こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

熱分析について。

落花生の熱分析実験をしたのですが、結果(吸熱反応・発熱反応)から、各温度帯においてどんな反応(タンパク質の分解・燃焼、脂質の分解・燃焼など)が原因で起こったことなのかがイマイチ分からずにいます。
落花生の成分には多種の脂質やタンパク質が含まれているようですが、できれば「何が○○度で○○反応をしたので吸熱(発熱)反応を起し、試料重量が減少した」…などと詳しく教えていただけたら幸いです。

もしくは、タンパク質の分解開始温度・燃焼開始温度や、脂肪酸の分解開始温度・燃焼開始温度、またそれらの終了温度帯などご存知の方、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-10-01 23:36:32

QNo.3393672

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

これは学生実験のネタですか?

熱分析におけるいろいろな温度は,分析条件や試料状態によって簡単に変化します.したがって,ある成分のなんたら温度が何度などというのは,一般的にはえらく幅が出てしまい,あなたの試料や分析条件での帰属ができる保証はありません.

投稿日時 - 2007-10-02 10:19:15

ANo.1

水が蒸発するときの吸熱と少々の重量減、燃焼の時の発熱と重量減などの他は、熱分析だけでなにかをいうのは難しいと思います。
組成の分かった化学物質なら、重量の増減、吸発熱から結晶水が飛んだとか酸化物になった、とか炭酸が飛んだとか推定できるのですが...

投稿日時 - 2007-10-02 08:54:53

あなたにオススメの質問