こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

シュラフカバー→ゴア?その他の防水透湿素材?

こんにちは。
これから冬山をやろうと思い、冬山装備をそろえている最中です。

先日、モンベルのULアルパインダウンハガー#1を買い、今度はシュラフカバーを買おうと思っています。
ですが、シュラフカバーの素材をどうするかで今迷っています。

多くの方がゴアのものをお勧めされますが、その理由のひとつとして「透湿性」があげられるかと思います。透湿性のない素材では、シュラフとシュラフカバーの間に汗がたまってシュラフが濡れたり、凍りついたりする、と。
ですが、行動時に着るレインウエアなどなら激しく汗をかく可能性もありますのでより高い透湿性が必要かと思いますが、眠るときに発散される水蒸気程度であれば、ゴアとまでいかなくとも、もう少し性能のおとる他の素材(ドライテックやウェザーテックなど)でも事足りるのではないか?というのが私の一つ目の疑問点です。

ただ、雪洞で使用することも考えると、こんどは「防水性」が重要になってくると思います。判りやすい表現として、「テント内に水がたまるような状況であればゴアテックスの40,000mmという防水性が必要だろうが、水滴がぽたぽた落ちる程度であれば10,000mmくらいでも充分」などと聞いたことがあります。10000mmは大袈裟にしても、たとえばブリーズドライテックなどは防水性25000mmで透湿性に関してはゴアより高いくらいですが、25000mmでは雪洞で寝る際やはり心もとないのでしょうか。これが2つめの疑問点です。

要は、多少値がはっても絶対ゴアにすべきか、あるいはその他の防水透湿素材でも実は充分なのか、そこが知りたいと思います。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2007-11-28 19:32:32

QNo.3554671

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 Jagar39です。
 サイズまで詳しく考えたことはなかったので、調べながら考えてみました。

 基本的にはシュラフの横幅よりシュラフカバーの横幅が広い場合に「適合している」と考えるべきでしょうけど、ことはそう単純ではなさそうです。

 まずシュラフのカタログサイズが、どういう状態で測定されているデータなのか、という問題です。
 スタッフバッグから出したばかりのシュラフはペラペラで、この状態では保温性は皆無に等しいのですが、しばらく放置すると空気を吸って膨らんできます。この状態がシュラフ本体の保温性を発揮できる状態なので、シュラフカバーによってロフトが押さえ込まれてしまうと保温性能がスポイルされてしまうわけです。
 なのでもしカタログのシュラフのサイズが、ロフトが最大限に発揮された状態の数値なら、シュラフカバーのサイズはぴったり同じでも良いような気がします。
 でも、ペラペラの状態の数値なら、3~4cmは余裕がないと苦しそうですね。

 ちなみにモンベルで調べると、#1の各モデルのサイズは以下のようになっています。
UL.ALPダウン  213×86cm
UL.SSダウン   208×102cm
SSダウン   208×102cm
  SSバロウ   213×102cm

 これに対し、シュラフカバーのサイズはこんな数値です。
ノーマル    225×84cm
ワイド     225×94cm

 ちなみにイスカの場合はノーマルもワイドも数値は同じです。
イスカ     209×87cm

 イスカの場合は最大幅(肩幅)は同じで、肩から胴にかけてを幅広く作っているので、カタログ上は同じ数値になるのだそうです。

 というわけで、このあたりから「カタログの数値だけでは判断できない」という結論が見えてくるわけです。

 また、モンベルのシュラフは内側にゴムが入っていて、それが縮むことによって「内側にロフトを稼ぐ」設計になっています。ULフルパインはスーパーストレッチではありませんが、それでもゴムは入っているのでやはり内側にロフトを稼げます。
 そうなると基本的には、シュラフカバーに圧迫されることによって損なわれるロフトの影響は、イスカなどよりモンベルのシュラフは少なそうです。

 さらに、シュラフカバーは単にシュラフより大きければいいというものでもなくて、あまりに余裕があるとシュラフとシュラフカバーの間に空気層ができてしまい、却って寒くなってしまいます。シュラフを圧迫しない範囲で適度にタイトな方が暖かいでしょう。シュラフカバーの生地自体に保温性はほとんどなく、シュラフ内部の熱を逃がさないためのシェルという役割が、保温性に関してのシュラフカバーの役割ですから。

 というわけで、もう数値では判断できないので、素直にメーカーの推奨したものを買う、というのが正解な気がします。
 ちなみにイスカでもモンベルでも、ノーマルとワイドの重量差は30g以下です。この重量差なら迷わずワイドでしょう。
 それこそ「数値」だけを見る限り、UL.ALPダウン#1にはイスカのワイドがジャストフィット、という気もするのですが、あまり当てにはならない気もするし、素直にモンベルの適合表を見てモンベルのワイドにするかもしれません。
 モンベルのシュラフカバーにはULモデルがあって、ワイドでも200g切っているという驚異的な軽さです。私ならこれにします。
 夏場にシュラフカバー単体で使うことを考えるとULは2レイヤーなので他のモデルということになるのですが、冬山でしたらこちらの方が良いですね。

投稿日時 - 2007-12-01 13:53:38

お礼

何度もありがとうございます。
実は、早まってライペンのGTXシュラフカバー(ノーマルサイズ)を注文してしまっておりまして、この間ためしにシュラフを入れてみました。そうしたところ、シュラフが圧迫されるようなことはなくすっぽりと入ってしまったんです(カバーの表示サイズ215cm×85cm、シュラフの表示サイズ213×86cm)。
ですから、表示サイズは適応を考える上で結構参考になるかと思います。無論、メーカーによってもサイズの測り方は違うと思いますが。

