こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「エスカレーターの歩行禁止」 どう思いますか?

goo のニュースで、横浜市営地下鉄がエスカレーターで歩く事を今秋から全面禁止にしたとありました。

理由としては 「横に並んでいたら、後から来た人に邪魔だと言われた」 と苦情があったからだそうです。

でも 「横に二人並んだら、後の人の邪魔になる」 と考えなかったのかなと思っています。 それが社会常識というか、マナーではないのでしょうか? あるいは苦情を申し出た人は、生まれて初めてエスカレーターに乗ったのでしょうか?

実は私も毎日の通勤で駅のエスカレーターを歩く事にしています。 乗る電車がホームに入ってきたのに、歩きもせずにエスカレーター上でジッと動かないというのは精神衛生上良くないからです。 ボーッとしていると電車が行ってしまいますからね。 もちろん歩く時は手摺に軽く手を添える事にしています。

昔ヨーロッパを旅行した時なんですが、ほとんどの国では日本と同じようにエスカレーターの片側を歩くサラリーマンが多かったと記憶しています。 日本だけではないわけです。

一方、日本の建築基準法の規定でエスカレーターの幅を1.1m以内にする定めになっていて、人間二人が歩くのには狭すぎるし、そもそもエスカレーターという昇降機は歩く事を想定していないからというのが理由になっているようです。

それなら法を改正して幅を1.1m以上にすればいいわけだし、また「歩く事を想定していない」 と主張していますが、そもそもそんな想定をしなかった設計者が馬鹿だと思います。 暇人ばかりがエスカレーターを利用するわけではないですからね。

要は 「機械の方に人間の行動を合わせろ」 と言っているわけで、本末転倒のような印象があります。

それに事故発生も、主な原因は幅が狭すぎるからだと思います。 狭い所を抜けようとすると、どうしても不安定な体勢になりますからね。

たとえばロンドンの地下鉄のように昇降のスピードを上げれば歩かなくてもイライラする事はないでしょうが、これも日本では 「安全第一」 という錦の御旗があって多分法律で禁止されているでしょうし、場所によっては本当に遅いエスカレーターもあります。

皆さん、エスカレーター上を歩くのをどう思いますか?

投稿日時 - 2007-11-27 11:32:15

QNo.3550686

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(54)

ANo.54

回答数があまりにも多いので、また来ました。

何だか随分と小難しい屁理屈をこねる意見もあるように感じました。

どうも、いわゆる「歩く派」には、歩いて利用する人たちは社会的弱者に
対する思いやりが無いとか、歩いていて、もし転げ落ちたら下の人に危険
を及ぼすとか、誇大妄想的発想からの意見に固執しているようです。 
人権とか社会的弱者という言葉を使えば何を言っても許されると誤解して
いる人が多いと感じました。

質問者さんの言いたい事は、「歩いて上りたい人」は「歩きたくない人」の
迷惑にならないように歩けばいいし、「歩きたくない人」は「歩く人」の
邪魔にならないように立っていればいいし、それだけの話でしょう?

それで何か問題があるのなら、規格を変えればいいというだけの話でしょう? 
何が不満なんでしょうね?

誰も「歩きたくない人」の権利を侵害しているわけでもないし、逆に「急ぐから
道を空けてほしい人」の権利を侵害しているのは反対側の人のはずです。 
他人の邪魔になっているという事を理解しない人が増えましたね。
「空気が読めない」とかで、KY という表現が生まれたのも無理ないですね。


私は数多くの国を旅行しましたが、質問にあったように世界中どこの
国のエスカレーターも同じような利用方法になっていたと記憶しています。 
特にターミナル駅や空港のエスカレーターはみんな急いでいましたよ。

私もロンドンに数回旅行しましたが、ロンドン市民はせっかちですら、
エスカレーターで横に並んだりすると、後ろから 「オホン!」 という
咳払いをされますよ。 どうも気付かずに他人の迷惑になっていたよう
です。 
恥ずかしい思いをしました。 どこも同じようなものですね。 

誰かが言っていたように「歩けばもっと早く上に上れるじゃん」と感じる
のは国籍を問わない、人間がもつ素朴な感覚だからです。

ただ日本のエスカレーターの幅はそんなに狭くないように感じます。
自己主張ばかりして、他人の迷惑を考えない人間が多くなったから、そ
う感じるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-12-05 10:32:26

お礼

有難うございました。
私が本当に言いたかった事を代弁して頂いたような気がしています。
おっしゃるように、誰も他人の権利を侵害する事は出来ないという事です。 一方の意見だけを取り入れるのは、技術的に全てやり尽くした後にすべきだと思います。 鉄道会社ってズルイですよね。
何も指導しないで、結局は利用者どうしの争いにしているような印象があります。

これ以上開いていても、議論が変な方向に行くような感じがしますので、この辺でアンケートを閉じたいと思います。

この場をお借りして、多くの貴重なご意見に感謝したいと思います。 有難うございました。

投稿日時 - 2007-12-05 10:47:57

ANo.53

>ただ、どうなんでしょう、首都圏の利用者で歩いて上る人はそんなに数が少ないですか? 肩身が狭い思いをしていますか? 歩かないで止まっている人はみんな迷惑千万に感じているでしょうか?

全国何処でも特に都会では歩く人は多いと思います。
特に通勤時間は。
ですが、何度も記載しますが歩く人がたくさんいて多数になろうと間違いは間違いだし、勘違いは勘違いですよ。

そして止まっている人の全てが迷惑に思っているってのは大袈裟です。少なくともこれからゆっくり乗れると安心はする方が居るんじゃないですか?自分の物差しだけで考えると視野が狭くなります。
もし自分が止まっていて横を歩かれても邪魔にならないけど?って考えでしょ?私は肩幅広くがたいが良い方なので止まっていると後ろから来れば横にならなきゃならないのです。逆に歩く時は結構避けながら上ります。重い大きな荷物を持って止まって使用している時には後ろから来た人間に舌打ちされると『なにか?』って訪ねます。私の体格見て喧嘩売ってくる人間はそう居ないんですけど(汗)エスカレータを本来必要としている人間が快適に使用出来ない事実があるんでよ。それが現実です。

>エスカレーターに乗って何気なく歩いてしまうのは、せっかちな気質の関西人に多いかも知れません。

関西人否定では無く、そんな気質が多い或いは少なくないって表現かも知れません。全国で比較する参考にはならないと思いますよ。

>これを東京と大阪の違いだけで結論づけるのは違うように思うのですが ・・・

そんな事言ってません。逆に関西はこうだから関東でも考え直すべきって事が違うと思うのですが?

 
>「前の人が転げ落ちたら、どうする」というご意見もありましたが、あれだけスムーズで無振動で滑り上がるエスカレーターのステップを安全に上下できないほど足腰が弱い人は、片側で止まっていればいいわけですから、この意見は少し違うなと感じています。

それがご自分の物差しでしか計ってない言葉なんですよ?
お年寄りなんか真っ直ぐ立てない、狭い通路なんか危険で私の職場でも歩く十分なスペースがあるのに机とかにガンガン当たってきます。腕が曲がらないお年寄りだって居るでしょう。手摺に手をかけて腕がこれ以上曲がらないから多少端から離れて立っていたら後ろから歩いてくる人間にとっては邪魔で『なんでもっと端に立たないんだ』って思いますよね?でもこれってお年寄りが悪いの?本来そういう弱い人に活用してもらう為の昇降機であって急ぐ人の昇降機では無いはずです。

>最初から「いかなる理由があろうとも、エスカレーター上を歩くのは許さない」と決めてくれていれば、こんな混乱は起きなかったでしょうね。

私はそんな最初から歩行禁止と決めつける必要性は無いと思います。
モラルをもって使用していれば全面禁止にもならなかったはずです。
勘違いした人間が多くなったその結果、禁止にしないと判らない状態になってしまったのだと思いますよ?みんなが混乱しているわけではないですよ?勘違いしている方がなんで?共存出来るようにしたら?って不服に思っているに過ぎないだけです。

百歩譲って迷惑に思っている人が少ない状態でも、困っている弱者が存在するなら改善して当たり前だと思いませんか?

歩行禁止は困る事じゃなく楽が出来ないってだけの話です。

投稿日時 - 2007-12-04 17:42:50

お礼

何度もお答え頂き、有難うございました。
ご意見を伺って、「歩くのは迷惑」とされる理由のほとんどが、私は何度も指摘したエスカレーターの幅の狭さにあるように感じました。
今の狭い規格だと、どうしてもそういった不具合やトラブルが起こりがちだと思います。 そこなんですよね。 幅を広げるといった簡単な事で随分と利用者どうしの関係が変わると思うし、頭から「歩くのは悪だ」と決め付けられる事もなくなるように思うのですが ・・・

鉄道会社やメーカーとすれば、幅を広げるとかステップの形状を再考するとか、改善の余地は腐るくらいあるはずです。 それでも尚且つどちらかに不利益があるのなら、そこで初めて歩くのは危険だと決めればいわけですから ・・

投稿日時 - 2007-12-05 09:58:06

ANo.52

関西人から一言。

関西人と一つに括ると大阪以外の地域の方が「うちはそんなにせっかちじゃない」って言われるかもしれません。

関西(大阪)がエスカレータを歩いたのが発祥みたいに書かれてますが、歩く際に左を空けるようになったのが大阪万博の時だったってだけで、何もせっかちという理由だけで歩いたんじゃないと思います。

もし万博当時が最初なら関西以外の地域からたくさんの人が来ていると思います。関西人のせいだけじゃないと思うのですが・・・。

まぁ大阪の人間はマナーやルールを守らないってイメージが着いてしまってますから仕方ないんでしょうね。

ちなみに私が通勤使っているJRの路線ではエスカレータは左を空けるアナウンスも貼り紙も無いです。エスカレータもここ数年でようやく設置され始めた駅が増えてきました。エスカレータが無い駅も結構まだまだあります。

 歩いても良いエスカレータを開発するのは時間もお金もかかるだろうし(実際開発しているのか、する気があるのかはわかりませんが)、現状どうすべきかって事じゃないでしょうか。歩いてはいけないエスカレータなら、歩かない。とりあえずはそう対処していくしかないと思いました。

投稿日時 - 2007-12-04 16:27:26

お礼

有難うございました。
関西人はマナーが悪いとか常識が無いとか批判が多いように思います。東京にもそんな人が多いのにね。
エスカレーターに限らず、すごい偏見が東京の人にあるように感じました。

投稿日時 - 2007-12-05 09:48:15

ANo.51

ずっと見てました。
歩く方の主張、止まる方の主張。
人間楽したいので要望はたくさんあるでしょうし、それに対応していたらきりがないですよ。
私も歩きますけど、止まっている方に迷惑がかからないように、『申し訳ございません横を失礼します』って思いで歩いています。それが普通だと思いますよ?

ANo.50さんは歩く派だそうですが、初めて歩く派で共感出来た意見だと思います。共存の必要性は無いですよ。理由はANo.50さん記載の通りです。歩く事は楽で禁止されるのは残念ですが仕方ないんじゃないでしょうか?勘違いしている人間が多くなりすぎた報いです。

近年、川崎駅でやっぱり歩くのに邪魔だと口論になり背負い投げで人を殺してしまったヤツが居ましたよね?今までが中途半端過ぎたんですよね。歩くのが常識って思ってしまって居る方も実際多いと思いますよ?

「小さなお子様をお連れの方は2列に並んで手をつなぎ、お子さんは中央側へ」ってのがエスカレーターの乗り方なのをご存じでしょうか?
『歩くのに邪魔だ』って意見は根本的にそれを否定しているし、荷物もある、子供もいる親の心中は歩く人間をどう思っているか考えた事おありでしょうか?

急ぐなら階段を使う。
エスカレーター使うなら止まってルールを守る。

正しい使い方をすれば口論、殺人なんか発生しないし、『歩行禁止』と決めてしまえば勘違いは居なくなるでしょう?

なぜ歩けるように規格を・・・法律を・・・って考えが自己中心的な考えなんだと思いますけど。

歩く人がたくさんいて多数になろうと間違いは間違いだし、勘違いは勘違いですよ。


>となると東京のやり方が正解で、関西の人間はみんな馬鹿で間違っているという結論になるのでしょうか。 

土地柄そうじゃないですか?関西人に間違いだなんて言ったら怒るだろうけど、間違いだと思います。決めた人間も生粋の関西人でしょうし、反対する人間が少ないのも関西ならではなんじゃないですか?

テレビとかでも横断歩道の信号を守らない映像よく見ます。先へ先へってせっかちなんでしょうね。そんな土地柄のルールは参考にならないし、歩くのが当たり前の世界では口論も少ないかも知れませんね。どちらかに決めれば良いのです。関西は違う方向で決めてしまいましたが、関東は正しい方向で『歩く事を禁止した』それだけじゃないでしょうか?

どちらにしても決まったらそれに従えば良いだろうし、不服なら署名運動でもすれば良いと思います。周囲から共感されるか或いは反感をかうかはその時ハッキリすると思いますけどね。

正直『全面禁止』についての感想は『だよな~』とか『そりゃ仕方ねぇな~』ってぐらいで『なんでだよ!』って思うことが不思議な位です。よっぽど勘違いされていたとしか感じませんでした。(ごめんなさい)

投稿日時 - 2007-12-03 12:55:17

お礼

何度もご意見、有難うございました。
おっしゃるように考えてみれば、エスカレーターに乗って何気なく歩いてしまうのは、せっかちな気質の関西人に多いかも知れません。
というか、初期の鉄道会社の指導が行過ぎて、歩いて上るのが当然の行為になっているのかも知れません。

ただ、どうなんでしょう、首都圏の利用者で歩いて上る人はそんなに数が少ないですか? 肩身が狭い思いをしていますか? 歩かないで止まっている人はみんな迷惑千万に感じているでしょうか?

