こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

振替の払込み料金と振替料金はどう違う?

先日、通信販売の支払いをゆうちょ銀行の振替で行いました。以前に時々使っていた用紙と同じものに記入して持って行くと「こちらを使ってください」と電信扱いの用紙を渡され、通帳を持ってないため電信扱い手数料525円でした。高くなったなぁ~と正直思いました。係の男性に話すと「通帳持ってない人は高い」とのことでした。

後から料金表を確認すると、振替の項目が二つに分かれており
○払込み料金
・通常払込み 窓口120円
・電信払込み 525円
○振替料金
・電信振替 窓口140円

払込み料金と振替料金はどう違うのでしょうか?
また私の料金支払いでいつもの用紙でなく高額の電信扱いになった理由は何でしょうか?端的に言ってぼられたのでしょうか?

投稿日時 - 2007-10-21 09:44:50

QNo.3447873

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

銀行の場合は自身の口座から振り込む場合は「口座間振込」もしくは、
ATMでキャッシュカードを使った「カード振込」と言います。
口座を持っていない場合などは、現金を受取人の口座に振り込むので
「現金振込」と呼びます。

ゆうちょ口座への送金(振込とは呼ばず)は、自身もゆうちょ口座も
持っている場合は「振替(口座間送金)」、持っていない場合は現金の
送金で「払込(現金送金)」ですね。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_index.html

「通常払込」は、「振替口座(一般振替口座)」という通販などで利用
される送金専用口座のみに使用できる送金方法です。 口座の見分け方
は「0****-*******」と記号-番号の先頭が0と始まっています。

「電信払込」は、ゆうちょ口座を持っておらず、かつ、払込先の口座が
「総合口座(ぱるる口座)」の場合は必ず電信扱いとなります。 
今回の通販の口座は「1****-********」と1から始まっていませんか?

ですから、ぱるる口座間の振替も、電信振替扱いの「電信振替」です。


もし、今回の払込先が0****-*******であったら、ぼられています。
その番号なら「通常払込」で送金が出来るからです。

投稿日時 - 2007-10-21 16:34:31

お礼

ありがとうございます。
番号を確認したところ、「1*****」でした。ぼられてなくて良かったです。

投稿日時 - 2007-10-22 02:00:29

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

振替というのは口座間のお金の移動で、口座から出金しないといけないので現金ではできません。
現金で送金するのは振込み(払込み)になります。

投稿日時 - 2007-10-21 11:06:50

お礼

ありがとうございます。
そういう違いだったのですね。振替関係の用語に慣れてないので分かりませんでした。

投稿日時 - 2007-10-22 01:58:01

あなたにオススメの質問