こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

月末の通帳のまとめ記帳

月末頃になると、銀行ATMや通帳記帳機で10冊はありそうな会社の預金通帳を,まとめて記帳している人を見かけます。毎日記帳をしたほうが、お客様、取引先様とのお金のやりとりがすぐにわかってよいと思うのですが。どうしてこのようにしているのか教えてください。

投稿日時 - 2007-11-24 13:02:19

QNo.3542668

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

会社の経理部の方がよくやっていますが、
毎日記帳せず、月末一気に記帳しているのは次のどれかと思われます。

1.その会社が銀行から遠く、毎日いちいち行って記帳するのは面倒と  いうか往復時間や費用の無駄という考えです。
2.記帳しても一ヶ月の入出金が数件または少ないので、月末に記帳
 して、その後会社に帰ってその入出金の伝票を一気に発行するため。
3.各口座の月末の確定残高を記帳して会社の帳簿残高と照合するとい
 う事を毎月行う必要があるので、月末または翌月初にまとめて記帳
 する。

投稿日時 - 2007-11-24 20:08:10

お礼

ご回答ありがとうございます。OKWaveに初めて質問を出したので、反応があるかきがかりでしたが、こうしてお礼の投稿が出来てなによりです。3つのご回答は、筋が通っていて勉強になりました。心より御礼申し上げます。

投稿日時 - 2007-11-25 13:11:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

大手企業では、FB、NETにより明細を毎日入手していると思います。
個人企業などでは取引先件数にもよりますが、売掛金回収日の記帳を行い回収金額との相違を早く確認したいために行っています。
振込みを朝一ですれば、午前中には確認ができますが、5;10日では閉店時間間際でなければできないこともありますから記帳を求めていると思います。

投稿日時 - 2007-11-24 17:35:32

お礼

ご回答ありがとうございます。大手企業と個人企業では、背景が異なっているのですね。よく記憶に留めておきます。

投稿日時 - 2007-11-25 13:18:33

ANo.3

企業では通常の取引は当座預金を使うことが多いです。
当座預金は銀行から明細が送られてきますし、
日々の動きはネットなりFBで確認できます。

記帳の必要のある普通預金は親睦会などの別途会計であって、
1ヶ月の動きが少なく、
最低限の月次処理の時のみ記帳しておくと言う考えなのでしょう。

投稿日時 - 2007-11-24 17:20:29

お礼

ご回答ありがとうございます。親睦会などの別途会計ということは、気付きませんでした。教えていただきありがとうございます。

投稿日時 - 2007-11-25 13:22:37

ANo.2

通帳無しで取引(カードのみで取引、自動引き落とし等)した
場合、記帳されるはずが無く、
無記録取引が続けば25件程度で強制的にまとめ記録として
訳が解ら無くなります。
結果、月に一回の記帳と言うことになります。

投稿日時 - 2007-11-24 13:44:28

お礼

ご回答ありがとうございます。まとめ記録の件数、最近は25件程度になったのですね。これだけの取引を整理するのは大変だと感じました。

投稿日時 - 2007-11-25 13:29:53

ANo.1

お金の動きだけならインターネットで見られます。
記帳すればわかるという話ではないです。


私も月に一回しか記帳しませんが、給料日などで混雑しているときに
何冊も記帳する人の神経の方が信じられません。

投稿日時 - 2007-11-24 13:09:15

お礼

ご回答ありがとうございます。インターネットを多用して、記帳は月一回というのは考えられますね。それから、混雑時に何冊も記帳する人には、私も
何度も閉口させられました。どこの会社だろうかと、着ている制服や付けている社章を見たのですが、わかったことはありません。銀行利用のマナーとしてこまめな記帳を望みたいものです。

投稿日時 - 2007-11-25 13:40:58

あなたにオススメの質問