これを東京と大阪の違いだけで結論づけるのは違うように思うのですが ・・・

投稿日時 - 2007-12-04 15:36:45

ANo.50

歩く派、と書き出したのはたぶん#22ですm(_ _)m

単純に便宜上の表記で、
流派として成立すべきというような認識のもとで書いたワケではありません

ちなみに私は歩く派です
駅員に聞いてみましたが、そこの会社では歩くのはOK(禁止はしてない)だそうです

最初のご質問に戻りますが、

>エスカレーター上を歩くのをどう思いますか?

上記のとおりなので、私は歩こうと思います
でも、もし禁止はしていないけどできればやめて欲しい、と言われていたら、
歩くのをやめたと思います
何故ならたてついてまで通したいような希望ではないからです

両者の願いの共存、というような内容ありましたが、
そもそも、歩く派の願いの根拠って、何でしたっけ?イライラするから?
それって既存のエスカレーターを全てリフォームしたり、
法規(?)を変えてまで叶えるような切なる願いですか?

その点、歩かない派の願いの根拠は、怪我をしたから、怒鳴られたから等、
たとえ少数でもハッキリ被害、実害と呼べるものだと思います
ルールを公布して済むなら、現実にも即しているし、
リフォームなんかよりずっと効率的でお金もかかりません

ニーズに応える(アクセル)のが技術者の務めなら、
ニーズの正当性を判断する(ブレーキ)のは経営者の役目、
私はこの判断は間違ってないと思いますよ

投稿日時 - 2007-12-03 11:28:59

お礼

再度のご意見、有難うございました。
同じ派閥の方からご意見を頂きました。 w
以前のコメントでも述べたのですが、両派ともいくらでも正当性をつける事が出来るように思います。 要は極端な例であっても自分の立場を主張すればいいわけですから。
ただそれを捉えて「変だ」とか「間違っている」とか、相手の意見を全否定するのはどうかなと考えています。
歩く派を批判される側の方の意見としては、肩にぶつかるとか危ないとかが多いように思ったのですが、それならエスカレーターの幅を広げればいいじゃないか、と至って単純な発想をしたわけです。 
「前の人が転げ落ちたら、どうする」というご意見もありましたが、あれだけスムーズで無振動で滑り上がるエスカレーターのステップを安全に上下できないほど足腰が弱い人は、片側で止まっていればいいわけですから、この意見は少し違うなと感じています。

鉄道会社自身が片側を空けろと言ったり、歩くのはやめろと言ったり、二転三転して利用客に迷惑をかけているというのが実情だと思います。 エスカレーターが駅に登場したのは、どうでしょうか、ここ30年程前の事になろうかと思いますが、最初から「いかなる理由があろうとも、エスカレーター上を歩くのは許さない」と決めてくれていれば、こんな混乱は起きなかったでしょうね。

投稿日時 - 2007-12-04 10:26:43

ANo.49

No.42です。
その後の回答を見てそんなにエスカレーター上を歩くことが迷惑な行為だったんだということを改めて認識しました。
私をはじめ歩いている人はそのような意識はほとんどないと思います。
私もこのサイトを見なければそんなことは夢にも思わないでしょう。
ほとんどの人がそうなのではないでしょうか。
それほど迷惑な行為でエスカレーターはそもそも歩くように設計されていないのであれば、なぜ過去に(今でも?)片側を空けることを薦めるような動きがあったのでしょうか?
横浜市営地下鉄のような動きはなぜ他の鉄道会社やエスカレーターメーカーは行わないのでしょうか?(もしかしてやっているかもしれませんが認知はされていない)
個人のマナーの問題だからという理由かもしれませんが携帯や喫煙のような呼びかけがもっとないのはなぜなのでしょう?
つまりは鉄道会社等も「あまりよくないことだが、もう浸透しているし別に構わない」と思っているのではないでしょうか?

それから片側を歩く人について「そんなに急ぐなら~」というような回答がありますが、ほとんどの歩く人は特に目的地までの道のりを急いでいるわけではないと思います。
歩く人は早く家を出てもたぶん片側を歩きます。
私は一時間近く余裕を持って通勤していますが毎日エスカレーター上を歩きます。今よりもっと早く家を出ても歩くと思います。
止まらずに歩くのは早くエスカレーターを通り抜けたいという意識の表れだと思いますが、それは「急いでいる」からという理由ではないと思うんです。
歩く速度の速い人と遅い人みたいなもので癖みたいなものだと思います。
ですからこのような人(私もそうですが)の対策としては「もっと時間に余裕を持って行動せよ」とういう方法では解決しないです。
どれだけ迷惑行為なのかということをアピールするのが得策でしょうが、私をはじめそのことにいまいちピンとこない人が多いのも事実でしょう。
となると質問者様の考える人間の意識ではなく機械の改良による「歩く人」「止まる人」双方が満足できる共存の道だという考えも理解できると思います。

投稿日時 - 2007-12-02 02:07:17

お礼

有難うございました。
私が常々感じ、またこのサイトで言いたかった事を述べて頂きました。 
お説のようにエスカレーターを歩くのは「急ぐ」からではなく、何となく「癖」になっているようです。 もちろん急ぐケースもありますが、長いエスカレーターのように1分以上も同じ場所でジッとするのが出来ないというか、慣れていないように感じました。
いわゆる「歩かない派」からは阿呆に見えるかも知れませんが、都会の中でセッカチになっているのかも知れません。
でもそれを「悪い事」と決め付けられるのは、どうもなと感じています。 要は両方の意見を取り入れ、共存共栄できるようにする必要があるのではないでしょうか。
仮に大阪だけに限った事だとしても、最初、片側を空けるように指導しながら、今頃になって「やめろ」と言われてもな、と考えています。

投稿日時 - 2007-12-04 10:10:10

ANo.48

お礼は意見致しました有難うございます。

エスカレーターが「歩かずに立って手摺につかまる移動装置」という考え方と社会全般にそれほど広まっていないと思うのはまさに「歩く派」と記載されている人々なんだと思います。それを常識と認識している人がちゃんと理解出来て居るんですよ。

関西圏は土地柄せっかちな人間が多いのでしょうが標準として見るのは特殊すぎて・・・・・
タバコと歩く行為は別物と思うかも知れませんが、同じ迷惑行為には違いません。いじめっ子がいじめられっ子の気持ちがわからないように、喫煙者が喘息持ちの気持ちがわからないように、歩く派の人間は、歩いてもらいたくない子連れ、荷物持ち、障害者、介護者の気持ちはわかろうとしない身勝手な自分本位な行動でしかない迷惑かけて居るとも感じてないのです。後ろから歩いてくる・・・避けなきゃいけない・・・・ドキドキする事だって立派なストレスっていう病気に繋がる原因ですよ?普通に乗って、普通に止まって上れば事故はないけど、歩いて踏み外した。歩くのを避けて踏み外した。塞いだ!塞がない!もめるなら歩行禁止になるのが当たり前です。歩く人間と歩かない人間を混在させたら絶対に問題になるでしょ?通れるようにするのが常識となるのですから、例えば吹奏楽部の学生達が大きな楽器を乗せて使う。横は歩けませんよ?でも常識は急ぐ人が居るので空けるべきだから歩く人は舌打ちぐらいの苛つきか口論になるかですよ。

あくまでも歩く行為の人たちは脇役でしかないのです。
障害者用の駐車場が空いて使う迷惑な行為と変わりません。

エスカレーターの現実を無視した規格にあるケースもあるのではないでしょうか?とありますがエスカレーターの現実は自己中心的な人たちが増えたに過ぎません。なぜ歩く用の規格にする必要があるのか理解出来ないししてもらいたくない。歩く専用の昇降機を造るなら別の話ですが?

タバコは周辺の人にとって害以外の何物でもありません。
でもエスカレーターを歩くという行為が、歩かない人の害になるのでしょうか?って考え自体が認識していない身勝手さなんです。
ペースメーカーのように歩かない人にとって健康上の問題になるのでしょうか?って記載されていますが問題にならないと思いますか?ペースメーカーつけているなんて判断出来ますか?その人が重くなくても大きな荷物を持って乗っていた時に後ろから歩いてきたらその人は何とかしようとドキドキしたり、手摺から手を離して荷物を持ち上げて無理したり、先へ進もうと思わせてしまいませんか?それでも迷惑になっていないと思いますか?

「社会常識の有無やマナーや道徳心の欠如、他人に対する思いやり ・・これらと、エスカレーター歩行がいいか悪いか、どうもゴッチャになっているような気がしてなりません。」

別にしたら駄目ですよ!思いやりは全般です。

「一言 「すみません、先を急ぎますので道を空けて頂けませんか?」 と言えば、お互い気持ち良くすれ違ったと思います。」

急ぐなら階段を使うって根本的な考えが違うんです。
歩く事を正当化する人間は共感してくれるでしょうけど。

投稿日時 - 2007-11-30 10:46:38

お礼

何度もご意見頂き、有難うございました。
私自身は歩く派(この表現がいい悪いは別として)に属しますので、「エスカレーターは歩く人のために片側を空けるべき」という理屈はいくらでも正当化できるように感じています。
その逆に「エスカレーターは本来は社会的弱者のためにあるのだから、数が多いといっても、また健常者といっても歩いてはならない」と考える人はいくらでもその考えの正当性を展開出来るように感じました。

ただ、どうなんでしょうねえ、このように利用者どうしが争うような環境になぜなっているのか、原因を考えてもいいように思いました。

というのは何度も説明しましたが、いくら関西が特殊な例と言っても、歩く人のために片側を空けろと今でも利用客に訴えているのは当の鉄道会社であるという事実があります。 従って、関西では歩く人がいるのが当然であり、止まっている人はその邪魔にならないようにすべきという意見が多いように思います。 

となると東京のやり方が正解で、関西の人間はみんな馬鹿で間違っているという結論になるのでしょうか。 でも実際に関西の駅のエスカレーターで利用者どうしが揉めたとか喧嘩になったとか、聞いた事がありません。 

sansosui 様が例として挙げられた、後方から歩いてくる人のために心理的プレッシャーを受けたり迷惑を受けたりする人がいたとしても、その確率は関西でも同じはずだと思うわけです。 大阪だけでも数百万の人口がありますからね。 朝の駅の混雑は東京と何ら変わる事はありません。

色々なご意見を伺って感じたのですが、東京と大阪で随分とエスカレーターの利用法に違いがあるように思いました。 それでいくら議論しても意見が噛みあわないのかも知れません。

そもそも片方を空けるように指導し始めたのは大阪の阪急電鉄だったという説があるくらいですからね。

投稿日時 - 2007-11-30 16:52:43

ANo.47

エスカレーターの上は、歩かない物であると認識しています。
以下述べる事実を元に、現状では歩くべきではないと考えます。
「質問は、歩くことをどう思うか」であって、
「エスカレーターを歩けるように改善すべきか」と言うことではないですよね。
では、以下、事実だけ書きます。

30~40年前、地下鉄丸ノ内線、銀座線、日比谷線を良く利用していた頃、
エスカレーターの乗り口には、歩かないように書かれていました。
その頃都心部では、鉄道会社が片側空けるように乗客に言っていたという
事実はありませんでした。
20年ほど前、高校、大学に通っていた頃、
千代田線のような深い路線であっても、片側を空けて歩く風習はありませんでした。
2年前、気になって東武東上線のエスカレーターの乗り口で
気をつけてみてみたら、
やはり歩行禁止の表示がありました。

近年、駅などでエスカレーターが増えているのは、
個人の回答者の考えではなく、バリアフリーの考えで政策としてなされている事実です。

17日の土曜日に、渋谷駅で、エスカレーターの片側に歩かない人が多く
歩く人は少なかったために、片側がほとんど空いていて、
しかも、駅ホームには沢山の人がエスカレーター待ちになって
混雑がひどくなっていました。

以上、どうでしょうか。

投稿日時 - 2007-11-29 23:25:20

お礼

有難うございました。
なるほど、都心の鉄道では歩かないような指導があったんですねえ。
別の方がご紹介されていたサイトにあったのですが、丁度万博前後の関西の鉄道会社は逆に歩く人のために片側を空けるよう指導があったようです。 写真を見ると今でもJR西日本はエスカレーターの左側を空けるよう貼紙があるようです。

今回のアンケートで気がついたのですが、どうもエスカレーターは「急ぐ人のために片側を空けるべきもの」という考え方と逆に「安全のために、急いでいても歩いてはいけないもの」という正反対の考え方がキチンと整理されずに混在しているように感じました。

かく言う私は急ぐ場合には歩く方なのですが、自分としては歩かない人の邪魔をする気もないし、時間に余裕があって歩かない時は進路を塞いで歩く人の邪魔をする気もありません。 要は他人の迷惑にならないように注意しているつもりです。

色々なご意見がありましたが、どうなんでしょう、両方の考えを並存させるわけにはいかないのでしょうか? つまり止まる人は止まったらいいし、歩きたい人は安全に歩けばいいし ・・ それで何度も言ったのですが、法律やエスカレーター自体の規格に問題があるのなら、解決するよう関係者は努力する義務があるように感じたしだいです。

