こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

MAC OSXの環境にて「ファイルを開く」の制限はできますか?

MAC OS Xの環境にて「ファイルを開く」の制限はできますか?

当方はImacG5 MACOSX(10.5)を使用しています。
子供用にユーザーを作りペアレンタルコントロールにてアプリケーションの制限をしても例えばFireFoxを起動すると「ファイルを開く」が使用できてしまいます。
制限したいフォルダの共有を「アクセス不可」のしてもダメです。
通常、複数でPC(MAC)を使う場合は見られたくないファイル(日記など)あるはずなのに、できないわけがないのですが…。
何か勘違いしているのでしょうか?

補足
情報を見る→共有とアクセス権でeveryoneに対して「アクセス不可」にしてもダメなんです。
Windowsでは、できるのに…。

投稿日時 - 2007-11-05 23:21:52

QNo.3492824

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

いくつか試すとeveryoneに対しては、アクセス不可が設定できるのですがその他に対してだと読む、書くまたはそのどちらもが有効になるようです。
いくつかのアプリケーションからアクセスできるのは持っているグループ権限の問題がありそうです。
システムと、ユーザー領域に対してだとまずいのですが、それ以外のボリュームにならボリューム単位で管理者以外はアクセスさせないという設定が必要そうです。
ただ、いくつかテストしてみたのですが利きが悪くユーザーが変化すると設定が変わっているという結果が出たので思案した結果、子供さん専用アカウントは作る。
そのアカウントでログインし、パレンタルコントロールを設定。
アクセス制限ボリュームは、ボリューム全体をドロップ(書き込み)のみ許可というのが一番簡単そうです。
ターミナルからchmodでパーミッションを変更してみたのですが、ユーザーが変わるとビミョーに設定が変わってしまって、不安です。
何だか中途半端なものになってしまい申し訳ありません、参考にしていただければ幸いです。
共有設定と、一緒にしたせいでアクセス制限がおかしな事になっているのかOSXの管理が優先されるように設定されたのか、少し勉強してみます。

投稿日時 - 2007-11-06 15:27:51

お礼

ありがとうございました。
MACOSXのeveryoneが私が思っている物でないのですね。
つまりeveryone=自分以外の全てのユーザ(管理者以外)と捉えていたのですが違う振る舞いをするようです。

結局r-miya様のアドバイスの通り、ユーザとして何が出来るのかを明示的に設定する方法を取りました。
おかげで問題は解決しましたが何か釈然としませんねぇ。

蛇足ですがペアレンタルコントロールは設定できないアプリが多くて(チェックしても表示されない)使いづらいですね。

投稿日時 - 2007-11-06 19:31:47

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

> それ以外の領域もしくは外付けで「情報を見る」→「アクセス不可」としてもアプリ(例ではFirefoxですがsafari、ipohotでも×)のメニューから「ファイルを開く」で見れてしまうフォルダがあるのです。

外付けハードディスクについては、ハードディスクの「情報を見る」で、「このボリュームの所有権を無視」のチェックを外し、内包しているフォルダひとつひとつに対して、「everyone→アクセス不可」と権限を変更してください。
どうも、ボリューム(ディスク)に対して「veryone→アクセス不可」を行っても、有効にならないようです。

起動ディスクについては、全ユーザに共有することができるデータ以外は、各ユーザの領域にしまっておくということにしかならないでしょう。

投稿日時 - 2007-11-06 18:57:08

お礼

>ボリューム(ディスク)に対して「everyone→アクセス不可」を行っても、有効にならないようです
そのようですね。それでもeveryoneに対しての権限が無視されるようで結局、MACに設定したユーザを切り口として設定するようにしました。
実際は自分以外(管理者)は…という設定が不安定なようです。

詳細な回答を頂き感謝しております。

投稿日時 - 2007-11-06 19:35:42

ANo.2

本文読んだ限りでは、よくわからないのですが、管理者とグループそして、その他、基本的にuserの中はその制限に守られています。
そこ以外の所も、自分とその他のユーザーを指定しアクセス制限してください。
10.5を使用し始めて日が浅いので何とも言えませんが、基本的なことは変わってないように思います。
当然ログイン時は管理者とその他で切り替えてログインし、アクセスできるかどうか試してください。
間違ってもすべてのユーザーを管理者にしないでください。
管理者には、制限がかけれませんWindowsで言うadministratorに当たります。制限があってもアクセス権変更ができるメンバーでは意味がありませんのでusr(管理者のチェックは外す)で子供さんに使わせるようにしてください。
子供さんが、sudoコマンドをうち管理パスワードを知っている場合はなんともなりませんけど・・・

投稿日時 - 2007-11-06 00:37:44

補足

回答ありがとうございます。

子供用の権限は管理者ではありません。
>そこ以外の所も、自分とその他のユーザーを指定しアクセス制限してください。

アクセス制限が有効になっているフォルダとならないフォルダがあるのです。手順がおかしいのでしょうか?

投稿日時 - 2007-11-06 12:35:28

ANo.1

Mac OS X 10.5で、じっさいにFirefoxをインストールし、ペアレンタルコントロールのユーザアカウントを作成して、それでログインし、Firefoxの「ファイルを開く...」をやってみましたが、ほかのユーザ領域には、「サイト」、「パブリック」いがいのフォルダを開くことができませんでした。
その状態でセキュリティの問題はないのですが、それではない別のことなのでしょうか?

投稿日時 - 2007-11-06 00:34:33

補足

早速の回答ありがとうございます。
>ほかのユーザ領域には、「サイト」、「パブリック」いがいのフォルダを開くことができませんでした。

ユーザー領域は制限が掛かっています。
それ以外の領域もしくは外付けで「情報を見る」→「アクセス不可」としてもアプリ(例ではFirefoxですがsafari、ipohotでも×)のメニューから「ファイルを開く」で見れてしまうフォルダがあるのです。

投稿日時 - 2007-11-06 12:31:32

あなたにオススメの質問