モンベルのU.L.シリーズですが、200gをきっているというのはブリーズドライテックのものですね。どうやらモンベルでは、GTXのシュラフカバーにワイドサイズの展開は無いようです。そしてモンベルのほうでも#1にノーマルサイズを推奨していないので、モンベルのいうことを素直にきくとしたらブリーズドライテックを選ばざるを得ないようですね。

ただ、Jagar39さんがおっしゃるようにブリーズドライテックのU.L.カバーはワイドでも190gと非常に軽く、コンパクトになるので、ライペンのものを返品してそれにしようかと考えています。

色々ととても勉強になりました。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-12-03 13:45:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

 再びJagar39です。
 大事なことを書き忘れていましたが、シュラフカバーを購入する時は必ずシュラフとサイズを合わせてください。
 というのは、#1あたりだとかなりのロフトなので、標準サイズのシュラフカバーを買うとシュラフがシュラフカバーに押さえ込まれるような状態になり、本来のロフトが発揮できずに保温性能が低下してしまうからです。
 モンベルでもイスカでも、シュラフカバーには標準サイズとワイドがあると思います。#1のシュラフだとワイドのシュラフカバーが適合すると思います。シュラフとシュラフカバーが同じメーカーだと、ちゃんと適合表があるので安心して選べます。

投稿日時 - 2007-11-29 23:15:57

お礼

アドバイスありがとうございます。
質問になってしまうのですが、もしよろしければ教えていただけないでしょうか。
サイズについては、シュラフもシュラフカバーも「○○cm×○○cm」と表示されていると思います。この数値を参考に考えればいいのでしょうか。
たとえばタテもヨコもシュラフとカバーが全く同じサイズだった場合、「適合している」と思っていいのでしょか。
また、たとえばヨコかタテの長さがシュラフより1cm程度短いカバーなどでは、たとえ1cmであっても保温性能は著しく落ちてしまうのでしょうか。

といいますのも、冬山ではよりコンパクト化、軽量化をはかったほうがいいのではないかと思うのです。アライテントのシュラフカバーにも普通サイズとワイドサイズがありますが、普通サイズのカバーは#1とくらべてタテの長さは2cmほど長く、ヨコの長さは1cm短くなっています。ですがワイドになると重量が100g以上増加するんです。それでもやはりワイドのほうがいいのでしょうか。

投稿日時 - 2007-12-01 12:25:21

 人間は動かずに寝ていても身体から水蒸気を放散しているので、シュラフカバーの透湿性能は非常に重要です。どんなに透湿性能が高い素材のものでも冬山では結露はしますし結露すれば当然凍るのですが・・

 私は今は冬山はやらないのですが、学生時代は厳冬期の北アルプスに2週間くらいの山行はしていました。当時はゴアのアウターは高くて買えず、シュラフカバーとオーバーミトンだけが手持ちのゴア製品でした。
 ただ、そのゴアのシュラフカバーも、現在のものより半分ほどの透湿性能しかない旧世代ゴアテックス製品だったにも拘わらず、結露したという記憶はほとんどありません。首周りの部位などは呼気の影響で結露しましたが。
 なので現行のゴア製品で激しく結露するというのは私には解せませんね。シュラフが暖かすぎて汗をかいてるのでは・・・?私の学生時代はペラペラの化繊シュラフで夏山から厳冬期まで全てこなしてましたから・・・

 ゴアテックスと他素材の透湿性能の違いですが、ウェザーテックについてはよく判りませんが、現在モンベルから出ているブリーズドライテックについてはまったく同等です。
 現にモンベルはシュラフカバーのラインアップをほぼ全面的にブリーズドライテック製品にしてしまいましたし、メーカーとしても自信があるのだと思います。

 防水性については、「防水性素材」でありさえすれば気にしなくて良いと思います。
 45,000mmという耐水圧は、早い話40mの水圧に耐えるという意味です。これが25,000mmだろうが10,000mmだろうがレインウエアやシュラフカバーとしての実用性にはまったく影響がないでしょう。

 というわけなので、私ならむしろ積極的にブリーズドライテックの製品を選ぶと思います。

投稿日時 - 2007-11-28 23:20:18

お礼

貴重なご意見ありがとうございました。
やはり、色々な方の体験談をうかがっていると、透湿性はかなり重要なファクターになってくるようですね。防水性よりむしろ透湿性がどうかが決めてとなってくると考えていいのでしょうね。
ブリーズドライテックはそういった点で、ゴアテックスより割安ですし、良いかも知れないな、と思っていました。最近は色々な会社が防水透湿素材を出していて、いいものも多いので悩みます。ゴアテックスだけに目を向けていれば良い時代ではなくなってきていますよね。

投稿日時 - 2007-11-29 12:42:40

ANo.1

 どの程度の冬山へ行くのかわかりませんが、八ヶ岳やアルプスの2000~3000mぐらいでしたら、ゴアをお勧めします。そもそもどんなに透湿性があっても八ヶ岳や北アルプスでしたらシュラフとシュラフカバーの間は凍ります。何日も過ごせばもうビショビショです。日本の冬山ではテントだろうと雪洞だろうと濡れます。1泊ぐらいなら大丈夫ですけど・・・。
 ゴアのテントならまだマシですが、ナイロン地のテントだと、朝起きると霜がびっしり付きます。よって少しでもマシに過ごすためにより良いモノをお勧めします。
 ただし、先に述べたように2000~3000mで何日も過ごす場合ですが・・・。

投稿日時 - 2007-11-28 21:13:25

お礼

経験者の方からの説得力のあるご回答、ありがたいです。
一応、冬期南八ヶ岳の縦走など考えていますので、何日か過ごすことも充分ありうると思います。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2007-11-28 21:55:42

あなたにオススメの質問