投稿日時 - 2007-11-30 10:53:19

ANo.46

正直、教えてもらっても理解出来ないっていうか理解する気がない人たちなんだろうなぁって思ってましたが・・・

○○派とか表現してますが違うような気がします。
目玉焼きにはソース派だの醤油派だのマヨネーズ派だとありますがそれはそれぞれの個性で何を使おうが自由なので○○派って表現に違和感ありませんが、エスカレーターは歩くべきじゃないのに歩く派って存在して良いのでしょうか・・・・私はSilent Majority ?多くの人が歩いているからそれはみんなが希望している行為と思ってませんか?私も歩いたりしますけど、別に急ぐからとか歩くのが正しいからと思っているのではなく、短気な人は自分が歩かない事で苛ついたりトラブルになったら嫌だからです。正直ゆっくり止まって上がりたいです。だから歩行禁止にしてくれれば安心して止まれるので快適です。いつも後ろから来る人に気を使うし、大きい荷物の時は階段とか使ったりします。でも本来ならそんな人がエスカレーターを使うべきなんじゃないでしょうか?見かけは健康体でも障害を持った人も居ます。そんな人をサポートして横に立っていたのに舌打ちしたり、文句を言う人が存在するのは現在の乗り方を歩行禁止とハッキリ決めないからです。
横を歩く仕組みにする必要は絶対に無いと思います。

声なき多数者が『歩く』だったとしても、エスカレーターを絶対必要としているのはサラリーマンではなく弱者なのです。

ペースメーカーをつけている人間と健康体の比率はどれくらいでしょうか?多くの人が車内でメールとかをしています。優先席付近でも平気で使用してます。携帯電話がペースメーカーに影響したケースなんて無いと思いますが、装着した人間は不安なはずです。携帯を見ただけで気分が悪くなる人も居るそうですよ。弱者を守る為のマナーやモラルはそして優しさ配慮は持ちましょうよ?どんなにあなたの言う《歩く派》が多くてもそれは自己中心的な人間が多いってだけだし、エレベーターを歩く必要があるっていう思い込みにすぎません。理解出来るか出来ないかは人間性によるのかも知れません。極論を言えば「なんで人を殺しちゃいけないの?」ってほど理解出来ない人間と同類かもしれません。

いけない物はいけないんです。
いままで出来てもいけない事なんだと気づいた人が居たのだからそれに従いましょう。人が集まるところでの喫煙はいけない事なんだって気が付いた人が居たから健康増進法ができて分煙も広がってきたし、喫煙者が多いからみんな食後は喫煙してるから、非喫煙者は禁煙席に座れば良いなんって配慮の無い考え方をしているからどんどん抑制されるのです。

関西では車道を平気で横断する歩行者が多いようですよ?
そんなモラルの無い状態が全国区になってしましますよ。(関西批判じゃないです)

歩くなら遠慮して歩くべき、前に止まっている人間が居れば文句も言わず同じように止まっていれば全面歩行禁止になんかならないはずです。少し思い違いをした人間が多くなりすぎたって事ではないでしょうか?多数意見でも悪い事は悪いです。質問者様の意見に賛同する人間もたくさん居ると思いますでもモラルのない人が多く賛同してくるに過ぎなく、もう結果は出ていると思いますが・・・・・・・・・・

すごい回答数ですね?

投稿日時 - 2007-11-29 14:47:33

お礼

有難うございます。 私も意外な回答数を頂いて驚いています。
ジックリと読ませて頂いて気がついたのですが、エスカレーターは「歩かずに立って手摺につかまる移動装置」という考え方が、まだ社会全般にそれほど広まっていないと思うんですね。
特に関西系の鉄道会社が最初に「急ぐ人のために片側を空けて下さい」とやったものだから、それが当たり前の社会ルールになっているように思います。
また歩行が原因で事故が起きたとかの報道に接した事がありません。 あるのかも知れませんが、タバコのように社会問題化していないように思います。 また直接の原因が歩行にあるとしても、要はエスカレーターの幅が狭いから接触したとか、ステップが高すぎるからコケタとか、根っこになる原因がエスカレーターの現実を無視した規格にあるケースもあるのではないでしょうか?

私が言いたかったのはそこなんですね。
タバコは周辺の人にとって害以外の何物でもありません。 でもエスカレーターを歩くという行為が、歩かない人の害になるのでしょうか?
 あるいはペースメーカーのように歩かない人にとって健康上の問題になるのでしょうか?

社会常識の有無やマナーや道徳心の欠如、他人に対する思いやり ・・ これらと、エスカレーター歩行がいいか悪いか、どうもゴッチャになっているような気がしてなりません。

元々の横浜市営地下鉄の件ですが、原因は歩く人の邪魔になって怒鳴られた事にあるようです。 当局もエスカレーターより、怒鳴った側の人間性を問題視すべきなんじゃないでしょうか。 一言 「すみません、先を急ぎますので道を空けて頂けませんか?」 と言えば、お互い気持ち良くすれ違ったと思います。

投稿日時 - 2007-11-29 15:22:18

ANo.45

私も基本的には質問者と同じ意見です。 両派の意見を尊重し合えばい
いわけだし、エスカレーターの機能が原因でそれが困難なら、改良して
解決すればいいわけです。 どちらが正しいなどと議論する事など必要
ないと思います。


関西に限られていますが、興味あるサイトがありましたので紹介します。

http://homepage1.nifty.com/tabi-mo/esca-matome1.htm

このサイトの説明が正しいとすれば、質問者が考えているとおり最初に
歩く人のために片側を空けるように指導し始めたのは鉄道事業者そのも
のだという事になります。 一説によれば阪急電鉄が始めたと言われて
いるようです。 

そして関西の鉄道では、今でも片側を空けるよう貼紙などでアピールし
ているようですね。 これは興味深い情報です。

このサイトを見て「歩かない派」は何と感じられたのでしょうか?

自分が歩かないのは自由ですが、横に並んだりして他の利用者の邪魔を
する事は社会常識に欠けると糾弾されても仕方ないでしょうね。 歩く
歩かないの議論はさておいて、他人の邪魔をする事は許されないと思い
ます。

もちろん歩く派にも非常識な連中がいるのは事実です 善人ばかりでは
ありません。 邪魔だと罵る人や、大きなショルダーバッグを止まって
いる人に当てて誤りもしない若い女性など実に腹立たしい連中もいます
が、これは何もエスカレーターを歩く歩かないとは無関係です。 単に
自己中心の連中だからです。 これらの連中をベースに論議すると論点が
ずれます。

関西の例を出すまでもなく、エスカレーターを歩く人が多いのは事実ですし、
それを全否定する事も現実を無視しているように感じます。

ここはやはりエスカレーターそのものを改良するしか方法はないと感じ
ました。

幅を広げて、もし前方を歩く人が転げ落ちたら後方の人はどうなるか
なんて意見は論外。 それを心配するなら混雑時の階段を歩けない事に
なります。 「杞憂」という言葉がピッタリです。

投稿日時 - 2007-11-29 14:36:32

お礼

有難うございました。
へー、関西では貼紙で歩く事を奨励しているんですねえ。 奨励と言わないまでも、少なくとも急ぐ人のために片側を空けるようにアピールしていたんですね。 今では貼紙も少なくなったとありましたが、この文化というか習慣はシッカリと関西の人に根付いたようですね。
同じ鉄道会社なのに、横浜市営地下鉄は一体何だ! と言いたくなりました。

投稿日時 - 2007-11-29 15:00:15

ANo.44

質問者様はきちんと返答される常識ある人間だとは思いますが、今回の事は根本的に考えが違うようです。本来の質問は歩く人間を肯定する身持ちが大きかったはずです。途中から共存の気持ちが大きくなった来ましたよね?今は止まって乗るのが開発側も使用側も設置側も常識だって事を理解する事です。歩く人の事はこれからの話です。今もこれからも提案する人、開発する人、認可がおりる仕組みが無いと歩く行為は否定されますし当たり前の構図です。

>交通信号の制度を同一視するのは少し無理があるように感じました。

そうなんです。
私が言いたいのは比べたり例えたらキリがないって事です。
他国がそうなんだからそうしたらいい、他人もそうしているからそうするべきだ。煙草は迷惑かけるけど車だって・・・要は自分の非を肯定するために例えや比喩の数々・・・

開発にあった用途で使用しているのは『止まって使う』ってのは理解されているはずです。開発意図も『歩く為に造っていない』ってのも解っているはずです。機械は全ての要望を取り入れたらきりないですよ?私も物を造る側の人間です。

幅を広げれば上から下まで落下する事故は増加するでしょうから広げるべきではないし、止まって上る事を否定して歩く事を主張する人間は乱暴すぎる悪役ですよ。

何も新しいエスカレーターを開発する事はありません。
痴漢って悪は女性がスカートはくから悪いとか、満員電車に乗るから悪いって思っているでしょう。だからって電車自体に痴漢発見機を設置しますか?どんなに駄目って言っても痴漢は痴漢します。共存なんて出来ません。だから女性専用車両なんて出来るんでしょ?
エスカレーターも歩く専用の物と正規使用の物を配置するように貴方が署名活動でもして設置されれば『歩く』行為は正当化されますよ。

投稿日時 - 2007-11-29 12:16:25

お礼

有難うございました。
これ以上の意見交換は議論にしかならないので控えたいと思うのですが、私自身の事に触れられていましたので、一言だけ。

私は通勤ラッシュに毎日苦しめられていますし、性格もグータラな方なので、エスカレーターに乗っていて目の前に電車が来れば、つい急いでホームに上がりたい衝動に駆られます。 勿論、急ぐと言っても程度問題ですが、当然「歩く派」に属します。 別に途中で考えが変わったわけでもありません。 また後方を見ても、同じようにエスカレーターを歩いて登る人が延々と列をなして歩いてきています。 止まっている人は僅かという感じです。

という事はエスカレーターの利用の仕方には2通りあるのが「現状」と考えるしかないように思います。 考えて頂きたいのが、「歩く人のために片側を空けろ、進路を塞ぐな」 と利用者にアピールし続けてきたのは鉄道会社だったですよ。

これら過去の「経緯」と「現状」を全く無視して、「エスカレーターはこうなっているんだから、歩くのはやめろ」 と言うのはどうなのか疑問に感じるわけです。 弁明として 「規格がこうなっているから ・・・」 という関係者の意見がありますよね? 私に言わせれば 「こうなっている」 のではなく、正確には 「(自分たちが) このような規格にしてしまったから ・・・」 と言うべきでしょうね。 一体誰が歩き難いような規格にしたのか、責任を感じてほしいと思います。
 
このアンケートの結果からも両方の意見があるわけですから、両方とも満足させるよう関係者には努力する必要があるはずです。 「危険だから歩くな」と決めるのは、物理的に、あるいは技術的に「やれる事は全てやった」あとの話でしょうね。

両方の希望を技術的に解決できれば、利用者どうしで 「どっちが正しい」 のような不毛の議論などする必要はないと信じています。

もう一つ、現状では「歩かない派」の声の方が大きいように思いますが、毎朝の駅の現状を見ると Silent Majority の意志も無視できないように感じています。

それと、今回のように「止まる派」が横に並んで「歩く派の邪魔」になるケースはありますが、その逆は (幅が狭いせいで、女性のショルダーバッグが当たるとかはありますが ・・) 基本的には無い、あるいは少ないと考えられますね。

投稿日時 - 2007-11-29 13:24:37

ANo.43

ANo.42さんは『この問題はこのサイトの永遠のテーマですね。』、『結論は出ない問題なのでしょう。』『首都圏の地下鉄の長い長いエスカレーター、歩きたくなりませんか?』って振り出しに戻していらっしゃいますよね。
『急いでいるうんぬんを抜きにしても、そう思うのが人間の心理だしそれに技術も答えるべきだと思います。車だって家電だって日本の高い技術はそうやって進歩してきたじゃないですか。』とありますが今回のエスカレーターと車の進歩が解りやすい例えだとは思えません。

そもそも質問は右を歩く事の肯定で、止まっている人間が『暇人』って否定ですよ?わたしは空いていれば歩いても構わないと思うのですが、人を退けてまで先へ進みたい意識自体が間違っていると思うのです。これを両者の言い分は間違いではないのでメーカーが悪いってなると、今のエスカレーターは止まって上る昇降機ってシステムを否定して右を歩く事を肯定する事になりませんか?

根本的な問題ですよ。

急いでいる?だから何?
小学校では『廊下を走るな』って教育されませんでしたか?
急ぎたいなら自身が努力すれば良くないですか?
急がなきゃならない要因があるのでしょ?事前を急げばいいのでは?浅早く起きて早めに家をでるとか、空いている階段を上るとか、駅まではしるとか?エスカレーターの区間だけ急いでも大差ないでしょ?単に自分が楽したい、他人が気になる、遅れたらお前のせいだぞ!って身勝手な行為でしかないのです。自分自身が工夫しないで他人のせいにしたり、メーカーや開発者のせいにする事自体根本的に違うのではないでしょうか?『この問題はこのサイトの永遠のテーマですね。』って意見には全く共感もてないのですが・・・

もう一度質問を見てくださいよ?

>でも 「横に二人並んだら、後の人の邪魔になる」 と考えなかったのかなと思っています。 それが社会常識というか、マナーではないのでしょうか? あるいは苦情を申し出た人は、生まれて初めてエスカレーターに乗ったのでしょうか?

完全に自身を肯定してる。


>昔ヨーロッパを旅行した時・・・・ 日本だけではないわけです。

みんなで渡れば赤信号を渡っても肯定ですよ。

>そもそもエスカレーターという昇降機は歩く事を想定していないからというのが理由になっているようです。

理解していて言ってるんですよ?

