こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカに負けなければ日本は世界難易の経済大国になっていた?

敗戦でなく停戦で終わっていたとすれば日本は世界一の経済大国になれましたか?

投稿日時 - 2008-01-04 15:29:36

QNo.3649371

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

歴史でもしも話を始めてしまうとキリがないんですよねぇ。
歴史の変換点をどこに置くか、その後の推移をどう設定するかでどんな仮説も立てられますし、それを立証する方法もありませんから、言ったもん勝ちになってしまいますから。

それを踏まえてあえて仮設を立ててみます。質問者さんは「敗戦でなく停戦」とおっしゃるからには、日米戦争が行われる前提でのご質問でしょう。とすると、当時の日本の指導部には明確で統一された政戦略がなく、アメリカに対抗できるだけの鉱工業生産や技術力も持たないまま、名目上(というのは地勢上共同戦線の作りようのない)ドイツ、イタリアと同盟を組んで、英、仏、中、蘭、豪などと共にアメリカをも敵に回しに開戦してしまったわけです。また、ソ連とは中立条約を結んでいたとはいえ、一方でソ連自体ドイツの侵攻を受けているという、はなはだ不安定な状況にありながら、国際情勢や交戦各国の経済情勢の分析もろくに行わず、一部の狂信的な軍部や政治家と、それをおだてるマスメディアに引きずられて戦争をすすめていきました。これでアメリカに対し「勝つ」(究極的には日本が受けたように鉱工業生産力や輸送手段、国民生活の破壊。限定的には、経済的あるいは国際関係の中でアメリカ側が戦争の継続が困難と判断する状況に追い込む)というのは到底無理だったでしょうね。

戦後の日本はアメリカの軍事力の傘の下、経済的、政治的な指導を受けて経済大国になったわけで、決して日本の実力だけでなったとは言えないと考えられます。もし日本が世界の中で「名誉ある地位」を、自他共に認めるような国になれた可能性があったとすれば、近くは日露戦争後~大正デモクラシーの流れの中で、政治や経済、民度を磨くことが出来たかというのが一つの節目、遠くは織豊政権が安定して継続し、積極的に海外交流を進める中で国際感覚を欧州諸国と同時代的に磨くことが出来ていれば、ということになるように思いますね。

投稿日時 - 2008-01-04 16:03:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

あくまでご冗談としては。

(1)戦前の順位のままなら8番目位??
戦前は工業生産とかのデータしかなくて、
現在のGDP基準の経済大国順位は割り出せなかったりします。

マディソン推計の購買力平価GDPのデータでは、
↓こんなものになるようです。
(ただし現在の領土範囲に基づいた算出のようですが)
経済大国=経済の大きさなら人口大国が上位にきます。
豊かさならヨーロッパの小国が上位にきます。
・1900年
1アメリカ 2中国 3イギリス 4インド 5ドイツ
6ロシア(=ソ連) 7フランス 8イタリア 9日本
・1938年
1アメリカ 2ソ連 3ドイツ 4イギリス 5中国
6インド 7フランス 8日本 9イタリア
・1970年
1アメリカ 2ソ連 3日本 4ドイツ 5中国
6イギリス 7フランス 8イタリア 9インド
・2003年
1アメリカ 2中国 3日本 4インド 5ドイツ
6フランス 7イギリス 8イタリア 9ブラジル 10ロシア

(2)妄想としてもやはりプラスにはならないと思われます。
・ベトナムみたいに長い戦争を行ったり、
 北朝鮮みたいに激しい本土決戦を行ったりすれば、
 「敗戦」になっていなくても経済成長が妨げられ貧しくなっている
・アメリカ以上の経済大国になるには今の3倍位の1人当たり所得水準が必要だけど、
 戦前の経済成長率のままならせいぜい今の半分くらい(?)の1人当たり所得水準
・戦後数年で戦前最大の生産力水準にまで回復している
・戦後の経済改革やアメリカからの援助はマイナスにはなっておらず、
 むしろ日本の経済成長の原動力の一部になっている 

投稿日時 - 2008-01-05 11:14:04

ANo.4

これだけだと言葉遊びでしかないですから回答もそれに従うことになります。
日本優位の状況でアメリカが屈辱的な停戦を結んだ結果、日本が世界を征服してしまった。結果、世界で一つしかない国ですから、当然世界一ですとか、そういうことでよいのでしょうか。
他には例えば、負けなかった=共産革命が日本でも起きていたので、やっぱり無理でしたとか。あるいはその結果、ソ連に占領されたままで、戦後は酷かったけどソ連崩壊のおりそのままロシアの一員となっており、今は資源大国となっちゃいました。経済的にはまだまだですが将来的にはありえるかもとか。
実は停戦になったのは火星人が攻めてきたからで、まだ戦争中ですとか。でも欧米が火星人の植民地になっているので実質(地球人国家としては)世界一ですとか。
停戦できたのは中国が早い段階で降伏した結果で、今でも日本は軍事国家ですが、中国の資源を生かして超大国になっています。ただ最近は漢民族の独立運動が盛んでやばいですとか。

投稿日時 - 2008-01-05 01:35:05

ANo.3

無理です。
そもそも、日本の経済力は日米開戦当時でもたいしたレベルではありませんでした。経済構造の次元がアメリカとは違いすぎました。
アメリカに勝つという事がそもそも不可能ですが、もしアメリカとの戦争を回避できたとしてもここまで発展できたとは思いません。
アメリカに負けて経済構造を一から作り直したからここまでこれたと考えるべきです。

敗戦後アメリカへ視察に行った企業や役人たちは、アメリカの生産力(全自動で行なわれる大量生産のノウハウ)の凄まじさに、『自分たちはこんな国と戦争をしていたのか』と度肝を抜かれたそうです。
そしてアメリカの真似をしまくって、アメリカの技術を大量に大幅に徹底的に導入して日本なりに修正して経済構造を作り変えたからジャパンアズナンバーワンと呼ばれるところまで成長できたのです。

投稿日時 - 2008-01-04 17:16:16

ANo.1

どうでしょう。
軍部が解体されずに残ってしまうことを考えると、その可能性は薄いような気がします。

投稿日時 - 2008-01-04 15:48:57

補足

軍需産業がそのまま進歩していたのでは?

投稿日時 - 2008-01-04 15:51:29

あなたにオススメの質問