こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Windowsのライセンスについて

手ごろな中古PC(OS/Win2k)が手に入ったので、手持ちの古いOS(Win95・98SE・ME・NT4.0)を全部このPCに入れてしまおうと思っています。OSはすべて製品版ですが、この中の98SEとMEはアップグレード版です。

私の友人はMicrosoftの規約からすると、アップグレード版が混じっているので、全部使える状態にするのはライセンス的に問題が有るのではないか?と言います。
しかし、私はそうは思いません。友人の言うMicrosoftの規約とはWinXP以降のものであって、それ以前のWin2000などは、同一のPCであれば、1つのOSを複数インストールする事を認めていたはずです。ですから、同じPCにアップグレード版OSとアップグレード対象OSが共存する形になっても、ライセンス的な問題は無いと思っています。
こちらの皆さんは、友人と私の主張、どちらを支持されますか?

投稿日時 - 2007-09-09 16:54:19

QNo.3329938

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

chuhiremonさんが他の人に「カレーとラーメンのどちらか
一方だけなら食べてもいいよ」と言ったのに対して、相手
が「カレーとラーメンの両方を一度に口に入れなければ、
一方だけ食べている事になる」と、交互に一口ずつ食べて
両方共に完食した時に、それを当然の事と思いますか?
相手を許せますか?
chuhiremonさんがしようとしているのはそれと同じ事では
ないでしょうか?

それでもまだ納得できないのであれば、Microsoftのサポート
に直接問い合わせて、自分で納得がいくまで話し合って下さい。

投稿日時 - 2007-09-10 22:07:17

補足

#7の補足で述べた、同一OSのマルチブートがライセンス違反にはならないという前提ならば、アップグレード対象OSとアップグレードOSのマルチブートもライセンス違反にはならない。という件は解り難かったでしょうか?

噛み砕いた言い方をすれば、1台のPCにOSを2つインストールすることはOK、その内の1つのOSをアップグレードする、勿論OK。どこにもライセンス違反は生じません。という事です。
ですから、同一OSのマルチブートがライセンス違反にはならない、という前提がなければ、皆さんが言っているように当然ライセンス違反になります。

話が噛み合いそうも無いので、終わりにしたいと思います。お騒がせしました。

投稿日時 - 2007-09-11 00:46:13

ANo.10

>数年前までは同一PCへの1ライセンスマルチブートは、ライセンス違反とはならないという文言が、ライセンスの補足説明として、Windowsの解説書やMSのサイト等にも掲載されていました。
http://web.archive.org/web/20050909221337/http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/winxppro/deploy/ofxpintro.mspx
には「ここで疑問となるのがライセンス違反ではないかということですが、実際にはライセンス違反とはみなされません。」という記述があり、
http://web.archive.org/web/20070105182609/http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/winxppro/deploy/ofxpintro.mspx
にはそれがないですね。ところが、それより古い2003年の
http://www.monyo.com/technical/windows/49.html
には「デュアルブート環境にインストールする各OS毎にライセンスが必要となる」とあります。共通認識だったと言い切れるのでしょうか?
マイクロソフトのWeb上のドキュメントと使用許諾契約書の内容が矛盾する場合、私は実際にOKを押して同意したであろう使用許諾契約書の内容が優先されると思います。

投稿日時 - 2007-09-10 19:37:25

補足

MSがマルチブートに関する規約を変更したのですから、今ウェブサイトを探しても当然、削除・改変されていますから意味が無いですよ。まあ、古いキャッシュでも残っていれば別ですけど。
使用許諾に書かれている事は、ライセンスの基本になる主要部分だけです。同一OSのマルチブートのような例外的事例までは書かれていません。まあ、そんな使い方をする必要があるのは、開発者など極一部の人間だけですからね。私が思うほど周知の事実ではなかったのかも知れませんね。
この辺の認識が共有出来ていないと話が進みませんので、そろそろ打ち切ります。お騒がせしました。

投稿日時 - 2007-09-11 00:41:05

ANo.9

>友人と私の主張、どちらを支持されますか?
どちらを支持するか聞いているのに質問者の返答は
自分の考えを正当化したい考えを意味もない長文で書き並べているだけ

>#7の補足を参照ください。
質問者はまずマルチブート環境とアップグレード版の関係をまず
断ち切って考えましょう。
マルチブートできるできないは関係なし。
アップグレード版は旧バージョンの利用権なくなる代わりに利用するためのパッケージですよね。

質問者は屁理屈を述べて自分の考えを正当化したいだけに見えます。
とっととMSに直接問い合わせて聞けよ。

>元々マルチOS環境を作れませんから、
OS単体ではできなかったがサードパーティのアプリで簡単にできるように
なっていました。しかもWin95のころにはもうありましたから
その後のWin98,MEでそのことが考慮されてないのは不思議ですよね。
いくらサードパーティ製とはいえ有名なアプリでしたしそれをMSが
見逃すはずがない。