>それなら法を改正して幅を1.1m以上にすればいいわけだし・・・そもそもそんな想定をしなかった設計者が馬鹿だと思います。 

赤信号の時でも歩行者が居たら車が自動的に止まるシステムにすればいい!今の仕組みを考えたヤツが馬鹿なんだ!ってこと?

>暇人ばかりがエスカレーターを利用するわけではないですからね。

ゆとりを持って行動している人間なのでは?無計画やギリギリだから余裕が無いのでしょ?

>要は 「機械の方に人間の行動を合わせろ」 と言っているわけで、本末転倒のような印象があります。

どっちが本末転倒?

>それに事故発生も、主な原因は幅が狭すぎるからだと思います。 狭い所を抜けようとすると、どうしても不安定な体勢になりますからね。

事故が多いのは交差部の△ゾーンですから幅が広くなっても意味がないし広くなる事で手摺につかまらないで上から下まで落下するって事故が多くなるでしょう。そういった事を想定して開発しているので馬鹿ではないです。自分の考えだけを主張してその考えが取り入れられていない機械及び開発者が馬鹿ってのはどうなんでしょうか?

>皆さん、エスカレーター上を歩くのをどう思いますか?

だから駄目でしょ?って常識ある回答者は口を揃えて言っているのですよ。私だって空いているなら楽したいので乗って歩きますよ?ですが止まっている人や歩くスペースを想定しないで開発した人間を馬鹿にする考えはどうなんですか?

投稿日時 - 2007-11-29 10:46:48

お礼

再度のご意見、有難うございました。
どうも質問文が挑発的だったかも知れません。 不愉快に感じられたのであれば、お詫びしたいと思います。

ただ利用客の中に当然の権利のように、あるいは後方の利用客の迷惑も考えず横に並ぶ人もおかしいと思うし、反対に「空けろ」と罵声を浴びせる人も常識がないように考えています。 是非は別としても、エスカレーターの利用の仕方に両方の考え方が並存しているのが「現状」だからです。

今、日本も含めて世界中でアンケートを採り、「エスカレーターは決して歩いてはいけないか?」 と質問した場合、どうなんでしょうね、どのような結果になるか大変興味深いところです。

ただ製造業に携わっている者として感じるのですが、エスカレーターに対しては両方の考え方が並存しているのが「現状」です。 その現状をおかしいとか、間違っているとか、議論するのは技術者としては失格です。 要は「社会のニーズ」に自分たちの製品の規格を合わせる努力が必要なわけです。

私が何回も主張しているのですが、「幅を広げる、ステップの形状を再考する、本体の角度も再検討する ・・等々」 とメーカー側でやる事は腐るくらいあるはずです。 それを限界になるまでやって初めて 「歩く事は絶対しないで下さい」 と、お願いできると思います。 現状の関係者はそれ以前の段階で開き直っているように感じています。 現実を無視した規格のまま放置しておいて、利用者どうしの争いにしているような印象を強く受けています。

それと「改良がいくらでも出来る工業製品」 であるエスカレーターと、「これ以上、安全に人や車の交通を制御できる方法はない」 と言える今の交通信号の制度を同一視するのは少し無理があるように感じました。 無論、交通量に応じて赤信号の時間や右・左折専用の時間を調整する必要は個々にはありますが、信号という制御方法自体は、空飛ぶ自動車でも誕生しない限り、おそらくこの先何十年してもこれに変わるものは生まれないように思います。

投稿日時 - 2007-11-29 11:35:30

ANo.42

この問題はこのサイトの永遠のテーマですね。
結論は出ない問題なのでしょう。
でも「エスカレーターを歩くのは身勝手だ」とか「急ぐなら階段を使うべき」とか「そもそもそんな急がないように早く家を出ろ」なんてことを言い出すと思考がストップしてしまいます。
現実は多くの人々が歩いているわけですから現実に見合った対応をすべきでしょう。いまさら「そもそも歩くための機械ではない」と言われても、このサイトをよく見ている人は納得するかもしれませんが一般の方には浸透しないと思います。
エスカレーターが世に出たときは自動で体を運んでくれる便利な機械でよかったのでしょうが、すぐに「この上を歩けばもっと早く進める」と人々が思うのは至極当然の流れだと思います。

首都圏の地下鉄の長い長いエスカレーター、歩きたくなりませんか?
急いでいるうんぬんを抜きにしても、そう思うのが人間の心理だしそれに技術も答えるべきだと思います。車だって家電だって日本の高い技術はそうやって進歩してきたじゃないですか。

投稿日時 - 2007-11-28 23:41:42

お礼

有難うございました。
ご理解頂いて感謝します。
> 「この上を歩けばもっと早く進める」と人々が思うのは至極当然の流れ ・・
ここなんです、私が製造業に勤める者として感じている事は。
つまり製品本来の使われ方とは違う使われ方を社会全体がしている時は、それが「正しい使われ方」として技術者は認識し、それに合わせた規格を研究しなければなりません。
私が新米社員に説教する事に「お客様の声は神の声を思え」というのがあります。
エスカレーターと言っても、たかが工業製品です。 自分が作った物が完璧で、それに不満を持つやつがおかしいというのは傲慢そのものですね。

投稿日時 - 2007-11-29 11:07:54

ANo.41

>「社会的弱者のため」 ではなく、「混雑の緩和」 が主眼だったのではないかと私は考えていました。

これが間違いなんですよ。
最近鉄道会社がエスカレーターやエレベーターを設置しているのは「社会的弱者」の為です。
「高齢者、 身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」(通称交通バリアフリー法)も平成12年に成立し、あるんです。
法律でバリアフリー化推進がうたわれ、バリアフリー化する工事には行政から補助金が出るから鉄道会社が設置を積極的にするんですよ。
交通施設利用円滑化対策費補助金で事業の2割を負担してくれます
そうでもないと簡単に踏み切れないほど工事費がかかりますから。
ちなみに1基設置で億単位+毎年の維持費です。
(エレベーター1基で4億なんて話もある)
なんせ一つの駅だけつければ済む訳ではありませんから。
バリアフリーというのは「そこだけ対処すればよい」って訳ではないですから非常に大変です。

決して健常者が楽するためにつけたんではないです。
健常者でも大変な場合にはエスカレーターは設置されますが。
(東京メトロ永田町とかね)

従って駅に何個もエスカレーター着けろなんてある意味暴言です。
どこからそんな予算出すんだ?って話なんです。
設置には税金も投入されています。

金がかかるからこそあっちこっちの駅で「つけてくれ」「予算がない」なんて話があるんです。

投稿日時 - 2007-11-28 22:59:02

お礼

ご意見、有難うございました。
なるほど、hiroki0527様はエスカレーターは社会的弱者のために設置されているというお考えなんですね。
エスカレーターの歴史は結構古いように思え、日本で最初にエスカレーターを設置した事業者は誰か分かりませんが、鉄道会社ではなかったように思うわけですね。
アメリカでもそうですが、古いチャップリンの映画に高級デパートにエスカレーターが登場するシーンがありました。 おそらくトーキー以前の大正か昭和初期の映画だったはずです。
日本でもデパートに設置されたのが始めてではないでしょうか。 従って、エスカレーターの本来というか元々は 「優雅に、贅沢な気分で ・・」 という発想ではなかったのかなと考えています。 決して社会的弱者のために ・・ というような崇高な理念など無かった時代のはずです。
その内に日本で高度成長が始まり鉄道の慢性的なラッシュが社会問題化して、駅の混雑緩和のためにエスカレーターの導入が推進されたように思います。 この辺はエスカレーターの歴史に詳しい人に聞きたいと思いますが、多分大きくは間違っていないように感じます。 少なくとも、私は都会生まれですが、子供の頃の国鉄や私鉄にはエスカレーターなど全く存在していなかったですよ。

最近の駅にはエスカレーターと並行してエレベーターも設置している所もありますが、この場合は 「エレベーターは体の不自由な人のため」 という見方がほとんどだと思います。 あんなに遅いエレベーターをジッと待つ健常者は少ないですからね。

「エスカレーターは本来は社会的弱者のためにある」 とする考えは最近出てきたのではないかなと思います。

投稿日時 - 2007-11-29 10:54:30

ANo.40

一人乗りのエスカレーター以外は、片側は急いでいる人に
譲るべきというのは、当たり前のことだと思っていたので
びっくりです。
仕事にどうしても間に合わない、体調が悪くて
すぐにでもトイレに駆け込みたいなどそれぞれの
事情があって、急いでいる人はとにかく1秒でも早く
移動したい、のですよね。
私も経験があります。
なので、もしもエスカレーターの移動禁止というのならば、
ビックサイトのような催事場にあるように、ムーブメントの
移動専用の動く道路、歩く専用のエスカレーターなども
考えていただきたいですね。
人口がこれだけ固まっているのですから、
それは、また逆の苦情が来るだけではないでしょうか。
私は片側、急ぎのときはあるかせていただいていますし、
禁止でないならずっとそうしたいと思っています。

投稿日時 - 2007-11-28 22:05:10

お礼

ご意見、有難うございました。
gardensmay 様もエスカレーターの片側を、歩く人のために空けるのが当然だと思われていたわけですよね。
「正しい利用方法」 とか、「機械の性能」 とかの理屈は別として、実際に毎日エスカレーターを利用して電車に乗る人のほとんどは、そう思っておられるのではないでしょうか。
私もその一人です。
そこで利用客どうしの間でトラブルになるケースがあるのなら、どうすれば回避出来るか、原因を分析したり、改善・改良を試みるのが鉄道会社であり、メーカーの義務だと考えています。
私は製造業に勤務していますが、自分たちが作った製品が完璧だとは思った事もないし、顧客のニーズが変化したなら、どうやってそれに答えるか日夜研究しています。 それが当然だと思うし、そのために給料を頂いているからです。

投稿日時 - 2007-11-29 10:36:38

ANo.39

No.30です。

>でも階段が無い地下鉄もあるんですよね。

なるほど、これは私が田舎者で認識不足でした。
そう言う状況下でなら質問者様の意見にも頷けます。
明らかに行政の落ち度で、想定していなかった状況を利用者に押し付けるものだとおもいます。
私も利用者別にエスカレーターを作るべきだと思います。

あくまでも階段がない、または階段が極端に長い場合、双方が譲り合うのがよりよい解決法でしょう。
双方とは歩く派と歩かない派の事で、譲り合うとは片側を歩く派に空けると言う事です(この場合エスカレーターの構造上の問題は無視します)

階段がある場合、筋肉痛になるほどの階段でない場合は、やはり歩く派は階段を利用するべきだとは思います。

投稿日時 - 2007-11-28 18:42:02

お礼

再度のご意見、有難うございました。
ご理解頂いて感謝します。
地上に上がるのにエスカレーターしかない状態を作っておきながら、その利用方法は二転三転 ・・
というのは、最初にエスカレーターが駅に登場した時、片側を空けるように指導やお願いをしたのは、当の鉄道会社だったはず。 それが今度は、歩くなときたわけです。
この辺が私が納得できないところですし、またエスカレーター上を歩く利用客が多い現状を全く無視しているのも間違っているように思いました。

投稿日時 - 2007-11-29 10:28:35

ANo.38

再びです。

いろいろと、参考になる意見が出ていますので、今更なんですが。

障がい者あるいは弱者(敢えてこう書かせていただきます。分かりやすくするために)の事まで含めて想定して作られたもの、を健常者が便利に使うために改良しろ、という意見はとても乱暴に思えました。

ただ、質問者さんのご意見は、意見として、たしかにそう思うこともあるよなあ、って同感もできます。ラッシュには適してない、とかそういうこともわかりはします。

多数が健常者とはいえ、実際にエスカレーターがああいった『歩く事を想定していない」という定義のもとに存在する事は、それがあるおかげで外出が楽になったり、生活の幅を広げる事が出来るようになった人たちへの配慮なんだろうと私は思っています。そうでなければ、現実には質問者さんのように、わきまえた発言のできるかたばかりではないと思うので、もっと横暴なことをいいだす人が増えるように思えます。

開発側は、そういうことまで考えて発言しなきゃいけないんだろうと思います。だからこその「正しい使用法」という規定を自分たちがまず掲げているのではないでしょうか。何が正しいか、なんて正解はありませんが、これに関しては、開発側が正しいとする利用法が最善である、そこに重きを置いて、事故が起こったときの判断基準にすべきだから、それを正しい利用法、と定めていると考えてもいいのではないかと思います。
そうでないと、実際に事故が起こったときに、判断も難しくなりますしね。現状ならば、歩いた人がぶつかったために停止していた人が転んだのであれば、判断も下しやすいのでは、と思います。実際そういう事故はよくあるようですし。

古いエスカレーターの規格のままだからこう、なのではなく、人道的な事も配慮して、これ以上にしないだけなんだろうなあ、と思います。子供も老人も安心していつでも使える、そういう必要性のあるものだと私は思うし、それでいいと思っています。

正直な所、走ったり、エスカレーターを歩いたりしなければ間に合わないような時間ぎりぎりに出勤するようなことも無いので(笑)時間に余裕を持てばいいだけのことですしね。それができる健康な方なのだから、そうしてみてはいかがでしょう。対象を自分の都合に合わせて変わって欲しいと願うよりも、自分が変わる方が容易いと私は思いますよ。
そうしたらきっと、歩いてる人や走ってる人を見て「危ないなあ、ぶつかって怪我をする人がいたらどうするんだろう」と人を思いやる気持ちを持つ余裕もできるのではないかと思いました。質問者さんに限らず、利用者みんながってことです。
まあ、余計なことですが。

