

よろしくお願いします。
法人、第一期決算です。
知人に何度かに分けて、借入金をしています。
その都度金銭消費貸借契約書を取り決めています。
その内の一つを例にして質問です。
100万の借入に対して
第2条(返済期)元金を三年後に第3条で支払い済み以外の残債金額を送金する。
第3条(利息)年3%とし、1年後に以後毎年元金25万円と経過利息を同時に支払う。とあります。
この場合利息は毎年未払利息として計上するのでしょうか、科目は未払費用でよいのでしょうか?
25万円に関しては払えなかった場合どのように処理すればよいのでしょうか?
よろしくお願いします
すいません。文章がわかりづらくて申し訳ないです。

投稿日時 - 2008-01-23 02:53:49

QNo.3705192

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

未払い利息として計上しない方法で毎年行えばそれでOKです。毎年変える方法は許されません。どちらかで継続してください。

投稿日時 - 2008-01-23 07:06:13

補足

回答ありがとうございます。
いつも大変お世話になってます。

未払利息ではなく、未払費用の科目で毎年3パーセントの利息を計上すればよいと言うことでしょうか?
利息の支払いが1年後となっていなければ、三年後の返済日に支払えない場合未払費用計上を立てる。今回の場合、1年後から毎年とあるので、決算の際、一年毎に利息の計上が必要と解釈すればよいのでしょうか?
度々質問ですいません。
25万円は期日に支払えなかった場合、延滞利息ではなく未決済株の転換が取り決められていたようなので、経理上は何もしなくてよいということですね。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-01-23 23:37:58

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問