投稿日時 - 2007-09-10 12:40:30

ANo.8

問題となるのはマルチブート自体ではありません。
アップグレード版はアップグレード対象となっている旧
バージョンの使用を中止する事が使用条件となります。
実際には移行期間として若干の余裕が黙認されています
が継続して新旧版の両方を共に使用する事は認められて
いません。
だからこそ
>Windows98のアンインストールをしてWindows95をインストールできます。
となります。

Win95・98SE・ME・NT4.0の全てがパッケージ版であれば
ライセンスに関する限り、マルチブートする事に問題は
有りません。
#ハードの対応状況、及びドライバの有無等で物理的に
#インストールできるかどうかは別の問題です。

投稿日時 - 2007-09-10 02:21:49

補足

#7の補足を参照ください。

投稿日時 - 2007-09-10 04:02:36

ANo.7

>後から変更されたライセンス規約が、それ以前の製品にまで遡って適用されるなどという事は、常識的に考えてもありえないと思うからです。
回答者は誰もWindows 2000やWindows XPの使用許諾契約書を元にWindows 98のライセンスの話をしていません。

アップグレード版Windows 98はアップブレード元のOSを使用しないことを条件に安くライセンスされているものです。Windows 95をアップグレードしてWindows 98を使うならWindows 95を使うことは出来ません。
またアップグレード版Windows 98はアンインストールし使わないのなら元のOS(この場合はWindows 95)に戻して使用してよいとアップグレード版Windows 98の使用許諾契約書に書いてあります。
つまりWindows 95とアップグレード版Windows 98の両方を同時にインストールして使用することはできません。

>WinXP以前のWindowsでは例えばWin2kでは、1台のPCに1つのライセンスのWin2kを複数インストールする事を禁じていませんでした。WinXPも初期の段階では、1CPUの同一PCであれば、1ライセンス・マルチインストールを認めていました。ところがMSはXP発売1~2年後位の頃に、1CPU・同一PCへの1ライセンス・マルチインストールを認めないという方向に使用許諾を変更しました。
いいえ。確認してみましたがWindowsのCD-ROMに入っているEULA.TXTはこのようになっています。
---------------------------------------------------
Microsoft(R) Windows(R) 2000 Professional 日本語版
ライセンス数:1
使用許諾契約書
・インストールおよび使用
お客様は、本製品のコピー 1 部を ワークステーション、ターミナル、またはその
他のデジタル電子デバイス 等の 1 台の特定のコンピュータ、 (以下総称して
「ワークステーション コンピュータ」といいます) にインストール、使用、アク
セス、表示、または実行することができます。
---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
対象製品: Microsoft(R) Windows(R) XP Professional 日本語版
使用許諾契約書
・インストールおよび使用
お客様は、本製品のコピー 1 部をワークステーション、 ターミナル、ま
たはその他のデバイスのような特定の 1 台のコンピュータ (以下「本ワー
クステーション コンピュータ」といいます) にインストールして使用、ア
クセス、および表示することができます。
---------------------------------------------------
Windows 2000もWindows XPも1ライセンスでインストールできる数は1 台の特定のコンピュータに対して1 部だけで、同じコンピュータに複数インストールする権利はありません。もっと古いWindows NT 4.0もそのあたりは同じです。

>私は古い製品の所有者までは拘束出来ないと思っています。
その点については回答者は誰も反対するようなことを言っていません。

投稿日時 - 2007-09-10 02:13:28

補足

確かに使用許諾だけを見ると同一PCへのマルチブートも認めないような件になっていますが、数年前までは同一PCへの1ライセンスマルチブートは、ライセンス違反とはならないという文言が、ライセンスの補足説明として、Windowsの解説書やMSのサイト等にも掲載されていました。私はXPが出回り始めた頃、MSサイトにアップされたXPのホワイトペーパー(ワード文書71枚分)を保存してありますが、その中に下記のような記述があります。

【参考】同一コンピュータへのインストールについて
同じコンピュータに同じWindows XP Professionalを複数インストールしマルチブート環境を構成する場合、ハードウェア構成が同じであるためライセンス認証は承認されます。ここで疑問となるのがライセンス違反ではないかということですが、実際にはライセンス違反とはみなされません。同一のコンピュータの場合、事実上、起動するのは1つのOSのみとなるので問題にはなりません。しかし当然ながら、異なるコンピュータにインストールすることはできないので注意をしてください。


ですから、XP初期の頃までは同一PCへのマルチインストールはOKというのが、一般的にも認識されていて、こういった掲示板などでもNT系OSを使っている人間の共通認識だったと思います。
9x系OSについては、元々マルチOS環境を作れませんから、想定外のためマルチブート環境に関する記述がないのです。ですからNT系OSと組み合わせて、マルチブート環境を作った場合、上記のMSの考え方から判断すれば、同一PCでのマルチブートはOKと考えるのが自然です。それから、アップグレードOSとアップグレード対象OSのマルチブートは、アップグレード対象OSのマルチブートと同意ですから、上記条件から当然許容範囲となります。