この質問をきっかけに、いろいろな意見を読めて、参考になりました。

投稿日時 - 2007-11-28 14:12:15

お礼

貴重なご意見、感謝します。有難うございました。
拝読して、もしかすると私たち利用者の間にエスカレーターに対する考え方に大きな差があるのかなと感じるようになりました。

というのが、健常者の傲慢ではないのですが、駅などの公共機関に動く歩道やエスカレーターが設置されるようになったのは、もともとは 「社会的弱者のため」 ではなく、「混雑の緩和」 が主眼だったのではないかと私は考えていました。

エスカレーターが無い時代の駅は全員が階段で昇り降りしていたわけで、ラッシュの時などは階段に辿りつくまで難行苦行を強いられていたと思います。 ひどい時にはまだホームの混雑が収まる前に次の電車が到着するケースもあったのではないかと思います。 そこで各駅にエスカレーターが登場し、乗降客の移動のスピード化が図られたのではないかと考えています。

初期の段階で鉄道会社の方から 「急ぐ人のために片側をお空け下さい」 と、しつこいくらい毎日テープで放送していたはずです。 つまりエスカレーターを歩く事を半分奨励していたわけです。 その方が混雑の緩和に役立ちますからね。

従って、私の場合なんですが、「エスカレーター=乗降客の移動のスピード化のための昇降機」 というのがあって、その一方に 「エレベーター=体の不自由な人のための昇降機」 という考えが並立しています。

逆に体の不自由な人が無理にエスカレーターに乗ろうとすると、不測の事態が発生するように思います。 以前、松葉杖の人がエスカレーターに乗っていましたが、横で見ていた私にはとても危ないような印象がありました。 ベビーカーを無理やりにエスカレーターに乗せようとする親もそうです。

皆様のご意見を伺って、駅のエスカレーターに対する考え方に随分違いがあるんだなあと感じました。

投稿日時 - 2007-11-28 16:01:03

ANo.37

そこまでして1分1秒を急ぐ意味が理解できない。
よほど段取りが悪いのかな。

投稿日時 - 2007-11-28 04:52:27

お礼

有難うございました。
おっしゃるように段取りが悪いんですよね。
でもそんな人間が歩いてエスカレーターを登っても安全で、しかも止まっている人の邪魔にならず、お互いハッピーになるようなエスカレーターがあればいいと思いませんか?

投稿日時 - 2007-11-28 13:36:37

ANo.36

 わたしは「歩かない派」です。エスカレータは歩くものではない、ということはだいぶ前から知っていました。TVなどでも何回かこのことは取り上げたいましたし、実験なども行ってましたね。
 そのそも、エスカレータはお年寄りや子供、身障者などの交通弱者のための施設です。速度が抑えられているのも、そういった人たちの乗り降りを考慮してのことです。幅についても、手すりに確実に捕まりやすくするためのもので、万一急停止した場合に体を支えるためです。
 歩いた程度で停止するような設計をするな、という意見もあるようですが、動いているものの上を歩くことが以下に危険な行為であるか、ちょっとした想像力があるなら分かりそうなものでしょう。バランスを崩して他人を巻き込むような事故を侵したとき、その責任を設置者・管理者に押しつけるつもりでしょうか。
 センサーなどを甘くすることで、かえって大惨事を起こす可能性もあります。実際に故障するかどうかはともかくとして、安全装置についてはあまり甘めにする必要はないでしょう。手足などを挟んだ場倍などは、直ちに停止しないと危険ですから。

 それと、揚げ足をとるようですが、エスカレータの幅について規定しているのは、建築基準法ではなく、建築基準法施行令です。
 又、「実際の交通量に比べて道幅が狭い時には、区画整理して道幅を広げるとかしますよね?」とありますが、この場合は新たに道路を整備するなど、交通ネットワークの整備の方を優先させます。そもそも、道路の拡幅と区画整理は別の事業なので(目的が違います)。

投稿日時 - 2007-11-27 22:59:09

お礼

有難うございました。
区画整理は表現がおかしかったですね。 言いたかったのは、狭くて渋滞の原因がある場合には道路管理者が道路を拡げるとか、一体どうしたら渋滞が解消できるか研究すると思う事です。
今のエスカレーター関係者の「エスカレーターは歩いて使用するものではない」と開き直っている態度は、道路で言えば「道路が狭いのだから渋滞するのは当たり前だ、文句を言うな」と、渋滞解決に一切努力しない態度と同じように感じています。
管理する者、工業製品を社会に提供する者、どちらも利用者のニーズに合ったように改善・改良する努力が求められると思います。
分野が違いますが、一応製造業に勤める者として ・・・

投稿日時 - 2007-11-28 13:32:50

ANo.35

エスカレータで歩くのは危険なので止めてほしいです。
もともとエスカレータは歩くには適していません。階段の段差は15cmくらいですが、エスカレータは20cmくらいあるのでつまずきやすいです。また、すり抜けざまに他の人や荷物と接触して大変危険です。
それに歩くと急停止時に転倒しやすくなります。

http://www.ntv.co.jp/tokuso/onb/20050611.html
http://www.n-elekyo.or.jp/comf/esc_use_01.html


それにしても、携帯電話でペースメーカーが誤作動するので優先席付近では電源を切るようにしたところ、「携帯が使えないなんて不便だ」と言う理由で「ペースメーカーを改良すれば問題ない」とか、言ってるのと変わらんと思うが。

投稿日時 - 2007-11-27 21:24:24

お礼

有難うございました。
おっしゃるように「今の」エスカレーターの規格は歩くのに適していないと思います。 だったら、歩いても安全なように改善・改良したら終わりの話だと思いませんか?
各ステップの踏み面や蹴上が高すぎるのなら下げればいいし、本体の角度が急なら緩やかにすればいいし、幅が狭いのなら広げればいいし ・・・ いくらでも改良点があるはずなんですが ・・

ただこの問題は携帯とペースメーカーの問題とは違うように感じます。 携帯の問題は強いていえば、タバコの煙と同質の問題でしょうね。 歩いても安全なエスカレーターが出来れば止まっている人の邪魔にはならないはずだし、共存共栄できると思いますね。 要はメーカーのやる気があるかないかの話だと思います。

投稿日時 - 2007-11-28 13:26:29

ANo.34

エレベーター協会がエスカレーター上での歩行を禁止するのは、責任逃れ以外の何者でもありません。
つまり、歩行者がいても安全なエスカレーターを作る気がないのです。

ですが、エスカレーターの速度を速くして、乗れない人はエレベーターにするという使い分けなんてのもありだと思います。
実際、どこだったか、ラッシュ時だけ早くなるエスカレーターがあると聞いたことがあります。

急ぐ人は階段を使えばいい、と決まり文句のように言われる方が多いですが、階段を走るほうがよほど危険ではないでしょうか。
そんな駅の中を走るバカのせいで、「駆け込み乗車するな」というアナウンスが暴力的にしつこくなったことのほうが、個人的には耐えられません。

禁止すべきなのは、駅の中を走る行為なのです。

投稿日時 - 2007-11-27 21:15:03

お礼

有難うございました。
全く同感です。 ホッとしました。
メーカーの技術部門の連中は何をやっているのでしょうね。 歩いても安全になるには、一体どうすればいいか、研究するのが彼らの仕事ではないのでしょうか。そのために給料をもらっているはずなんですがね。
利用者側の問題に責任転嫁するのは、それから後の話だと思います。

投稿日時 - 2007-11-28 13:19:02

ANo.33

以前、エスカレーターの開発に携わった方がテレビで、エスカレーターは歩行しないのが正しい使用法だから、片側をあけて歩くように使う、現在の使われ方は間違っています、と言っていましたよ。

とりあえず、開発関係者は、歩いて欲しくないようです。

投稿日時 - 2007-11-27 20:58:23

お礼

有難うございました。
これなんですよ、私が非常に憤慨するのは。
そもそも「正しい使用法」って、あるのでしょうか?
数学の定理でもあるまいし、時代を超えても「正しい使用法」なんて存在しないと思います。
それを言うなら 「自分たちが作った古い規格のエスカレーターの現在の能力では ・・」 と条件をつけるべきでしょうね。
幅を広げたり、ステップの形状を改善したり、スピードや本体の設置角度など、歩いても安全になるように改善する余地は腐るくらいあるはずです。
現状は開発関係者の怠慢以外の何物でもないように思います。 要は面倒くさいし、「正しい ・・」とかで逃げを打っているだけだと思います。

投稿日時 - 2007-11-28 13:15:45

ANo.32

私は、エスカレーターは基本歩きません。
でも、急いでいる時に歩く事もありますが、歩く事にしているとか、歩かない事にしているなんて意識して乗った事はありません。

駅では基本階段を使います。
私が住んでいる地域では地下鉄がなく、駅の階段は短いので…。
時間には余裕を持って行動する派なので、エスカレーターを歩かなければならないほど、切羽詰まる事はまずありません。
だからといって、他の人に切羽詰まらないように余裕を持って行動しろと驕った考えを持つわけでもありません。
だから、エスカレーターをどう乗るように決められようとどちらでもいいですが…。
とにかく、安全に利用出来ればいいです。

ですから、エスカレーターを歩けるように設計したほうがいいという意見には、それで安全に使用できるのならば、改善したらいいとは思います。
幅を広げればいいという考えは、真中に乗っている時、何かの拍子にバランスが崩れてしまった時など、とっさに手摺りを掴めない幅になってしまい、危険ではないかと思いますので、いかがなものかと思います。
子供が乗る時に大人と手を繋ぎましょうというのも、最近こそステップの間に足や靴を挟まれるという事故があり、そういう事故を防ぐためというのもありますが、ちょっと前までは、乗り降りが危険なためと、手すりに手が届かないため、自己防衛が出来ないからだったように思います。
幅を広げて、歩かない人は片方に寄るようにすれば、親と子は並んで乗ると邪魔になってマナー違反になるでしょうから、親と子が前後に一段ずれて乗りますよね…?
子供がバランスを崩した時など、下手したら親も道ずれで将棋倒れです。
安全性は、少し劣ってくるのではないかと思います。

しかし、駅は急いでいる人が多いですからね。
歩く事を全面禁止するのもどうかと思いますが…。
エスカレーターを利用する人が、他の利用者の事も思いやって利用出来ればこんな事にはならなかったのでしょうが、急いでいる人は止まっている人が邪魔で、止まっている人は歩いている人がうっとうしい…こう考えている人が多いのであれば、管理する方が乗り方をどちらかに決めてしまいたかったのは理解できます。
きっと、両方の立場からの苦情が今までもけっこうあったのではないでしょうかね?

投稿日時 - 2007-11-27 19:16:10

お礼

ご意見、有難うございました。
たしかに止まっている人から見れば、歩いて登る人が鬱陶しいと感じるでしょうね。 でもこれは基本的にエスカレーターの幅が狭いからではないかと感じています。 
一方、幅さえ広げれば全て解決、バンザーイ、というわけにはいかないのも事実だと思います。 要は利用者どうしの「心」の問題が最後にあるからです。
ただマナーや思いやりの気持ちを論議するのは、技術的あるいは物理的に解決できるものを全て改善・改良してから後の話だと私は信じています。
それに全く手を付けず、「歩くやつが悪い」 とか、利用者の責任にするような鉄道会社側の態度が許せないと憤慨している次第です。
そもそも急ぐ人のために片側を空けるように一生懸命アピールしていたのは、当の鉄道会社だったはず ・・・

投稿日時 - 2007-11-28 13:07:05

ANo.31

質問者様は自分勝手な常識外れだと思ってましたが、対応を見ると礼儀正しく、純粋にエレベーターでも歩けるようにして欲しいと考えて居るんだと思い直しました。

ですが、横が通れなくなるから邪魔だって思っている人間が居る事自体違うと思うのでそれならあやふやにするよりも禁止すべきだと思います。幅を広くしてもキリがないですよ?空港とかで大きな旅行カバンを持っていたらエスカレーター使うでしょうし、そうしたら横は通れません。そのサイズを想定した規格?横を通れても通りにくい事には変わりないのですから『邪魔』って感情は生まれるでしょ?家族で小さな子供達複数とともにエスカレーター乗っていたら横に広がってしまうし横を歩いてもらいたくないです。

歩いて急ぎたいなら階段を使うべきでしょう。
出来るだけ歩きたくない、楽して早く進みたいって身勝手な行動だと思いますよ?私もそう思って横を通ってますが・・・人より体格良いので横を通られると肩が当たったりするので横を通る人への配慮として体を横にしたりします。特にラッシュ時なんかは逆に階段を使うし、エスカレーターを使うなら危ないから歩くなよ!って思いますけどね。

歩くのを禁止されて困る事は無いと思いますよ?
階段を使えば良いのですから。エスカレーターは年寄り、不調な方、荷物持ち、子供連れが快適にゆっくり乗れる環境にしてあげたら良いと思いますけど。

投稿日時 - 2007-11-27 18:44:40

お礼

有難うございました。
そうですね、こういう私もたとえば時間に余裕があって、歩き疲れた時なんかは特に歩いて上がろうとはしないです。
考えれば、両方のご意見があるとしても、皆さん反対の事をする時もあると思うわけですね。
つまり「歩く派」も時には歩かない時もあるし、「歩かない派」も何があっても絶対歩かないというわけでもないと思います。 状況しだいですよね。
で、私が問題視するのが、両方共存できる方法を考えもしないで、上(?)の方から一方的に「危ないからやめろ」とか「歩く事を想定しないからやめろ」とか言われる事なんですよ。

