こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

HDDからデータ削除しましたが空き容量が増えません

WindowsXP環境PCに外付けハードディスク(IO-DATA RAID1.0TB)を
USB2.0で接続して使っております。
先日とある事情でKnoppixでPCを立ち上げ、外付けディスク内の
80GB分ほどのデータを、rootアカウントでrmコマンドで削除したところ
データは削除されたようなのですが、空き容量が増えませんでした。
・Knoppix立ち上げ環境でdf -kで見たディスク空き容量
・Windows環境のディスクのプロパティで見たディスク空き容量
はどちらも同じですが、
・Windows環境、Knoppix立ち上げ環境どちらも削除したデータは
 フォルダ内には見えない
 →見えているフォルダのデータ容量の合算値は使用量より80GB分
  少ない。Knoppix環境のla -alで見ても削除したデータは見えない
 →Windowsで見ても隠しファイルとして残っているわけでも無かった
  ようです。
何か空き容量を80GB分増やす方法が無いでしょうか?
最悪、別ディスクに見えているデータをコピーして、元ディスクを
初期化し直した後、データを戻せば良いと思いますが、ほかに簡単な
方法があればと思い、質問させていただきました。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-09-28 11:33:47

QNo.3383652

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

このディスクのファイル形式ってどうなってましたっけ?
パーテョンの切り分けしてましったけ?
リナックスってFAT・・・
Xpは一般的にはNTFS・・・
領域が二重管理になっているとか・・・

昔、DOSとwindowsでfdik上において
似たような現象を経験しましたが、
その時は、諦めてwindows一本に変更しました。

投稿日時 - 2007-09-28 12:32:15

補足

説明不足で申し訳ありません。
外付けディスクはNTFSフォーマットです。
KnoppixはVer5.1.1ですが、NTFSはサポートしているようで、
普通にディスク内容が見えました。
(私の環境ではマウントポイントは/dev/sdb1でした)
ですのでrmコマンドで削除可能な状態でした

投稿日時 - 2007-09-28 13:02:13

あなたにオススメの質問