こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フォトショップでパスの書き方がよくわかりません

フォトショップ7・ウィンドウズXPです。
イラストレーターの方がまだ慣れているのですが・・フォトショップはまだコツがつかめておらず、パスの書き方がよくわかりません。
フォトショップで写真ファイルを開いて、その上に手書きのパスで絵を入れたいのですが・・。
ペンのアイコンでパスを書いて、その後、その線の太さを変えたりするにはどうすればよいのでしょうか??
パスを書き終え、また別のパスを書きたいときはどうすれば良いのでしょうか?(イラレだと、画面上をクリックしたり、とりあえずペンをやめればまた新たなパスが書けますが・・。)
宜しくお願いします(>_<)

投稿日時 - 2007-11-07 23:23:36

QNo.3498755

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>ついでに・・・ビットマップでコピペとは、
どのような手順でしょうか?(汗)

単純です。illustratorデータをコピーしてPhotoshopにペースト。その時出るダイアログでピクセルとしてペーストするだけ。
つまりベクトルデータをビットマップ化するわけです。

投稿日時 - 2007-11-08 13:58:30

お礼

やってみました。なるほど、これが一番手っ取り早いというか、こうゆう方法でやるべきなんですね!お礼が遅くなって申し訳ございませんでした。
近々質問締め切らせて頂きます(*^_^*)

投稿日時 - 2007-11-13 00:37:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

ペンツールを選ぶとオプションバーの左側に『シェイプレイヤー』『パス』『塗りつぶした領域を作成』の3種類を選ぶようになっています。
この中のシェイプレイヤーが、イラストレーターのパスに1番近いのではないかと思います。
パスで描くと描画色での塗りつぶし状態になります。後で色変更できます。
ライン指定はレイヤースタイルの境界線を使います。
レイヤー/レイヤースタイル/境界線で、色と太さを選びます。
太さの指定はpixelなので、現在の解像度で何pixelが何mmになるか
知っておく必要があります。
これもベクターデータなので、色と太さの変更はラスターデータより簡単です。
塗りつぶしの解除(透明にする)も、たしかレイヤースタイルに有ったはず。

イラストレーターのパスは、少し触ったことがある程度(パスの練習のため)ですが、そしてフォトショップのパスも便利にはなりましたが、やはりイラストレーターのパスの方が便利だと思います。
イラストレーターで作って配置した方が早いかも。

投稿日時 - 2007-11-09 20:57:45

補足

塗りつぶしを透明にできました!なるほど、この方法でフォトショップでもラインを書くことはできますね(*^_^*)、勉強になりました~
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-13 00:37:28

ANo.4

追加です。
illustratorとPhotoshopの両方お使いで、画像にイラストを配置したいというのがニーズですよね。
前のレスはスレ主さんのそのニーズへのレスでしたが、画像とイラスト(もしくはパスで描くパーツ)を組み合わせたいのならPhotoshop上ではなくillustrator上でやるのが普通です。
つまりillustratorに画像を配置してその上にイラストを乗せる発想の転換。これだとビットマップとパスデータが両立できて、どちらの修正も容易です。

Photoshopで描くケースはパス描きではなく、Photoshopでしか描けないようなタッチのイラストが欲しい時だけではないでしょうか。たとえばパスでは表現できないタッチとか、筆圧を活かしたペンタブで描き起こしていくような場合ですね。

投稿日時 - 2007-11-09 08:31:26

ANo.2

フォトショ7を使っていたのは昔なので、機能が違ってたらすみませんなのですが。
パスに沿った線を単に描きたいなら、ツールパレットの鉛筆もしくはペンツールの線の太さを設定しておいてから、パスパレットの「パスの境界線を描く」すれば、好きな太さの線は描けると思います。
別のパスを描くときは、shiftキー押しながら描き始めます。作業によっては「新規パスを作成」した方がいいかもしれませんが。

フォトショのパスは基本的に「作業用パス」なので、それを元に、フォトショのレイヤー上に線を描いたり塗りつぶしたりする、というだけのものなので、使って用なしになったら捨てるくらいのものです。どちらかというとイラレのパスに近いのはシェイプなのかも・・・

投稿日時 - 2007-11-08 11:27:40

お礼

「作業用パス」・・なるほど。
本来見せるためのパスは想定していないのですね~。なんとなくイメージがわかったような気がします。ありがとうございました(*^_^*)

投稿日時 - 2007-11-13 00:34:42

ANo.1

illustratorのパスとPhotoshopのパスは、書き方は同じですが性格が違います。
Photoshopのパスはそれ自体に、線の設定、線塗りや面塗り設定はできません。一度パスパレットでパスを保存したり、選択範囲に変えてから色塗り処理をしてみてください。
illustratorを使い慣れているなら、illustratorのオブジェクトをビットマップでコピペしたほうが早いかな?

投稿日時 - 2007-11-08 09:16:11

お礼

回答ありがとうございます。
ついでに・・・ビットマップでコピペとは、
どのような手順でしょうか?(汗)

す、すみません・・。

投稿日時 - 2007-11-08 10:12:03

あなたにオススメの質問