思い出せば最初に片側を空けるように運動したのは鉄道会社だったと記憶しています。 その張本人が ・・・

投稿日時 - 2007-11-28 11:03:25

ANo.30

何故そうまでしてエスカレーターを歩いて上り下りしなければならないのかが分かりません。
歩きたければ階段があります。
エスカレーターを歩くだけで、どのくらいエネルギーや時間の節約になるというのでしょうか。
それくらいの事で目くじらを立てる方もどうかと思います。

投稿日時 - 2007-11-27 18:37:25

お礼

有難うございました。
でも階段が無い地下鉄もあるんですよね。 特に最近の都心の地下鉄は地下深くに建設されているので、地上まで出るのに長い長い ・・ こんな時にトラブルが発生するように思います。

投稿日時 - 2007-11-28 10:56:02

ANo.29

私も歩く派です。
でも歩かない方の気持ちも分からなくは無いです。特に妊婦の方や子供さんの横を歩く時は気になってしまいます。
と思えば、急いでいる時に後ろが詰まっていても気にせず片側に避けない人を見ると、少し迷惑を感じてしまうのも事実です。

「歩かなきゃ良いじゃん」っと言われそうですが、中々そうもいかないんですよね。歩かない方にしたら、わがままかな考えかもしれませんが、ほんとそうもいかないんですよね。
もしかしたら階段を使えと仰られそうですが、それを言うなら歩かない人はエレベーターを使えば良いような気もしますし・・・。

ただやはり感じることは、この問題は違う考えの人お互いが言い合ってもキリが無いものですね・・・。
はっきりいって、歩かない人は歩く人の気持ちに納得できるわけもなく、逆もまた然り・・・。

なので私は、質問者様が仰るとおり「改良する」という意見に賛成です。
むしろ私の場合は改良というより、歩く人専用の道を作り、歩かない方に迷惑を掛けないようにしたら良いのでは?と、今ふと思いました。

投稿日時 - 2007-11-27 17:45:45

お礼

有難うございました。
私とほぼ同じ意見の方がおられてホッとしています。
以前、駅のエスカレーターで若い女性二人が横に並んで、言ってみれば通せんぼのような形になって会話に夢中になって後方の状態が全く把握しておらず、ついに私の前にいた男性が声をかけて空けてもらったのですが、よほど頭にきたのか女性の横を通過する時に 「足は無いのか」 と聞こえよがしに言ったのが聞こえました。

エスカレーターに限らず周辺の状態を把握しないと、ついこのような結果になりますよね。

でもこんなトラブルを未然に防ぐように、鉄道会社もメーカーも知恵を出す義務があるように思いますね。

投稿日時 - 2007-11-28 10:53:57

ANo.28

私はエスカレーター歩行禁止に賛成です。
確かに歩かないエスカレーターを一人で乗るのはイライラします。
「歩けば倍の速度なのに!!」って思います。
いつも歩いています。笑


けれど私は「エスカレーターは歩くものではない」と思っているから
歩行禁止に賛成です。
何故なら危険だと思うからです。特に根拠はありません。
しかし動いているもの上で歩くというのは、なんだか危険な気がしてしょうがないのです。
実際色々な事故が起きていますし。
ましてやラッシュ時は急いでいる分余裕も無く危険でしょう。

「歩行専用のエスカレーターを作ればいい」と言うご意見もありますが。
現在でも事足りている事を、危険を冒してまで利便性を求めなくてもいいのではないでしょうか?
急いでいるのなら階段を早足で昇れば事足りませんか?
私の経験ではエレベーターで歩くのと、階段を早足で昇るのは大体同じ速さですし
そもそもそんなに急がなければならないほど、時間にギリギリなのも事故を招く元になるかと…

また質問者さんの言うような幅の広いエスカレーターは
事故で落ちそうになってしまったとき、両側をつかめず大惨事を招く可能性を感じます。
(子供や小柄な女性だと今くらいがギリギリだと思います)


逆に質問者さんにお尋ねしたいのですが
もし歩行専用のエスカレーターが出来、ラッシュ時に歩行に使われたとしたら
それは従来より事故を招きやすくなると思いませんか?


便利さより安全。私はそれが答えだと思います。
ただもし危険が全く無い歩行エレスカレーターなら、大歓迎です!
ちなみに。
止っているエスカレーターを昇ると気持ち悪くなりませんか!?
私は昇っている途中で気持ち悪くなって大変でした。笑

投稿日時 - 2007-11-27 17:22:23

お礼

有難うございました。

> もし歩行専用のエスカレーターが出来、ラッシュ時に歩行に使われたとしたらそれは従来より事故を招きやすくなると思いませんか?

そうですねえ、全員が同じ動きで階段を上がるように登っていけば特に危険性はないように思うのですが ・・ エスカレーターの場合、動いていると言っても電車のように全く予測不可能な動きや反動がくる事が無いので、軽く手摺に手を添えて歩けば問題無いのではないでしょうか。 逆に両方混在している今の状態の方がもっと危険性が多いように思います。

それと止まっているエスカレーターを上ると、たしかに気持ち悪いですよね。 なぜなんでしょうね。
ムムッ、また新たな疑問が生じてきました。

投稿日時 - 2007-11-28 10:46:52

ANo.27

(絶対にに躓いて、前方の利用者を直撃しない人間がいるなら兎も角!!)
厳禁以前の問題として"歩かないのが当然だ"と考え続けますね。

又(鉄道事業者等の)設置者側は現行の半分の幅のエスカレーターを2基併設させれば粗追越の問題は解消するでしょう。

投稿日時 - 2007-11-27 16:55:15

お礼

有難うございました。
1人用の幅のエスカレーターですね。 幅広のエスカレーターを作るより、こっちの方が正解かも知れませんね。

投稿日時 - 2007-11-28 10:39:22

ANo.26

>皆さん、エスカレーター上を歩くのをどう思いますか?

 禁止すべきだと思いますね。
 特に混雑する時間帯、朝の通勤ラッシュ時等は。

 質問者様は『電車がホームに入ってきたとき、乗り遅れても平気ですか?』と述べておられますが、その様な状況下なら焦る人は歩きませんよね?駆け出しますよね?
 駆け込み乗車が危険なのはご存知の通りだと思います。
 
 現状の規格では…と言う意見には賛成します。
 ですから尚更、禁止にすべきだと思います。
  


 

投稿日時 - 2007-11-27 16:14:25

お礼

有難うございました。
> その様な状況下なら焦る人は歩きませんよね?駆け出しますよね? ・・・
えーっと、自分がホームにいた場合は早足で乗り込みますが、もしエスカレーターに乗っている時なら、走るなんてしませんね。 階段でもそうですが、ステップを走って上るというのは大変危険だと思います。

ただ、たとえゆっくりでも、エスカレーターを歩いて上がると、エスカレーター自身の速度 + 歩く速度になって、階段を走って上るのと変わらなくなるように思うわけですね。

せっかちな人がつい歩いてしまうのが、この辺に理由があるように思います。 もしこれがロンドンの地下鉄のようにスピードが速ければ誰も歩こうとはしないと思いますね。 あそこは階段が無いからスピードを上げていると思いますが ・・

投稿日時 - 2007-11-28 10:37:43

ANo.25

本来、歩くべきでないエレベータの上を歩くから問題。
歩かないのが正しい。
だから、横浜市営地下鉄は正しい。
でも、歩く人が多い(駅の場合)から暗黙のルールが出来た。
暗黙のルールが浸透している場合はそれに従ったほうが無難(スムーズ)(正しくはないが世の中そんなもんでしょ。)
デパートなんかだと普段歩く人も歩かない場合が多いのでは?
歩いても良い安全な幅と構造のエスカレーターがあればこの問題は起きない。
(個人的には出来てほしいですね)
歩く人も、歩かない人も自分は絶対こうだ!!っていわずに、
時と場合によって、うまいこと振る舞いましょう。
大人なんだから…

投稿日時 - 2007-11-27 16:07:40

お礼

有難うございました。
そうなんですね、両方ともちょっとした気遣いで不愉快な思いをする事がなくなるのに、なぜか当然の権利のように振舞うからトラブルになるんですよね。
お互い、「すみません」 という気持ちがあればいいですね。
ただ、私の場合はデパートでもつい歩いて上がってしまいます。
というのは6階や7階に用事があるのに、エレベーターは全然来ない、ついエスカレーターを歩いて ・・・ このパターンが多いですね。 どこのデパートでも特に紳士服なんてずっと上の階に追いやられていますからね。

投稿日時 - 2007-11-28 10:29:47

ANo.24

No.21さんの意見に賛同します。

歩く用と、歩かない用2本用意すれば良いと思います。

エスカレーターが一基どのくらいの値段になるのかわかりませんし、何年持つのかもわかりません。

現状としましてすぐ新しいものに交換というのも難しいと思いました。
ホームなども駅によって広げるのが不可能な場合もあると思います。

これから駅などを改修する場合は考慮できる点ではあると思います。

とにかく今出来る事と言えばローカルルールであっても、歩く人、歩かない人お互いが、思いやりや余裕を持って、行動すれば規制される事も無いと思います。

投稿日時 - 2007-11-27 15:55:07

お礼

有難うございました。
私も基本的に全く同意見です。 要は両方の希望を満足させられるように鉄道会社もエスカレーターのメーカーも工夫する義務があると思っています。
それを 「そもそも歩く事を想定していない」 なんて、よく言えるなと憤慨したわけです。 自分の馬鹿さ加減を発表しているようなものです。
エスカレーターと言っても所詮は商品です。 改良すればいいわけです。

投稿日時 - 2007-11-28 10:25:01

ANo.23

そもそも「エスカレーターは歩くように設計されていない」なんて
ここ最近になって初めて聞きました。

もう十何年も前から駅などでは
「お急ぎの方の為に左側をお開け下さい」(地方によっては右側)
っていうアナウンスをしていたり、張り紙がしてあったりして、
それが当然のことだったと思います。
歩く人と歩かない人が左右に分かれるのは効率的だし
すでに世間一般にも広まっている使い方だと思います。
世界的にも左右どちらかを空けることになっているようですし。

それが突然「歩くように設計されてない」なんて、
納得できない感じです。
片側に重みがかかるくらいで故障するような
ちゃちな機械なんでしょうか??
もしそうなら改良してほしいですね。

投稿日時 - 2007-11-27 15:48:55

お礼

有難うございました。
そうなんです、駅で急ぐ人のためにどちらかの側を空けて下さいとアナウンスしていたのは、当の鉄道会社だったですよ。
それ長年の間に自然になり、また効率良く通れるようになったと思ったら、いきなり 「歩行禁止」 です。
それも歩きたくない人からの苦情が原因だとか ・・ 逆に通せんぼされて不愉快に感じた人からの苦情だったら 「エスカレーターでは止まらないで下さい」 とやるんでしょうかね。

投稿日時 - 2007-11-28 10:21:59

ANo.22

>やはりエスカレーターの幅を広げるしかないように思います

いや、だからそれは歩く派の理屈であって、歩かない派、
むしろ横を歩かれず平和に乗車したい人にとっては
歩行禁止制度の配備こそ喜ぶべき改善=企業努力なのでしょう

少なくとも現段階では歩く派の負けです、諦めなさい(笑)

投稿日時 - 2007-11-27 15:39:21

お礼

有難うございました。
そうですね、今は白旗を揚げるしかないですね、トホホ ・・

投稿日時 - 2007-11-28 10:16:50

ANo.21

自分はよく歩いていますが、前に人がいたら立ち止まります。

エスカレーターの幅を広くすればよい、とのことですが、「両方の手すりに(ぎりぎりではなく)手が届く」という条件は必要だと思います。転落しそうなときに片方しかつかまれないのは危険ですし、両側に手をかけないと態勢の維持が困難な方もいるかもしれません。

そもそも、2つの用途が期待されているのに、1つの機械で達成しようというのが誤りだと思います。
1人分の幅のエスカレーターを2本用意してはいかがでしょうか?片方は通常の速度で、もう片方は赤い色にして3倍速とか。

投稿日時 - 2007-11-27 15:35:38

お礼

有難うございました。
2種類のエスカレーターを用意するわけですね。
これなら両方の希望を満足させられますよね。
でも実現にはまだまだ時間がかかりそうですね。

投稿日時 - 2007-11-28 10:15:40

ANo.20

私は、ルールなら守ります。が、ローカルルールは作らないで欲しいです。
個人的には、規制するなら、歩く奴、行く手を防ぐ奴より、ベビーカーで乗り込んでくる馬鹿親を規制する方が先だと思うんですが。

投稿日時 - 2007-11-27 15:34:59

お礼

有難うございました。
全く同感です。 日本は何となく赤ちゃんを連れていれば何をしても許されると誤解している夫婦が多いように思います。
というか、危機意識が全く欠如している親ですね。
何度か電車のドアに挟まれる事件がありましたが、昔の親は子供を抱き上げ、ベビーカーを畳んで乗っていたように記憶しています。
報道番組でもメーカーの担当者がコメントしていましたが、ベビーカーは広げたまま電車に乗り込む事を前提に強度計算や規格を決定をしていないという話でした。
それで事故を起こして全て電鉄会社の責任のように主張するんでしょうね。

投稿日時 - 2007-11-28 10:14:03

ANo.19

禁止すべきだと思います。

朝のラッシュ時もエスカレーターは歩きません。
別にその時電車の音がしたからと言って乗りたくもなりませんし、それで遅刻する様な余裕の無さでもないので。

本来歩きたくない人や階段が辛い人の為にある物だと認識しているので
早く行きたいなら階段駆け上がればいいと思っています。

それに歩く人は止まっている人にバックをぶつける光景をよく見かけますが、それでもしぶつけられた人が転んで骨折でもしたらどうなるのでしょうね??