私はこういった過去の経緯を一通り把握した上で質問をしていますので、闇雲にライセンス違反などと言われるのは心外です。

投稿日時 - 2007-09-10 03:51:08

ANo.6

>友人の言うMicrosoftの規約とはWinXP以降のものであって
ライセンス認証の事を言っておられるのだと思いますが
これは、それ以前のバージョンにおいてちゃんとした認証
が行われていない事を良いことにライセンス違反を犯す人
が多かったので、それを防ぐ為にライセンス違反があった
場合には物理的に使用できない様にするライセンス認証が
始められたものです。
従って、それ以前のバージョンで物理的にインストールが
可能であってもライセンス違反になる様な行為は行っては
いけません。

>アップグレード対象としたOSは同じパソコンであっても使用できません。
↑から使用できるのは、Win95, 98, Meのいずれか一つと
NT4.0の組合せとなります。
#98及びMeのアップグレード対象が95の場合
#(またはアップグレード対象が95→98→Me)

上記の理由から、友人の方の主張を支持します。

追記
#Win2000がインストールされていたPCであれば、Win95と
#Win NT4.0のインストールはハードスペック的に厳しいと
#思われます。
#(OSがハードに対応できない。ドライバーが無い等)

投稿日時 - 2007-09-09 21:23:11

補足

質問の内容が解り難かったようなので、説明し直させていただきます。

Microsoftの規約とは、デュアルブート(マルチブート)に関しての事です。WinXP以前のWindowsでは例えばWin2kでは、1台のPCに1つのライセンスのWin2kを複数インストールする事を禁じていませんでした。WinXPも初期の段階では、1CPUの同一PCであれば、1ライセンス・マルチインストールを認めていました。ところがMSはXP発売1~2年後位の頃に、1CPU・同一PCへの1ライセンス・マルチインストールを認めないという方向に使用許諾を変更しました。ですから、XP・VISTAなどはマルチインストールはライセンス違反になると言う事は、私も認識しています。

友人はPCのインストラクターのような事をやっているので、XP以前のWindowsについてもMSの変更後の規約に従って、1CPU・同一PCへの1ライセンス・マルチインストールはライセンス違反で有ると説明しているようです。確かに初心者に説明する場合解り易いですから。しかし、私のように古くからMSの製品版OSを使っているユーザーにとっては、とても納得できる話ではありません。後から変更されたライセンス規約が、それ以前の製品にまで遡って適用されるなどという事は、常識的に考えてもありえないと思うからです。

つまり私の質問の主旨は、MSのライセンス規約の変更が、過去のWindowsにまで影響を及ぼすかどうかという事なのです。私は古い製品の所有者までは拘束出来ないと思っています。

投稿日時 - 2007-09-09 23:16:09

ANo.5

1です
>手持ちのOSはMSの製品版です。

いや、それを前提で書いてますよ
Aというパソコンにプロダクトキーを入れてインストールした場合、仮に同じ人が使っても別のPCには入れられないはず(買い換えたとかしても)ですが(複数登録されるはずなので)

投稿日時 - 2007-09-09 19:23:44

ANo.4

 
#2の補足へのコメント

当然他のPCにインストールする事も可能ですが、許諾書を良く見て下さい。
--------------許諾書より-------------------
Windows98のアンインストールをしてWindows95をインストールできます。
-------------------------------------------
Windows98をアンインストール(要は削除)すれば95を利用できるって事です。

本当に正規ユーザーですか?
ちゃんと許諾書を読んで下さい。
理解困難な文章があるならそこを具体的に質問して下さい。

 
 

投稿日時 - 2007-09-09 19:17:43

ANo.3

>それは別のPCにインストールする場合です。

勘違いしています。
アップグレード対象としたOSは同じパソコンであっても使用できません。

投稿日時 - 2007-09-09 18:29:22

ANo.2

 
貴方が本当にWindows98のアップグレード版を持ってるなら、使用許諾契約書に書かれてる文を読んで下さい。
--------一部抜粋-------------
1.ライセンスの許諾、本契約書は、お客様に対して以下の権利を許諾します。
Windows98のアンインストールをしてWindows95を使用する事ができます。

95を使いたいなら98をアンインストールしないとダメな様ですネ

  
 

投稿日時 - 2007-09-09 17:05:54

補足

それは別のPCにインストールする場合です。

投稿日時 - 2007-09-09 17:31:52

ANo.1

共存はできると思いますがシリアルキー的に一度、インストールしてるもの無理ではないでしょうか

前のパソコンに入れたOSを新しいパソコンのOSに入れるってことですよね? この場合、ライセンス違反になるかもしれません

投稿日時 - 2007-09-09 16:57:53

補足

手持ちのOSはMSの製品版です。

投稿日時 - 2007-09-09 17:30:26

あなたにオススメの質問