この間、朝の駅で一人用の幅のエスカレーターで止まっていたら、後ろから来たおばさんに「どきなさいよ、この馬鹿女」と言われました。
だから余計に腹が立つのかもしれませんが、とにかく禁止にして欲しいです。

投稿日時 - 2007-11-27 15:21:14

お礼

ご意見、有難うございました。
> 後ろから来たおばさんに「どきなさいよ、この馬鹿女」と言われました ・・
エッ、そんな事を言う人がいるんですか。 これこそ自己中そのものですよね。 男どうしだったら喧嘩になるかも知れませんよね。
何とか共存できないものなんでしょうか。

投稿日時 - 2007-11-28 10:07:51

ANo.18

私も前に行けずに諦める事があります。
質問者様はエスカレーターは右側を歩くものって考えがあるようですが、そもそもエスカレーターは階段を使わないで楽をして上る昇降機ですよね?お年寄り、荷物を持った方、小さなお子さんを連れた親が上り下りする為に必要な幅です。勿論ただ楽だから階段を使わず一人で乗る方も居ますので、右側が空いていたりしますから歩いて上ってもマナー違反では無いと思いますが、前に人が居るから上れないと言うのは大きな勘違いだと思いますよ?そんなに先に行きたいなら初めから階段を使うのが本来の常識です。

私は自転車をよく使うのですが、道路交通法では自転車が走行する区分は車道です。ですが歩道を走行しても良い場所があるのですが、歩道を塞いでいる親子とか居てもあくまでも優先は歩行者です。勘違いしてベルを鳴らし続ける中年も多いですがこれも同じように大きな勘違いです。

結論
『エスカレーターはそもそも歩く昇降機では無い』って事です。

横浜市営地下鉄がエスカレーターで歩く事を今秋から全面禁止はそんな勘違いした人間が多いせいで、空いていても歩く事が出来なくなるんです。私だって楽してエスカレーターを歩いて上りたいですが!煙草だってまともな喫煙者ばかりなら問題ないのに・・・・根本的な考え違いだと思いました。

投稿日時 - 2007-11-27 14:56:07

お礼

有難うございます。
議論になりそうなんですが、goook 様の結論の 『エスカレーターはそもそも歩く昇降機では無い』 というお考えなんですが、私は別の考えを持っています。

間違いという意味ではなく、「現状の狭い規格では ・・」 という条件付きの結論のように思われます。 歩いても問題もないし安全というレベルにまでメーカー側が改善の努力をすればいいように思います。 少なくとも幅を今より20cm 程度広げればいいと思いませんか? たったそんな簡単な事で、歩きたい人も、歩きたくない人も、両方の欲求を満足できるように思います。

その結果 「エスカレーターは歩いても安全な昇降機」 と定義づけられればいいなと感じています。

投稿日時 - 2007-11-27 15:18:23

ANo.17

No.10の回答者です

あなたはラッシュアワーの事を例に挙げていますが、問題はラッシュの時間だけでなく、普通の時間帯でも当たり前のマナーのように、端による事を周りに強制している事が問題なのではないでしょうか

確かにラッシュの時間はみんなが急いでいるのでしょうがない面はあると思いますが、普通の時間帯までも歩きたいからと言う理由で、右側を空ける事を決まり事のように言うのはどうかと思います

普通の時間帯はお年寄りや子供もいるので、もし歩きたいと言うなら我慢するか、すいません通してくださいとお願いすれば問題は起こらなくなると思います

そうなれば、母親と子供は並んで乗る事が出来るので、子供が足を挟むこともなくなるでしょう

ラッシュアワーの時間と普通の時間を同列にして考えるから、おかしくなるのです

ラッシュアワーの時間帯は空けるとしても、普通の時間は我慢するか階段を使う

もし階段がなくてどうしても歩きたいなら、押しのけて歩くのではなく、すいません通してくださいと言って通れば良いのです

投稿日時 - 2007-11-27 14:53:13

お礼

再度のご意見、有難うございました。
たしかにラッシュ以外の時間帯では、そんなに杓子定規に考える必要は無いように思います。
お互い「当然の権利」のように自分を主張するからトラブルになるのであって、ちょっとした心遣いで気持ちよく公共機関が利用できるように思います。
でも中にはそうでもない人がいるから、問題になるのでしょうね。

投稿日時 - 2007-11-27 15:09:52

ANo.16

男性です。私は一人の時は歩きます。 
日本に限らず 海外でも片方は 空けておくのが一般的です。
(ラスベガス、ドイツ、チェコ)、
このテーマは 何が自己中なのか? につきると思いますが、
止まりたい人もいれば
歩きたい人もいる。
階段の無いところも増えてきた。
という状況において、自分と違う行動を認めようとせず、
みんなが止まれ。とか
みんなが歩け! という考え 両方とも自己中です。

公共の場所ですから、マナーを守って、歩きたい人は 止まっている人にぶつからないように気をつけて歩くべきで、
止まっている人は 止まるのが正義だ、なんて思わず、片方によってお互い譲り合えばいいのです。 
本来こういう仕様である、という意見は説得力が無く、運用しているうちに使用法が変化するなんてよくあることで、それが多くの人が選んだやり方であると思います。

マナーの悪い人が問題を起こすことがあるようですが、それはエスカレーターに限らないことですので、別対応すればよく、果たして今回の横浜の対策がうまくいくのか、一過性のものなのかを見守りたいですね。

投稿日時 - 2007-11-27 14:30:22

お礼

有難うございました。
質問の主旨をご理解頂いて感謝します。
理屈を言えば、公共機関の利用者なんてみんな自己中だと思います。 これは仕方ないと思います。 他人のために自分の欲求を我慢するなんあて誰でもしたくないからです。

要は利用者全員が自己中でも、環境や製品の規格で可能な限りトラブルになるのを防ぐ「努力」だと思います。

最新型の電車の座席には一人一人のお尻の形に合うように凹みを設けていますよね。 実際に座るとルーズな座り方は出来なくなり、定められた人数がキチンと座れるようになっています。 これは鉄道会社やメーカー側の改善努力の結果です。 これですよね。 どうやれば皆がトラブルなく快適に利用できるか考えた末の結果だと思います。

エスカレーターも幅やステップの規格を実際の使われ方に合うように改善し、皆の自己中を満足させるようにする必要があると思います。

あと10~20cm 幅広のエスカレーターを作れば、皆が喜ぶと思いませんか?

投稿日時 - 2007-11-27 15:05:26

ANo.15

>でも 「横に二人並んだら、後の人の邪魔になる」 と考えなかったのかなと思っています。 それが社会常識というか、マナーではないのでしょうか?
エスカレーターでは片側を空けなければならないというルールはなく、むしろ二列に並んで乗るのがルールですので、横に二人並んでいたとしてもマナー違反だとは思いません。ただ、片側を空けるというのが暗黙の了解になっているのも事実なので、お互いに譲り合って対応すれば良いと思います。
今回の苦情に関しては「邪魔だ」という失礼な言い方をした人が非常識です。「急いでいるので通していただけませんか?」と言うべきです。

>乗る電車がホームに入ってきたのに、歩きもせずにエスカレーター上でジッと動かないというのは精神衛生上良くないからです。 
これはあくまでも貴方の基準であって、全ての人に当てはまるものではありません。時間に余裕のある人だっていますからね。

>そもそもそんな想定をしなかった設計者が馬鹿だと思います。暇人ばかりがエスカレーターを利用するわけではないですからね。
急いでいる人に利用してもらう為にエスカレーターを設計したのなら設計者の想定ミスですが、エスカレーターは急いでいる人の為に設計されたものではなく階段の昇降を楽に行う為に設計されたものなので、設計者が馬鹿だとは思いません。
急いでいて歩きたい人は階段を利用すれば良いだけです。

>それに事故発生も、主な原因は幅が狭すぎるからだと思います。
原因は幅が狭すぎるからではなく、正しいエスカレーターの乗り方をせずに狭いところをすり抜けようとする人がいるからです。

>ロンドンの地下鉄のように昇降のスピードを上げれば歩かなくてもイライラする事はないでしょうが、これも日本では 「安全第一」 という錦の御旗があって多分法律で禁止されているでしょうし
日本ではエスカレーターは階段の昇降を楽に行う為の機械ですから、スピードが遅くて苛々することよりも、スピードが速くて幼い子供や高齢者の昇降が困難になる方が問題視されるのは当然だと思います。それに何か事故が起こった際に責任を問われるのは利用者ではなく設置した側ですから、安全第一を重視するのは仕方がないと思います。

>皆さん、エスカレーター上を歩くのをどう思いますか?
階段が便利な位置にあれば良いのですが、そうではなくエスカレーター上の歩行を全面禁止にされると確かに不便です。でも理不尽な理由での全面禁止ではないので、文句は言えないです。

投稿日時 - 2007-11-27 14:02:05

お礼

ご意見、有難うございました。
鶏が先か卵が先かという議論になりそうなのですが、私は今の日本のエスカレーターの規格が実際の使われ方に合っていないから、色々なところでトラブルになっているように思います。 
エスカレーターと言っても所詮は単なる工業製品です。 現実に合わなければ改良すればいいわけです。 それでも動くエスカレーターは危険というのであれば、車や飛行機のように安全ベルトの使用を義務付けが議論になると思います。

歴史には素人なんですが、初期のエスカレーターはおそらくデパートなど時間に余裕があって、なおかつ贅沢な気分を味わう場所で広まったのではないでしょうか? 戦前の国鉄や私鉄でエスカレーターがある駅なんて存在していなかったはずです。 

そのため、エスカレーターを歩くなんて想定していないというのは、その時代の発想であって、今の使われ方を全く無視した発想だと言わざるを得ません。 従って、正しいエスカレーターの乗り方というのも、時代に即したものでなくてはいけないように思います。 無論、メーカー側でも実際の使われ方を理解して安全性をトコトンまで追及する必要があると思います。

私がエスカレーター関連の技術者は、今こんなに問題となっているのに何も改良せずに恥ずかしくないのかと憤慨するのはそのためです。 建築基準法を問題視するなら法改正の動きを業界全体でやる必要があると思います。

すぐ横に階段を設置しないで、エスカレーターを歩くのは危険だから全面禁止だと言うのなら、一層の事、「エスカレーターの事故が多く極めて危険だから全ての駅で撤去する」 くらいの気概を見せてほしいものです。 

投稿日時 - 2007-11-27 14:53:06

ANo.14

>「エスカレーターの歩行禁止」 どう思いますか?
ラッキーです。
わたしは絶対に歩きませんもんね。
後から罵声を浴びようが何を言われ様が歩きません。
死んでも歩きません。
生き返っても歩きません。

ただし災害等は我先に走って逃げると思います。

投稿日時 - 2007-11-27 13:51:53

お礼

有難うございました。
もちろん歩きたくない方はそのままでいいと思います。 要はエスカレーターの幅が狭いからお互い邪魔になっているように感じます。
エスカレーターと言っても所詮は工業製品だし、改良すれば何も問題ないように思うのですが ・・

投稿日時 - 2007-11-27 14:33:37

ANo.13

自分はビュンビュン歩く人ですが、歩行禁止(をハッキリ明示した事)はいいと思います

本音をいえば、歩きたいですし、
「そもそもそんな想定をしなかった設計者が馬鹿」は笑いました(笑)
たしかにそのとおりですね

しかしトラブルがあり、対処をしたという姿勢は大変よろしいかと思います
また自分の希望を置いて公平に考えた場合、
ある用途(この場合は、歩かず昇降する事)で作られたものを、
勝手に自己流に利用して怪我をしたりトラブルを起こし、
それについて文句をいうのはやはりお門違いだと思います

用途を明確に発表しなかった側にも非はあると思いますし、
「自己流」希望者がある程度多ければ、
「機械の方を合わせる」事も検討すべきとは思いますけどね

投稿日時 - 2007-11-27 13:50:58

お礼

有難うございました。
交通局自体の対応は仕方ないとしても、今のエスカレーターの規格は実際の使われ方に合っていないように思うわけです。
危ないからと動かない人もいる一方、一刻も早くホームに行きたい人もいるわけで、両方の立場を尊重して今のように片側を空ける習慣が生まれたように思います。
お互い邪魔にならないようにすれば、やはりエスカレーターの幅を広げるしかないように思います。また法の規制があるのなら改正すればいいと思うのですが ・・・

投稿日時 - 2007-11-27 14:31:29

ANo.12

>「機械の方に人間の行動を合わせろ」
とりあえず、今のエスカレーターはそう作られているのだから、
しかたがないのでは無いでしょうか?

質問者さんも、今現在の日本のエスカレーターは、歩くのに適していないと
理解されているように思うのですが・・・

質問者さんの主張は歩くことを想定したエスカレーターができるまでは
成り立たないように思います。

道幅が狭いから30km/h制限の道を、でも走れるから50km/hで走っても
いいですよね、といっているようなものでしょう?
あるいは歩行者専用の歩道を自転車で走るとか?

あくまで、歩く人優先ではなく、道を譲ってもらっているのだと
認識してください。

投稿日時 - 2007-11-27 13:19:33

お礼

有難うございました。
私も今のエスカレーターの規格は実際の使われ方には合っていないように痛感しています。 少なくとも幅が狭すぎますよね。 だから横の人とぶつかるケースがあるわけです。

幅を広げればいいと思われませんか? ステップが高すぎるのであれば、踏み面や蹴上を下げればいいわけですよね? 建築基準法の規制があるのなら、改正すればいいわけですよね?

道路で言えば、実際の交通量に比べて道幅が狭い時には、区画整理して道幅を広げるとかしますよね? それが道路管理者の義務です。

要はエスカレーター関係者は努力を怠っていませんか? と感じるわけです。

投稿日時 - 2007-11-27 14:24:29

ANo.11

> そんな想定をしなかった設計者が馬鹿だと思います
だから「歩いていい」という理論にはなりません。
現状、歩く事は想定していないのだから歩いてはいけないのです。
危険防止のためでもあります。
「エスカレーターとはそのようなものだと」認識すればいいだけの事です。
急ぐのであれば階段を駆け上がって(駆け下りて)下さい。
そもそも時間がなくてイライラするような状況にならないようにするのが基本でしょう。

投稿日時 - 2007-11-27 13:03:03

お礼

有難うございました。
私は理系の人間なんですが、自分の作ったものが最高で、「これは不便だとケチをつけるなんて許せない」 とは考えてはいません。
エスカレーターを含めて、あらゆる工業製品は人間や社会が便利になるように常に創意工夫を重ねる必要があると信じています
今、私たちの社会はとても便利に出来ていますが、これは先輩たちの改良の結果だと感謝しています。
エスカレーターなんですが、いくら「最初は歩くなんて発想はしなかった」としても、実際には歩く利用者の方が大勢を占めるようになっていれば、そのような使われ方をしても安全なように技術者が考えなければいけないと思います。
もし法律や基準が時代や現実に合わないのであれば、改正すればいいわけです。
自説、すみません。

投稿日時 - 2007-11-27 14:16:11

ANo.10

最近子供の足がエスカレーターに巻き込まれると言う事故が起きていますが、これは親と手を繋いで並んで乗っていれば防げる事故です

それに、並んで二人ずつ乗れば、たくさんの人間を運べるのに、歩きたいと言う少数の人間のわがままのために、子供や大勢の人が我慢を強いられると言う事態になっています

私は横浜だけでなく、日本全国でこのような規制をして歩く事を禁止にするべきだと思います

そうすれば、子供の安全も確保されるのですから

投稿日時 - 2007-11-27 12:29:38

お礼

有難うございました。
大変失礼なんですが、school 様は毎朝のラッシュ時に電車を利用されていますか? あるいはホームに電車が入ってきたのが分かっているのに、それでも急がずにジッとされていますか? 乗り遅れても平気ですか?
と言うのは、私の経験では歩かない人は本当に少ないです。 統計を取った事が無いので割合は分かりませんが、感覚としては100人利用者がいて、歩く人は8~9割を占めるように感じます。 朝の通勤時間は誰でも急いでいますからね。
立って並んでいる人の中でも途中でイライラしてきて、歩く列に横から強引に割り込んでくる人もいるくらいです。 狭い幅の中でそんな事をするから余計危なくなるように気がしているのですが ・・・

投稿日時 - 2007-11-27 13:53:47

ANo.9

自主性尊重したら設置者が訴えられる世の中。
自分の行動に責任取らない馬鹿ばっかりなので有る程度の規制は仕方がないかと。

個人的にはエスカレータの片方は「必ず開けてないといけない」なんて強制が蔓延し、両側に載れば2倍の輸送量があるエスカレーターをわざわざ1列にして階下渋滞作っている馬鹿利用者蔓延の状態をどうにかして欲しいですな。

「臨機応変」という事が全く出来ないのが日本人ってもんですね。

投稿日時 - 2007-11-27 12:10:27

お礼

有難うございました。
たしかに日本人は自己責任をとる国民性ではないですからね。仕方ないですか。

投稿日時 - 2007-11-27 13:47:10

ANo.8

面倒くさい地下鉄ですね。
ローカルならではのルールだと思いますが、
全駅でエスカレーターと並んで必ず階段があるのでしょうね。
東京ではエスカレーターしかない場所もありますから、
こんな規制されたらたまりません。

2人で絶対「横」に並んでいなきゃならないこともないですよねぇ?
「縦」ではダメなんでしょうか?
それに、
小さい子供さんの手を引いて横に並んでいる親子に対して
迷惑に思う人も誰もいないはずですし、
スーツケースなど横幅の広い荷物を持っている人などは1人で2人分塞いでも
文句言う人など誰もいないです。
つまり、歩く歩道代わりに利用している私たち(笑)が
一般の利用者を阻害するような強気な態度を取るということは
普通はないと思うのです。
今回のケースは、たまたま頭のおかしい人が強気に出て一般人が迷惑したという話なはず。
臨機応変に対処すればいい話なのに、わざわざ規制するとはバカバカしいです。

投稿日時 - 2007-11-27 12:03:00

お礼

有難うございました。
そうなんです、駅によってはエスカレーターしか移動手段がない所もあります。 それに最近の駅は地下深く建設されているので、改札まで出るのに長い長い ・・

考えれば邪魔だと文句を言う方も言う方だし、後の人の邪魔になっているのを知らん顔している方もそうだし、やはり周りの空気を読めない人が問題を起こしているように思いました。

投稿日時 - 2007-11-27 13:44:10

ANo.7

「横に並んだら後ろの人の邪魔になる」と言うマナー??もあるのかも
知れませんが「小さい子供は手をつないで乗りましょう」と言う
安全性の面からの使用方法もあるわけで、これも社会常識です。
今回のように子供の手をつないで乗っていて後ろから「邪魔だ!」と言われたら
自分なら反対に文句を言うと思いますよ。
地下鉄なら近くに階段もあるわけで、急ぐなら階段を使えば良いだけの話ですよね。
エスカレーター上でジッと動かないというのは精神衛生上良くないのなら階段を使ってください。

どちらが悪いとか良いとかではなく
「もう少し自分以外の人の状況や空気を読め」と言いたい所です。
少なくともこの件は、決め事でどちらかにするような事ではないと思います。
結局は一部のそう言う自分第一主義の人たちのために一般の人たちまで
規制されるのは嫌ですよね...。

投稿日時 - 2007-11-27 11:57:33

お礼

有難うございました。
そうですね、たしかに小さい子供は手をつなぐ必要はありますよね。 ただ、どうなんでしょう、自分の前に立たせて前後で手をつなぐ方法もあるように思います。 よく大きなスーツケースを持った人がする形ですよね。 そうすれば、急ぐ人たちから睨まれる事も無いように思うのですが ・・

投稿日時 - 2007-11-27 13:39:40

ANo.6

日本では、乗ってる人は片方に寄って、急いでいる人は、その脇を登っていくという、エスカレータの乗り方に間違った認識があります。

外国はどうかわかりませんが・・・。
日本のエスカレータは、そういう構造になっていません。
機械的構造から、バランスをとる必要があります。
一人で乗るときは、真ん中に。
二人で乗るときは、両脇にバランス良く乗るのが、本来の乗り方です。
片方にみんなが並んで乗ると、偏りが生じ、機械に負担がかかるからで故障の原因にもなります。
エスカレータの乗り口に、乗り方もちゃんと書かれています。

エスカレータは、体の負担なく階段の登り下りをするものです。
歩行して、登り下りをするものではありません。
個人的には、急いでいるのであれば、階段を使えば良いと思っていました。
正規に乗っている人の横をすり抜けられた時に、バッグなどがぶつかる人もいます。
前に、お婆さんが、それで転んだのも見たことがあります。
ハッキリ言って迷惑に感じます。

中にはどうしても急ぐ人もいるでしょうから、間が空いていて、すり抜けられるのでしたら、一声かけて抜くのは良いかもしれません。
それを、邪魔だ扱いして抜くのは、どうかと思います。

投稿日時 - 2007-11-27 11:57:12

お礼

有難うございました。
エスカレーター上を歩く事での事故や不愉快な思いをされる事もあるかと思いますが、これら原因のほとんどは建築基準法で最大幅が1.1mに規制されている事にあるように思います。
1.1mでは余裕をもって前の人の横を通過する事は無理ですからね。

質問の主旨なんですが、たしかに動いている面を移動する事は危険、少なくとも安全ではないという発想は理解できるのですが、それなら幅を広げるとか各ステップの形状を改良するとか、技術的にいくらでも方法があるように思います。 なぜ放置しているのでしょうか? それに動いている面と言っても、エスカレーターの場合は電車のように予測不可能な圧力が加わるわけではありません。 

それなのに、なぜ今あるエスカレーターの性能や形状などの現状に利用者の方が我慢を強いられなければいけないのか理解できません。

色々方法はあると思いますが、たとえば幅を1.3~1.4m程度に広げれば何か都合の悪い事でもあるのか疑問に思いますね。

投稿日時 - 2007-11-27 13:36:19

ANo.5

その理由は表向きであって、
実際にはエスカレータ事故を防ぐのが目的だと思います。

エスカレータに衝撃や過負荷が加わると緊急停止します。
実際に乗っていたエスカレータが緊急停止したことがありますが、
予兆無く、制動距離ゼロで突然停止します。

緊急停止はエスカレータを歩いたり駆け上がってる時に作動しやすく、
この状態で急に止まればどうなるかは想像に難くありません。

投稿日時 - 2007-11-27 11:56:43

お礼

有難うございました。
なるほど、人が歩くと緊急停止する恐れがあるんですね。 となると、センサーの設定や停止のやり方を改良するとかの努力が必要となりそうな感じもしますね。

投稿日時 - 2007-11-27 13:23:02

ANo.4

私はどちらでも良いと思います、或いはエスカレータを廃止しても構いません、お好きな様にして下さい。
先日神戸市でエスカレータ事故がありました、歩かずにジッと立っていた人2人が足を切る事故が発生しました。
エスカレータの足下にある、ステンレス製の側板がめくれ上がっていてそれに足が引っかかったのです。
数日後に見たら修理されて何事もなかった様に運行されていました、事故を皆無にしたければ廃止すればよいのです。

投稿日時 - 2007-11-27 11:53:38

お礼

有難うございました。
側板で怪我をする事故があったんですね。どんな良い機械でも管理が悪ければ凶器になりますよね。

投稿日時 - 2007-11-27 13:19:47

ANo.3

個人的には、やはり歩いた方が良いです。
エスカレーターで歩けば、倍のスピードになりますからね。
歩かない人は前の人に倣ってどちらかに寄っていれば問題はないんですし・・
ただ昇降スピードを上げると乗降りの時に危険なのでやめた方が良いと思います。

投稿日時 - 2007-11-27 11:53:22

お礼

有難うございました。
ロンドンの地下鉄のエスカレーターは早かったです。 それに長いんですよね。 おそらく3階分くらいを一気に昇降するので、日本のようにトロトロしたスピードだと、せっかちなロンドンっ子には逆に危ない状態になるかも知れないなと感じました。
それでもスペードが原因で事故が頻繁に発生するなんてニュースはないように思います。

投稿日時 - 2007-11-27 13:17:59

ANo.2

どうも何も、禁止でなければ自己責任で歩きますし
禁止なら歩かないか、階段ダッシュでしょう。
世の中、何でも自分に都合よくできているわけじゃないんですから。
片側を開けるというのは、あくまでも「暗黙の了解」であって
オフィシャルなルールではないという事です。

「機械のほうに人間の行動をあわせる」というのは、
ある意味では当たり前なのではないですか?
人間よりはるかに力も強く、間違った使い方をすれば
場合によっては惨事を引き起こすこともあり、
決められた動作しかできず融通の利かない「機械」。
人間が機械に合わせなくて、何が何に合わせるというのでしょう。
便利さの裏にあるものを見失うのは危険ですよ。

投稿日時 - 2007-11-27 11:49:10

お礼

お答え、有難うございました。
機械に対しては、そうですねえ、議論になりそうなので控えなければいけないのですが、私は逆に理系の人間の一人として、人間の行動パターンの方に機械の設計を変えるべきと常々考えています。
エスカレーターもそうで、「歩くなんて想定していない」なんて、どんな馬鹿な設計者が言い出したのか、あるいは技術者として恥ずかしくないのかと憤慨しています。
たとえ初めは想定していなくても、実際に社会で使用されるようになって使われ方が違うと感じたら、その中でいかに安全に使用してもらえるようになるか、自分で設計を変更すべきではないのかなと思っています。
人間の動きや本能を無視した発想では進歩も技術改革もないように思います。

投稿日時 - 2007-11-27 13:13:45

私も歩いて利用しますけど、地域によって右を空けるか左を空けるかが異なり、ちょっととまどうことがありますし、両側に人が立っていればどけと言うのもマナーの問題ですから、この時点であきらめて止まります。
私は歩いて上ることに肯定的な考えですが

>横に並んでいたら、後から来た人に邪魔だと言われた

これもどうかしていて、強制的にどいて貰うべきではないと考えます。

また、

>横浜市営地下鉄がエスカレーターで歩く事を今秋から全面禁止

これもどうかしており、市民レベルの暗黙の了解に行政が介入するべきではなく、自主性に任せるべきと思います。

投稿日時 - 2007-11-27 11:38:51

お礼

有難うございました。
前を塞ぐ人に「邪魔だ」と強制するのはどうかなと私も思っています。 仮にマナー違反だとしても、一応「すみません、通らせもらいますか?」ぐらい言えば、逆に前の人も「あ、気が付かなくてすみません」と、道を空けるように思います。
少なくとも私はそのように心掛けているつもりなんですが、そうでもない人も中にはいるので、どうしても地下鉄に苦情の電話をするようになるんでしょうね。

投稿日時 - 2007-11-27 13:06:25

あなたにオススメの質問